blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(105)
(43)
(26)
(24)
(21)
(17)
(15)
(15)
(13)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

【クトゥルフ神話TRPG】ドラマ性の構築

人間関係を使う
人間関係は変化させやすいステータスの一つだ。対立、交友、恋愛、怨恨、尊敬、共闘、裏切り。人と人との関係性は幾らでも変化させる事が出来る。人が態度を変えるのに常に合理的な理由は必要ない。気まぐれだったり、他人には細やかでもその人にとってのみ意味を持つ理由という物も存在する。要するにどんなイベントにでもこうした変化はとって付けることが出来る。それでいて、予測不能の変化は常にドラマティックに作用する。

イベント結果としての変化に人間関係を用いる場合、結果的に発生した変化から、逆説的にそのキャラクターが肉付けされるという効果もある。ストーリーにドラマティックな意味合いを付加すると同時に、登場人物の肉付けも出来るので極めて効率の良い手法の一つであると言える。

ドラマ性
ドラマと呼ばれるストーリーの重点は人間関係の変化に置かれる。起伏に富んだドラマにしたいなら、登場人物は多いに越したことは無い。NPCや他の探索者の数だけ、変化させる事のできるリソースとしての関係性が発生する。

海外ドラマなんかだと、登場人物たちが無駄に引っ付いたり離れたり敵対したりを繰り返す。こうした手法はまさしく関係性の変化でドラマ的な面白さを高めていると理解する事が出来る。こうした変化は時に唐突なので、キャラクターのリアリティとは別のロジックで運用されていると考えていい。変化させておいてから、その変化の理由を後付するのだ。そうすることでキャラクターの深みが追加される。変化の理由は、そのキャラクターの過去にあってもいいし、現在進行形で何か秘密を抱えている事にしても良いのである。

NPCの活用
NPCのストーリー上の役割は、イベント要員である以上に関係性部分にあると言っても過言では無い。友好的でも、敵対的でも内容は何でも良いが、登場した際には既存キャラクターとの間に何かしらの関係性を構築しておくことが重要になる。そのキャラクターにストーリー的な意味合いを持たせるには、探索者の誰か一人との間には何かしらの因縁なりの関係性を持たせておく必要がある。昔からの知り合いである必要は無く、初対面から気に食わないだとか、一目惚れだとか、立場上の対立関係でも良い。

ライバルから仲間へ、親友から宿敵へ、愛情から憎悪へ。ドラマ性を高めたいなら、あらゆる関係性は逆転するために構築されるくらいに認識しておくと良い。仲間は最後まで無条件に仲間で、敵はどこまでも分かり合えない敵というのは、判り易いがドラマ性は低い。簡単に態度を変えるNPCは、ストーリーに緊張感をもたらしてくれる。無駄に引き連れて行ったNPCが全員寝返れば、探索者は優位から一気に危機に陥る。クトゥルフ神話TRPGであれば、ホラーなのでこうした疑心暗鬼を導く要素は良いスパイスとして機能する。

会話
NPCとの間に関係性を構築したり変化させるには、会話が不可欠だ。NPCとの会話は交渉パートでもあり、情報を開示パートでもあり、現在の関係性を示すパートでもある。NPCを自由に供給できるという点ではシティシナリオは都合が良い。クローズドな舞台にする場合でもNPCは数名は居たほうが良い。そして一人以上は非協力的であったり対立関係にある必要がある。探索者同士を対立関係に設定しても問題は無い。

ドラマ性には会話は重要だが、会話はセッション時間を引き伸ばしがちな点には常に注意が必要だ。会話パートとして区切り、適当に切り上げないと延々と無駄話が続くことになる。なりきり演技が目的では無く、情報開示が目的だと割り切る事。セッションが間延びすると、相対的に面白さも低下してしまう。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-09-29 17:51 | TRPG講座・考察 | Comments(0)

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【ドラマ感想】アイアンフィスト
at 2017-03-20 18:42
【雑記】オカルトについてのあ..
at 2017-03-04 23:37
【雑記】トンデモ話の文法
at 2017-03-04 20:27
【書籍感想】悪霊にさいなまれ..
at 2017-03-04 12:43
【クトゥルフ神話TRPG】キ..
at 2017-02-25 00:31