blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【TRPG】ミニマムなシナリ..
at 2017-08-08 23:11
【映画感想】ザ・マミー 呪わ..
at 2017-08-04 19:22
【クトゥルフ神話TRPG】経..
at 2017-08-02 23:34
【クトゥルフ神話TRPG】連..
at 2017-07-27 03:15
【TRPG】ファック仮説
at 2017-07-23 23:28

【映画感想】チャッピー

c0325386_10105139.jpg

世界観
 舞台は近未来の南アフリカ、ヨハネスブルグ。貧富の格差が拡大して犯罪者は増加、街は末法めいた様相を呈していた。あまりの治安の悪さに警察は、南アフリカの軍事企業が新開発した人型ロボット警官『スカウト』を導入する。スカウトには優秀なAIが搭載されていて、犯罪者のアジトへの突入作戦などの際に危険な先陣役を担当したりする。スカウトは一定の成功を収め、本格的に警察に採用されるようになり、海外からも注文が入る。

開発者
 しかし、開発者の青年には、もっと人間に近い高度なAIを実現したいという野心があった。好き嫌いや、芸術を理解する意識(心)を再現したいと考えていたのだ。が、基本的に警察任務のサポート用ロボにそんな機能は要らないだろと一蹴される。うちは軍事企業だから芸術ロボとか不要という当然の理屈である。仕方がないので、青年は自宅でAI作成に取り組むのだが、ある日それは完成する。青年は任務中に大破して廃棄処分が確定したスカウトにそのAIを入れてみて実験させてくれと申請するものの、損害保険の対象だから駄目だと却下される。

誕生
 仕方なしに、こっそりその大破したスカウトを盗み出し自宅で実験をしようとした所、運悪く帰宅途中にギャングの"ニンジャ"一味に拉致されてしまう。ニンジャ一味は、その地区との大物ギャングとの取引でヘマをやらかし1週間以内に大金を用意しないと殺すと脅されていた。銀行強盗や現金輸送車を襲いたいが、その為にはスカウトが邪魔になる。スカウトの開発者であれば、スカウトの機能をオフにするスイッチみたいなのを持っているはずだという理屈の犯行であった。スイッチ的な物など無いと分かると、開発者が車に積んでいた故障したスカウトを何とか使えないかと脅す。開発者は仕方無しとばかりに、ニンジャ一味のアジトで、意識AIをスカウトにインストールする。実験は成功するが、起動した意識を持つスカウトは、生まれたての赤子の様な状態で、小動物の様に怯えてばかり。ニンジャは使い物になんねーよとブチ切れるが、まだ赤ちゃん状態だからという開発者の言葉を聞き入れた、ニンジャの彼女は母親の様にスカウトに接し、チャッピーと名前を付ける。こうして誕生したのがチャッピーという心を持ったロボットであった。

ジャンル
 この映画には、警察ロボなスカウト以外にも、悪役として逆関節二脚で軍事兵器をしこたま積んだロボットなんかも登場する。ストーリー後半にはギャングVSチャッピーVS軍事ロボという派手なロボットアクションなんかも観れるのでそういうのが好きな人は期待して観に行って良い。一方でヒューマンドラマでもある。

ヒューマンドラマ
 チャッピーは、ロボットではあるがハッキリ人間のメタファーとして描かれる。芸術を理解する高尚な人間性を持つロボットになるべくして創られたチャッピーではあるが、ギャングに育てられた結果、スラムのチンピラそのものに成長してしまう。開発者から人間を攻撃したり犯罪は駄目だよと教えこまれ始めはそれを順守していたものの、生き抜く為にはロボットであるチャッピーですら金が必要だと判り、ヨハネスブルグでは他人から略奪するか野垂れ死ぬしか無いと理解したチャッピーは、育ての親のニンジャに唆され自覚的に犯罪者への道を進むのである。ロボットなので短期間でこうした人格的成長を遂げるので、昨日あった時には無垢な赤ちゃん状態だったのに次に会いに来たらギャングスタ状態になっていたチャッピーに面食らう開発者の姿なんかも面白い。

チャッピーの成長
 チャッピーの成長が最も加速するのは、自分の死期を悟った時である。チャッピーは元々廃棄処分予定だったボディで誕生した為に、故障でバッテリー交換などが不可能で数日で機能停止する状態だったのだ。それを知ったチャッピーは、自分の事を本当に大切に思ってくれていたなら、何で寿命があるこんな身体にしたんだと開発者をなじったりもする。この辺りは完全に人間そのものである。そして、死期を悟りながらも生き抜こうとあがき続けたチャッピーは、最終的には開発者でも成し得なかった、死を乗り越える為のブレイクスルーを発見するに至る。

まとめ
 僅か数日間の話なのだが、子供から大人への成長であったり、教育についてであったり、人間の進化の歴史であったりといったテーマを全力で駆け抜けていくのがチャッピーという作品なのだ。主人公はロボットだが、しっかりその心の成長が描かれるのである。また、チャッピーの周囲の人間がチャッピーに影響を受けていく様子も描かれていてとても良い。スーパーDQNなニンジャ夫妻の変化は特に好き。

 結構まじめなヒューマンドラマでもあるのだが、それを世紀末的なヨハネスブルグで展開してミサイルなんかも飛び交うロボットアクションと融合させているのが凄い。面白いので、是非観に行ってみよう。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-05-30 10:19 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(118)
(47)
(28)
(27)
(27)
(25)
(22)
(19)
(17)
(15)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月