blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【クトゥルフ神話TRPG】数..
at 2017-09-22 18:32
【TRPG】7つの性格類型
at 2017-09-20 01:51
【TRPG感想】メイジ:ジ・..
at 2017-09-18 13:27
【クトゥルフ神話TRPG】P..
at 2017-09-15 19:21
【アメコミ感想】アイデンティ..
at 2017-09-09 22:36

【映画感想】ワイルド・スピード7 スカイミッション

c0325386_2311627.jpg

とにかく最高なので、今すぐ映画館へ行って良い。シリーズ的に7作目ではあるが、特に予習は不要。アクション娯楽メガ盛りMAX系の映画なので、キャラへの思い入れとかドラマとかを予習で掘り下げて無くても単品として十二分に面白い。今作は初めてでも、全く問題は無いので気にせず映画館へ行こう。

シリーズ的には元々カーアクション映画だったのだが、過剰に娯楽性を足し算していった結果、格闘あり、爆発有り、銃撃戦あり、スパイアクションあり、兵器戦ありの総合エンタメ系映画になっている。基本的なテイストとしては、いい感じの音楽、美女のケツ、ヤンキー的なファミリー感、そして最高の車とイカれたカーアクションという感じ。

今回は敵としてジェイソン・ステイサム(エクスペンタブルズ、トランスポーター、デスレースetc...)にトニー・ジャー(マッハ!!!!!!!、トムヤムクンetc...)まで出てくる。この時点で既にアクション映画として100点である。

ステイサムは、イギリスの元特殊工作員で暗殺だとか破壊工作をしまくっていたが、危険すぎる故に政府に消されかけるも追っ手を皆殺しにして余裕で逃亡中というイカれたワンマンアーミーみたいなキャラクター。誰がどうみてもいつも以上にステイサム全開なので、ステイサムが敵キャラとして出てくると聞いて期待する物はちゃんと観れます。ステイサムは、カーアクション系映画も結構主演しているので満を持しての登場という感じ。基本的には主役のドミニク(ヴィン・ディーゼル)と対決する感じだけど、ホブス捜査官(ドウェイン・ジョンソン)とも壮絶な格闘を繰り広げる。

ホブス捜査官とは、開始早々に壮絶な戦闘になる。基本的にこの映画はサービスシーンしか無いので、最初から最後まで飽きない。ステイサム的アクションと、ロック様(ドウェイン・ジョンソン)的アクションの激突とか、並の映画ならクライマックス級のシーンである。

トニー・ジャーは、テロ組織の特殊部隊のリーダーみたいなキャラクター。ジャーは基本的にポール・ウォーカーと対決する感じ。あのキレッキレの格闘アクションは勿論、それ以外の異常な身体能力の高さみたいな所もちゃんと描いてくれていて良い。ジャーはステイサムと違ってドライバーキャラでは無い純粋な戦闘員なので、出番としてはステイサムより少なく、ストーリー上の重要性も大して無いのだが、あからさまに動作が人間離れしているので目立っている感じだった。

この二人以外にも主演級の俳優としては、カート・ラッセルも登場している。この人は最近だと改造車で美女を殺しまくるデスプルーフが記憶に新しい。こうなってくると最早、車版のエクスペンタブルズといっても良い内容である。役柄的には政府の秘密組織を指揮するエージェントという感じで、車の運転はしてくれないのだが。

エクスペンタブルズといえば、ロンダ・ラウジー(エクスペンタブルズ3で新メンバーになった女隊員。総合格闘家。)も登場している。役柄はアラブの王子が個人的に雇っている女ボディーガード軍団の隊長で、ドレス姿でミシェル・ロドリゲスと殴り合いを繰り広げてくれる。エクスペンダブルズ3でロンダ・ラウジーを見た時に誰もが考えたであろう、夢のゴリラ女対決である。考えた人は天才と言わざるを得ない。セクシーなドレス姿で取っ組み合いをするゴリラ女たちの姿に誰得感があるかも知れないが、少なくとも俺は惜しみないイイね!を送る。

ストーリーは、正直どうでも良い感じの内容である。ストーリー展開は、見せたいシーンの為だけにあるような物だからだ。次にこういう事をしなければならないという展開になると、何故かを考えてはいけない。あ…これはもしかして(察し)…というのが、この映画の正しい鑑賞方法である。期待した以上の物を観せてくれるはずなので、素直に楽しめるはずだ。

プロットは主人公たち一行に襲いかかる神出鬼没の凄腕工作員ステイサムを倒すために、政府の秘密機関の協力の下で世界最強の人間検索システムのマイクロチップの求め、凶悪なテロ組織と争奪戦を行うというカオスな内容である。基本的にチップの争奪戦をしていると、毎回何処からとも無く良いタイミングでステイサムが乱入してきて襲い掛かってくるので、そもそもステイサムを探す必要が無いのだが、そこは深く考えてはいけない。

秘密機関のバックアップの下、主人公たちは予算の心配をすること無く改造車両を入手できるし、凶悪なテロ組織は当然の様にガトリングガン等を搭載した改造車両に乗っている。観たいものが観れれば細かい事などどうでも良いのだ。舞台も無駄に世界中を転々とするものの、最後はホームタウンのロサンゼルスで対決する。CMではスカイミッションの邦題の由来となったと思われる、車でスカイダイビングのシーンが流れるがあれはせいぜい前半の山場程度である。クライマックスはもっとド派手で、LAが怪獣映画かな?くらいに大惨事になる。

主演のポール・ウォーカーは撮影の途中で交通事故で亡くなっている。助手席だったらしいが、ポルシェで時速160kmだして事故って爆破炎上というワイルド・スピード過ぎる死に方である。撮影は、兄弟を代役にしてCG処理とかして乗り切られたらしい。あれ?撮り終わってから死んだんだっけ?と感じたくらいに、その辺りは自然で気付かなかった。

ストーリー的には別にポール・ウォーカーは死んでないしむしろハッピーエンドなんだけど、エンディングはどことなく追悼ムードで、一作目からの主役二人の回想シーンが流れたりして泣ける。1作目って14年前なんだよなぁ。二人共凄い若くて時の流れを感じた。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-04-22 23:11 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(120)
(50)
(35)
(30)
(27)
(27)
(22)
(22)
(19)
(17)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月