blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【クトゥルフ神話TRPG】数..
at 2017-09-22 18:32
【TRPG】7つの性格類型
at 2017-09-20 01:51
【TRPG感想】メイジ:ジ・..
at 2017-09-18 13:27
【クトゥルフ神話TRPG】P..
at 2017-09-15 19:21
【アメコミ感想】アイデンティ..
at 2017-09-09 22:36

【クトゥルフ神話TRPG】恐竜との遭遇

ジュラシックワールドが待ち遠しいので、クトゥルフ神話TRPGのシステムを使って恐竜との遭遇戦をしてみた。

恐竜の選択と創造
 使用する恐竜フィギュアは海洋堂のユウティラヌス。全身に羽毛を生やした大型獣脚類である。兵士フィギュアと倍率が近いので、サイズ比較的にリアルなのが良い。大きさは体重的にはサイとかカバくらい。二脚なので高さ的にはもっと大きいイメージだろうか。尻尾も長いので体長としては2倍くらいはデカい。ユウティラヌスのデータは取り敢えず以下の様な形で設定してみた。
c0325386_14213682.jpg

耐久力:33
装甲:4ポイントの羽毛
STR:46 CON:20 DEX:10 POW:13
SIZ:46 db:+4D6 
噛み付き:1D10+2+db
目星:90%
移動:15


 Wikiにあった推定体重を元にSIZ換算して、後はマレウス・モンストロルムの動物データを参考にして適当に捏造。フィジカル的な部分はサイ、噛み付きの威力はクマ、頭脳面はコンドルから流用した。まぁ、こんなもんでしょう。

探索者と導入
 今回、この恐竜と戦う事になるのはテキサス出身のカウボーイ、ボブ・グレイ氏(30)。第七版の簡易作成ルールを適当に参考にして作成。キャライメージは描くの面倒なのでレゴで作成。
c0325386_14223986.jpg

耐久力:14 正気度:50
装甲:1ポイントの革ジャケット
STR:14 CON:16 DEX:10 POW:10
INT:8 APP:10 EDU:10 
SIZ:12  db:+1D4 
騎乗70% 動物学60% 回避50% 
投擲50% 跳躍50% 聞き耳40% 追跡40%
信用40% 登攀60%  応急手当50%
パンチ70% ショットガン60% 拳銃40%
移動:8


色々書いてはいるが、今回活躍するのは動物学とショットガンだけ。ボブ・グレイは、カウボーイに憧れる脳筋な田舎の青年というイメージ。多分、畜産業従事者的な感じでどこかの大きい牧場に雇われて働いている。そして、偶にロデオ大会とかに出場したりして調子こいている。そんな彼が、野原でいきなり恐竜と遭遇する。

遭遇戦
c0325386_14232265.jpg

 ボブが近所の荒野を散策していると、ばったりと謎の巨大動物と遭遇する。その距離は約64m。

ボブの動物学:36→成功。
ボブの正気度判定(0/1D6):83→失敗。→正気度喪失:6。
一時的狂気判定:72→失敗。


 ボブは名前までは判らなかったが、遭遇した大型動物が古代に絶滅したはずの恐竜である事に気付いた。凶暴そうな巨大肉食獣と対面した事でボブは戦慄する。しかし、あまりのインパクトにそこで思考は停止し、恐竜の存在の意味する事実にまで理解が及ばずパニックにはならなかった。

ボブはショットガンを構えた。
恐竜はボブに向かって2マス前進。


 ボブが咄嗟にショットガンを構えるのと同時に、ユウティラヌスはボブに向かって走りだした。両者の距離は約40mにまで縮まった。

ボブのショットガン:30→成功。
威力1D6:6→ 装甲4 →2点。損傷箇所1D12→左脚。
恐竜の残りHP→31
恐竜はボブに向かって2マス前進。


 ボブは走り迫る恐竜にショットガンをぶっ放した。放たれた散弾は恐竜の左脚を捉えたが、ゴツイ羽毛と発達した筋肉に阻まれたのか、僅かな出血をさせるに留まった。ユウティラヌスは怯む事無くボブに迫る。両者の距離は約24mにまで縮まった。

ボブのショットガン:12→成功。貫通発生。
威力2D6×2→18 →装甲4 →14点。損傷箇所1D12→腹部。
恐竜の残りHP17
恐竜はボブに向かって2マス前進。


 ボブの2発目は迫る恐竜の腹部を捉えた。散弾をまともに受けた恐竜の腹部は大きく抉れ血飛沫が舞う。しかし、ユウティラヌスは血を吐きながらも、恐ろしい勢いでボブに迫る。両者の距離は約8mにまで縮まった。遂にユウティラヌスは標的を攻撃圏内に補足した。

ボブのショットガン:33→成功。
威力4D6→15 →装甲4 →11点。損傷箇所1D12→左腕。
恐竜の残りHP6。
恐竜の噛み付き:98→失敗。


  ボブは立て続けに3発目を襲いかかる恐竜に向かってぶっ放す。散弾は恐竜の左腕をまともに捉え、その皮膚や肉を大きく抉る。ユウティラヌスは、ボブを食い殺そうとしたが至近距離の散弾の衝撃にバランスを崩し失敗してしまう。そして、此処でボブのショットガンの残弾が尽きる。

ボブは1発だけ弾を装填し、素早く射撃体勢に移る。
恐竜の噛み付き:87→失敗。
ボブのショットガン:83→失敗。


 ボブは、素早く1発だけ装填しショットガンを撃つが、焦りからか散弾は恐竜を捉える事は出来なかった。一方、ユウティラヌスもまたダメージの為かふらつき再度攻撃を外してしまう。ユウティラヌスはもはや全身血塗れで満身創痍だが、その目には激しい闘志が燃えている。

ボブは1発だけ弾を装填し、素早く射撃体勢に移る。
恐竜の噛み付き:15→成功。
威力1D10+2+4D6→17点。損傷箇所1D12→右脚。
ボブのHP→-3。即死。

c0325386_14251044.jpg

 ボブは焦りながらも再度ショットガンに弾を込めて射撃に移ろうとするが、注意力が逸れたその隙を付いてユウティラヌスの攻撃がボブを捉える。ユウティラヌスの鋭い牙と強力な顎はボブの右脚を付け根から引きちぎった。大量の血液が噴出し、ユウティラヌスは真っ赤に染まる。ボブは即死した。

感想
 合計6ラウンド。時間にすると約70秒程度である。文章にするとそこそこ緊張感のあるやり取りにも思えるが、映像的に考えるとボブは半狂乱で突っ込んでくるユウティラヌスにショットガンを乱射していた感じだろうか。大型肉食獣に襲われた感じは凄く出ている。今回はダメージ箇所をランダムで決定してみたが、なかなか上手く機能していたと気はする。ルールブックにもアドバイスとして書かれているが、確かにダメージ箇所描写があるのと無いのとでは、臨場感が違ってくる感じ。

 今回は恐竜と探索者をシュミレーション的に戦わせて見たかっただけだが、完全にダイスを振っているだけなのに割と映画のワンシーンの様な場面が展開された感はある。ミニチュアで絵的にシーンを把握出来ているというのも大きいんだろうけども。あまり使われる事の無い、モンスターや探索者の移動データは、こうしてミニチュア使って取り入れてみると結構良い物だなと思う。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-07-03 14:30 | 雑記 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(120)
(50)
(35)
(30)
(27)
(27)
(22)
(22)
(19)
(17)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月