blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【書籍感想】クトゥルフ神話ガ..
at 2017-05-16 20:44
【書籍感想】コンプリート・デ..
at 2017-05-14 10:25
【クトゥルフ神話TRPG】I..
at 2017-05-03 08:27
【雑記】12のテンプレート
at 2017-04-20 18:52
【クトゥルフ神話TRPG】悪..
at 2017-04-20 01:22

【ドラマ感想】戦慄怪奇ファイル コワすぎ!

c0325386_21582781.jpg

 Twitterでニコニコ動画で無料生放送している『コワすぎ!』という作品がとても面白いと評判になっていたので観ている。現在4話まで視聴。確かに、これはとても面白い。また一挙放送とかもあるらしいし、DVD買っても良いかなレベルの作品なので、ちょっと内容を紹介してみる。

モキュメンタリー風の連続ドラマ
 基本的にはこの作品は、擬似ドキュメンタリー(モキュメンタリー)形式を取っている。実録ホラー物DVDを制作しているチーム(ディレクター、アシスタント、カメラマン)が、投稿者から送られてきた怪奇映像から、現地調査をして本物の怪奇映像を押さえようという流れになる。映像は基本的にカメラマンの手持ちカメラ視点である。

 モキュメンタリーなのだが、シリーズとして連続ドラマみたいになっているのがこの作品の面白い所だ。言ってみれば心霊現象版のX-ファイルみたいな感じで、全ての話が徐々にリンクしていって壮大なストーリーになっていくあたりが最高にぶっ飛んでいる。回を重ねるごとに、クトゥルフ神話知識技能みたいなのが蓄積されていく感じで、怪奇現象の背後に一定の何らかの力が存在しているのがハッキリしてくるのである。

作風
 いちおうモキュメンタリー風なので、毎回冒頭は大人しいのだが、正体は現代伝奇モノといっても過言では無い内容なので、ハッキリいって漫画チックである。結構な頻度で本物の異能者が登場したりするのが面白い。

 内容はカオスすぎるのだが、結構オカルト的なお約束とか考察がちゃんとしているのも面白い要因である。あと、制作チームは毎回探索者ばりに滅茶苦茶するのだが、それでも怪異はハッキリと人間の常識を超えた物として描かれているのはホラーとして評価出来るポイントだと個人的には思う。ギャグになりかねないカオスっぷりなんだけど、モキュメンタリー風の作風で登場人物たちの恐怖というか困惑がハッキリ描かれるので作中のリアリティとしては案外気にならない感じ。一歩引いてみると笑っちゃうんだけども。
 
ざっくり、あらすじ紹介
 第一話は口裂け女。映像に映った不審な女は本当に口裂け女なのかという検証を地道にやっていく過程が面白い。脚の早さを検証したり、周囲を地道に聞き込みしたりして、口裂け女らしき不審者の身元を最終的に割り出す所まで行くのが素晴らしい流れ。やっぱホラーは探索パートがあってナンボな感じ。探索パートがあることで、単なるビックリ映像な心霊ホラー以上の現代伝奇ホラーになっているのだ。具体的には口裂け女らしき女ホームレスが残した、不気味な髪の毛で作った呪具を民族学者に調べてもらってどっかの田舎の呪術の宗派まで辿り着く。

 第二話は震える幽霊。廃墟モノの心霊ホラー映像としても面白いんだけど、徐々に投稿者サイドの得体の知れない女がいた事が判ってそいつを追跡していく内にヤバい事になっていくという話。シリーズ物としての世界観を明確に打ち出して来ている作品で、色々と面白い。無敵かと思われた粗暴な主人公格のディレクターがあっさりやられて昏睡状態になったりして、異界はヤバい!という部分も明確に打ち出される。

 第三話は河童。序盤はUMAとしての河童を調査していくんだけど、実はこれまでにも遭遇して来た異界関連の呪術的な存在である事が判明する。河童に娘を殺されて復讐を誓い、陰陽道をマスターしたというカオスな設定の農民が出てくる辺りが秀逸。河童殺スベシ!な陰陽師と、あくまでも捕獲したい制作チームの共闘スタイルが面白い。

 第四話はトイレの花子さん。なぜか花子さんの正体は時空ポータルで、まさかのタイムループネタが展開される。時空が歪んだ廃校舎を舞台に、呪いで死んでしまう運命にある投稿者の親友を救うために何度もタイムループを繰り返すという謎の感動回。この回は霊能者が優秀すぎて制作チームの探索パートが弱めでホラーとしては微妙な感はあるが、ネタが壮大で面白かった。心霊モノなのに、タイムループSFとして地味に頑張ってて、未来の自分達に遭遇したりみたいな小ネタが楽しい。

 ・・・と、まぁそんな感じで凄い面白いのである。本格オカルト特撮ドラマって感じ。時間があれば是非観てみて欲しい。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-07-24 21:59 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(111)
(44)
(27)
(24)
(21)
(19)
(17)
(16)
(13)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月