blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【書籍感想】クトゥルフ神話ガ..
at 2017-05-16 20:44
【書籍感想】コンプリート・デ..
at 2017-05-14 10:25
【クトゥルフ神話TRPG】I..
at 2017-05-03 08:27
【雑記】12のテンプレート
at 2017-04-20 18:52
【クトゥルフ神話TRPG】悪..
at 2017-04-20 01:22

【漫画感想】マギ 25巻

マギ 25 (少年サンデーコミックス)

大高 忍 / 小学館

スコア:


『漫画感想:マギ 25巻』
待ちに待った煌帝国篇がようやくスタートした。前世の因縁話みたいなアルマトラン篇は個人的には、割とどうでも良かったのでマグノシュタット篇の後が長かった。アリババ君とアラジンのコンビの主人公コンビも好きなんだけど、アナザー主人公たる白龍とジュダルのコンビはもっと好きなので、二人が前面に出て活躍し始めて楽しい。

諸悪の根源で邪教のボスだけど、実の母親である練玉艶にマウントポジションからの顔面フルボッコをかます白龍君のアグレッシブな暴力シーンはカタルシスに満ちていて良かった。少年漫画の主人公に出来ない行動が許されるのが、アナザー主人公たる白龍君である。マギはたまにアグレッシブな暴力描写をぶっこんでくるので油断ならない。グロは無いんだけど、妙なエグさがある。皇后系のキャラが実は邪教の信徒で達人クラスの武術家だったパターンといえば、個人的には金庸の『鹿鼎記』を思い出す。あっちはもっと政治的な駆け引きの方が大きい感じだったけど。

久々に登場した白龍とジュダルのコンビの空白期間が、駆け足ではあるがきちんと描かれたのは嬉しい所。運命共同体感が増し相棒感が強まったので、より明確にアリババ&アラジンの正主人公コンビと対比構図がハッキリした印象。フラフラしていたジュダルはようやく落ち着き処を見つけた。アリババたちは説得する気まんまんだが、ここまで対照的な立ち位置である以上、マギという作品における最強の敵はこのコンビになるの違いない。というか、なってほしい。

今巻で改めて感じたのは、主人公コンビと反主人公コンビの両方が未だ成長途中であるという事。お互いに、明確なヴィジョンを確立しているとは言いがたく、悩み苦しみもがいている状況である。それに対して、完成された存在としてシンドバットと練紅炎がいる。この二人は方向性が真逆でちょうど対照的な立ち位置にいる。共に明確なヴィジョン(正義)を確立しており、どちらも非の打ち所の無いカリスマ的な王であり、人格的にも能力的にも優れ、民衆に支持されており、ヒーローとして完成されたキャラクターになっている。そして何より大人だ。

この二人の大人のヒーローは、圧倒的な正論であると同時にどこか納得のいかない部分を抱えた不穏な存在として若い主人公たちの目には写っている。並の少年漫画であれば、弱い主人公たちは彼らの様な存在に憧れ、修業をして認められて後継者になるのが関の山である。マギではそうはならないのが面白い。確かにド正論ではあるが、何か納得が出来ない部分がある以上、今はまだ答えが見つからなくても自分なりにその答えを見つける為に戦い続ける必要があるのだ。無条件で信用し従いたく存在ほど危険な物は無いのである。

この作品で描かれるのは、正義の模索と成長である。主人公の人間的な成長や、正義を実現する為の強さを獲得するタイプの外的な成長が描かれる少年漫画は多いが、このタイプの作品は少ない。正義の在り方を問う作品ならそこそこあるがたいていは大人向けコミックであり、主人公の成長も同時に描く作品は極めて希少だろう。ヒーローを描いた作品だと、最近だとヒーローアカデミアなんかが面白い作品だが、あれとて目指すべきヒーロー像は既に確立されており、描かれるのは主人公の人間としての成長で、正義の在り方を問うようなタイプの作品では無い。マギはそういう点で個性的である。ヒーロー漫画が好きなら読んでみて損はないはずだ。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-04-25 12:51 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(111)
(44)
(27)
(24)
(21)
(19)
(17)
(16)
(13)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月