blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【クトゥルフ神話TRPG】数..
at 2017-09-22 18:32
【TRPG】7つの性格類型
at 2017-09-20 01:51
【TRPG感想】メイジ:ジ・..
at 2017-09-18 13:27
【クトゥルフ神話TRPG】P..
at 2017-09-15 19:21
【アメコミ感想】アイデンティ..
at 2017-09-09 22:36

【クトゥルフ神話TRPG】探索者の作成 その1

以前にも記事にしたテーマではあるが、シミュレーション・ゲームとしてのRPGを念頭に改めて最新版としてまとめてみた。

まずはダイスロール
折角ランダムにキャラ作成が出来るので、素直に乱数に委ねることをお薦めする。RPGはキャラをシミュレートすることでストーリーを作っていく遊びだ。なので、スペックによる有利不利を気にする必要は無い。高スペックな人の話になるか、低スペックな人の話になるかの違いだけだ。ちなみにクトゥルフ神話TRPGが扱っているジャンルである所のホラーの主人公といえば、大抵は低スペックな人達である事は忘れないでおこう。屈強なマッチョマンどころか、心身共に健全な大人である事すら稀だ。

ランダム作成は、毎回似たようなキャラになって新鮮味が薄れるのを避ける為のシステムである。チマチマと数値を入れ替えたり、振り直しをするくらいなら、いっその事ダイスを振らないのも1つの選択肢である。

数字の読み込み
ステータスの数値を読みこめば、キャラを掴むことが出来る。EDU(学歴)とSIZ(体重)は割と具体的なので、読み込み作業の取っ掛かりにすると良い。ダイスを振らずにキャラ作成する場合は、逆にイメージを上手く数値に換算する必要がある。

DEX(敏捷性)は素早さというより、体をどれだけ上手く動かせるかというイメージで考えると判り易い。器用さが含まれるのもこの為だ。DEXが明らかに低い場合は、運動神経が悪くて鈍臭かったり、デブ過ぎて物理的に運動能力が低い等をイメージすると良い。DEXが高ければ、日頃から運動していたりするかもしれない。

CONはスタミナや健康度を表現している。余りにも低かったら運動不足だったり、病気だったりするかもしれない。基本的に大柄な方がCONは高いが、デカいだけの運動不足や内臓がやられているデブだったりするとCONは低いかもしれない。

POWは精神力や集中力を意味している。POWが高いと精神的にタフなので、押しが強かったり、頑固だったり、傲慢だったりするかもしれない。意志の強さを表現しているので、正気度やMPの高さにも連動している。

INTは知性の高さを意味している。知性の高さは想像力の豊かさや、好奇心の強さを意味する。アイデア判定にはINTを使う。INTが低いと、物覚えが悪く、発想も貧困になるので、どちらかと言えば馬鹿というよりは、生真面目で融通が効かない性格になるはずだ。ちなみに学力が無いタイプの馬鹿は、EDU(教養)の低さで表現される。バランス次第で、高学歴だが頭が堅く応用力の無い人だとか、低学歴で馬鹿だが頭はキレる人だとかが表現される。

EDUは、INTが高いのにEDUが低いと、進学出来ない事情があったのかな?とか、学歴を必要としない仕事に就いたのかな?とか、色々とキャラの背景にも繋がっていく。

ちなみに探索者のステータスはだいたい3~18の範囲に収まる様になっているが、この範囲は一般市民を表現する為の物である。ルルブにも書かれている通り、探索者はこれから非日常的な世界に巻き込まれる運命にあるという点以外では普通の人間と一切変わらない。APPが3でも、世にも奇妙なクリーチャーじみた外見を意味している事は無く、せいぜい街で出くわすレベルで印象が最悪という程度だろう。同じくSIZが18でSTRも18あったとしても、ハルク級の怪物である事は意味しない。せいぜい屈強な総合格闘技選手くらいだ。日本人からすると一般人規格じゃないぞと思うかもしれないが、アメリカ人が基準なので仕方が無い。ちなみに体重が200kgを余裕で超えていたりもするスモウレスラーは、SIZで表現すると24以上はある。

各ステータスは他とのバランスで、イメージが立体的になっていく。キャラを借りてきて強引に当てはめるよりは、出来るだけ数値からストレートに汲み取った方がキャライメージとキャラデータにギャップが生じないので、最終的には扱いやすくなるはずだ。

経歴を埋める
ここまでの作業で、身体的特徴、性格、学歴、年齢といった物は既に具体的なイメージになっているはずだ。その人物像にあったもっともらしい経歴を、捏造しよう。仕事には向き不向きがあるので、最適な仕事に就いていていると考えるのも良いし、その仕事に就いた結果として現在の人物像になったという形でも良い。

職業に関しては、ルールブックに挙がっているのはあくまで職業のサンプルである。こういう職業であれば、こういう技能の組み合わせで表現出来ますよという例なので、あの中から選ばなくても自由に考えれば良い。副業を持っていても良いし、幾つもの職業を転々として来たという設定でも構わない。好奇心は強いが意志は弱い様な人物であれば、飽きっぽくて仕事が長続きしていないかもしれない。あくまで人物像に合わせた物を考えること。

現在の仕事の他には、学生時代にどういう部活をしていたかも考えてみるよう。DEXとCONが高い探索者は、何かしら鍛えているはずだがそれは学生時代にスポーツをやっていたからなのか、現在の職業によるものなのかどちらだろうか。もしかしたらジムに通ったり、今でも趣味でスポーツを続けているのかもしれない。

ちなみに、かつて海軍特殊部隊に居たが左遷されて現在はコックをしていますみたいな経歴はNGだ。戦闘マシーンの様な人物は基本的にホラーの主人公には適さない。探索者は、これから非日常に巻き込まれてホラーの主人公になるという大前提は忘れないように。また、経歴はあまり細かくし過ぎると、キャラが判り難くくなるので、出来るだけシンプルを心掛けよう。あくまで経歴は、どういう個性や特技を持っているのかを判りやすくする為のストーリーだ。

長くなったので、続きは次回の記事で。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-11-21 23:36 | TRPG講座・考察 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(120)
(50)
(35)
(30)
(27)
(27)
(22)
(22)
(19)
(17)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月