blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【ゲーム感想】スカイリムSE
at 2017-12-09 11:48
【映画感想】ジャスティスリーグ
at 2017-11-24 21:51
【クトルゥフ神話TRPG】ボ..
at 2017-11-18 17:13
【TRPG】キャラクターと世界観
at 2017-11-14 01:14
【映画感想】イット
at 2017-11-10 23:27

【映画】ジャージー・ボーイズ (感想)

c0325386_13353578.jpg


同名のミュージカル作品を原作にしたクリント・イーストウッド監督の音楽映画。ザ・フォーシーズンズという実在のグループの栄光と挫折を描くという内容。

ニュージャージーのイタリア移民系の青年達がド底辺からスターダムにのし上がって行くサクセスストーリーになっているのでシナリオ的にも熱い。栄枯盛衰を描く作品の常で最後は挫折&メンバーの離散になってしまうんだけども、それでも最後の最後はちゃんとハッピーエンドで楽しく終わってくれる辺りが良い映画だなーって感じ。

とにかく音楽が最高なんだよね。全米で大ヒットして、未だにカバーとかされまくってる名曲だらけなので曲が良いのは分かりきってるんだけども、歌がまた良い。

主人公のフランキー・ヴァリは天使の歌声と作中で称されていて正直ハードル高杉やろ!って感じで、更に普段喋ってる時は甲高いなよなよっとした声だからおいおい本当に大丈夫か??みたいな不安しか無いんだけども、歌い出すと本物なんだよね。ストレートに凄い!って感じ。

どうも主役の人は、この歌声でブロードウェイのオリジナル版のフランキー・ヴァリ役をやってた人みたいだ。どうりで歌が最高なはず。

ストーリー的に主人公のフランキー・ヴァリの天使の歌声と、天才的な作曲家のボブ・ゴーディオのコンビがザ・フォーシーズンズの最高の曲を紡ぎだすみたいな感じなんだけど、その全米で大ヒットした"最高の曲"という部分の音楽的な説得力が半端ないんだよね。スムーズに劇中の観客と感動共有できる感じ。

ストーリーも良いし、最高の名曲が最高の歌声でバシバシ流れるんだから、音楽映画として最高なのは間違い無いやろ!って感じ。個人的に、小さい子供の頃に父親がオールディーズ曲をよく流していたので最初のヒット曲のシェリーとかは割りと頭に刷り込まれていたから懐かしさも加わってより感動できた。

原作はミュージカルだけど、この映画はミュージカル映画では無い。合間合間に、普通に演奏シーンとして曲が入る感じ。のし上がっていくカタルシスに、音楽的なカタルシスが乗っかる感じで爽快なんだよね。ストーリー的にも変に泣かせに来る感じでも無く、ただただ音楽的な楽しさが全面に出てる印象。家族を犠牲にしても、借金を背負っても、それでも俺はこの音楽を続ける!みたいな主人公の姿勢がカッコイイんだよね。

あと、エンディングが最高だった。出演者たちが全員集合で劇中で流れたザ・フォーシーズンズの曲をメドレーでミュージカル風に歌って踊るというこれ以上ないくらいのハッピーなエンディング。音楽映画としてこれ以上ない楽しくて最高なエンディングだった。マフィアのボス役だった強面のクリストファー・ウォーケンまでもがノリノリで踊ってて笑った。

こういうのと比べると、やっぱアナ雪はミュージカル映画としても音楽映画としてもちょっとショボイんだよなーみたいな事を改めて思う。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-09-30 14:42 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(123)
(52)
(35)
(35)
(27)
(27)
(24)
(22)
(21)
(17)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月