blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【雑記】12のテンプレート
at 2017-04-20 18:52
【クトゥルフ神話TRPG】悪..
at 2017-04-20 01:22
【クトゥルフ神話TRPG】ジ..
at 2017-04-19 18:59
【シナリオ】リターン・オブ・..
at 2017-04-18 23:16
【創作】シナリオ作成のルール
at 2017-04-18 21:02

【クトゥルフ神話TRPG】入門講座

c0325386_13143177.jpg

クトゥルフ神話TRPGプレイヤーを増やす為の定期勧誘ポスト。

どういう遊び?
 TRPGとはゲームルールに則ってキャラクターを行動させ、参加者全員でストーリーを作り上げていくという遊びです。TRPGには色々な種類があり、クトゥルフ神話TRPGの場合はホラーを作るのに特化したゲームシステムになっています。

 大雑把に表現するならば、クトゥルフ神話TRPGというシステムを使って遊ぶことで、ゲーム感覚でホラー映画やホラー小説の様なストーリーを即興で発生させる事が出来ます。作家の創作活動を分業化とシステム化によって、気軽な娯楽にした様な遊びです。

TRPGの特徴
 プレイヤー同士の真剣勝負的なゲームとは違って、TRPGに特に勝敗は有りません。面白い話を展開させて遊ぶのが目的です。ただし、サイコロを振ったりするランダム要素があり、ゲーム感覚で遊べます。

 言ってみれば借りてきた映画やアニメを全員で観ながら、あーだこーだと作品のストーリー展開について雑談しつつ、同時にボードゲームもプレイするみたいな感じです。休日の過ごし方としては、悪くない娯楽では無いでしょうか?

クトゥルフ神話TRPGの特徴
 ホラーです。基本的にホラーは日常から非日常への転落を楽しむストーリーなので、現実世界を舞台にする事が出来ます。それ故に、ファンタジー作品やSF作品と異なり、ゴチャゴチャと世界観について設定を考えたり、説明をしたりという工程を省略する事が出来ます。それ故に初心者にとっては、入りやすいという特徴があります。

 プレイヤーキャラクター作成に関しても、クトゥルフ神話TRPGの場合は普通の人間なので、イメージは簡単です。種族特性も特殊能力も糞も無いので、プレイヤーは自分をイメージしてキャラを作っても良いですし、適当に漫画やドラマの登場人物をイメージして作っても構いません。RPG的なクラス制も無いので、職業も土木作業員でも、プログラマーでも、バイト店員でも、何でもOKです。

ゲームシステム
 とてもシンプルです。基本的にプレイヤーはキャラに取らせたい行動を申告し、それをゲームマスターが判定して、成功したか失敗したかを決定していくだけです。行動成功率はキャラクターシートにパーセント表記されているので、キャラの得意な行動などはプレイヤーに常に明確です。

必要な準備
 プレイヤーとして遊ぶ分には、正直特に必要な物は有りません。覚えるべきルールや設定が少なく、始め易いのがクトゥルフ神話TRPGです。ただしオンラインで遊ぶ場合は、キャラ作成等の関係でルールブックくらいは持っておいた方が遊び易いとは思います。リアルで遊ぶ場合は、アナログゲームなのでメモや筆記用具くらいはあった方が良いかと思います。

 基本的に前提知識は不要です。が、もしこれまでホラー映画やホラー小説などに一切触れたことが無いという人であれば、1つくらいホラー作品に触れておいた方が良いと思います。最終的には遊ぶ人の匙加減なのでホラー以外のストーリーを作って遊ぶことも出来ますが、クトゥルフ神話TRPGは基本的にホラー用システムなので、ホラーに馴染みが無いならイメージは掴んで置いて損は無いはずです。

注意事項
 TRPGは基本的に複数人でのセッション形式で遊びます。遊ぶ際は全員が楽しく取り組める様に、進行役であるゲームマスターの指示をよく聞き、セッションの成功を目指しましょう。

 TRPGのセッションはシナリオ内容や参加人数にもよりますが、数時間は掛かるイメージです。菓子や飲み物などを用意して休憩を挟みつつガッツリ取り組む形になるかと思うので、上手いこと時間を取って準備万端で望むのがベストです。アルコールを入れると、ストーリーが把握できなくなるのであまりオススメはしません。あと、長いので途中で眠くなります。

GMだけは準備がいる
 プレイヤーはあまり準備が要りませんが、少なくとも参加者の内の1人が担当する事になるゲームマスターはそれなりに準備が必要です。なので、手っ取り早くやってみたい場合は、ゲームマスターを調達しましょう。ゲームマスターを調達出来ない場合は、ルールブックを読み込んでゲームマスターの準備をしましょう。見切り発車的にゲームマスターをやると、セッション全体やストーリーに方向性が無くなり、グダグダでつまらなくなる可能性が大きいのであまりオススメしません。

以上です。興味を持ったら、気軽に遊んでみましょう。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-05-30 13:29 | TRPG講座・考察 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(109)
(44)
(27)
(24)
(21)
(18)
(17)
(16)
(13)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月