blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【雑記】12のテンプレート
at 2017-04-20 18:52
【クトゥルフ神話TRPG】悪..
at 2017-04-20 01:22
【クトゥルフ神話TRPG】ジ..
at 2017-04-19 18:59
【シナリオ】リターン・オブ・..
at 2017-04-18 23:16
【創作】シナリオ作成のルール
at 2017-04-18 21:02

【ドラマ感想】プリズンブレイク

c0325386_2144098.jpg

あらすじ
無実の罪で死刑囚になった兄のリンカーン・バローズを脱獄させるため、敢えて銀行強盗未遂を犯して囚人として刑務所に乗り込んだ建築技師のマイケル・スコフィールド。刑務所の改築計画に関わった利点を活かし、完璧な脱獄計画を立てて刑務所に入ったマイケルだったが、予測不能のアクシデントや人間関係のトラブルが襲い掛かる。一方、リンカーンの冤罪事件の背後には巨大組織の陰謀が隠されており、何としても事件をリンカーンと共に葬りたい組織が暗躍する…というシリーズ。

シリーズとして
シーズン1ではフォックスリバー刑務所を脱獄するまでが描かれる。シーズン2では脱走した8人の囚人たちの逃亡劇と、組織と警察の追っ手による追跡劇が描かれる。

シーズン3では、ネタ切れなのか舞台を外国に移して再び刑務所での脱走劇が繰り返される。正直ストーリー自体はシーズン2で終わっている感じで、後はキャラの再利用感が凄い。

シーズン4ではスーサイドスクワッド感のあるケイパー物な犯罪者チーム物にシフトチェンジ。が、色々と無理が目立って失速。最終的には組織とのグダグダな泥沼試合が描かれて完結する。

ストーリー
全体のベースになったシーズン1が刑務所内での群像劇要素が強い作品だったこともあり、色んなタイプの犯罪者や悪人キャラが登場するドラマになっているという点が特徴になっている。メインキャラがほぼ犯罪者という群像劇は中々、珍しい気はする。

マフィアもいれば、外道な性犯罪者もいるし、強盗や泥棒、普通のチンピラ、元軍人、伝説の犯罪者な老人、果ては精神異常者まで。それぞれキャラも脱獄の動機も異なっていて、その辺のキ面白さがガバガバなストーリーを補っている。

キャラの魅力
特に好きなのは、T-バッグというキャラ。南部出身の差別主義者で子供殺しの性犯罪者で、刑務所でカマを掘りまくってるスーパー外道なんだけど、これがまたジョーカー感と生身の犯罪者感のバランスが上手くとれていて実に良いキャラになっている。

T-バッグの様な戦闘能力や特殊能力に頼る訳でもなく、邪悪さと狡猾さと悪運だけで立ち回るタイプは、上手く転がるとキャラとしてとても面白くなる。初期は冷酷な殺し屋や職業犯罪者とは異なる、本質的に邪悪で何するか予測不能な狡猾なキャラとしての立ち位置が魅力的だったのだが、シーズン2での刑務所外でのドラマで妙な人間性を帯びてしまい、シーズン4に入る頃にはすっかりシリアルキラー感が薄れてしまい、営業マンとしての第二の人生に憧れたり、普通のチンピラ感が強くなりキャラとしての魅力が薄れて単なるピエロ化してしまうのが非常に残念だった。

次点で好きなのが、看守長のベリック。看守をクビになって以降のポンコツ狂犬キャラはなかなかのヒットで、シーズン3では無法地帯と化しているパナマの刑務所で、入所早々にボコボコにされパンツ一丁で最下層民と化してしまうという転落っぷりが楽しかった。ヘイトを溜めまくった後でボコボコにされるという黄金パターンを持ったキャラだったんだけど、こいつもシーズン4になってからはチーム物に組み込まれたせいで、毒気がなくなって普通のおじさんキャラになってしまって残念だった。

フラッシュ
どうでもいいが、DCコミックスのドラマ『フラッシュ』には主人公のマイケルと兄のリンカーン、更にT-バッグ(の俳優)といったプリズンブレイク組が登場している。割とキャラ的にもオマージュされている部分があったりするので、プリズンブレイクを観た人はフラッシュも観てみると面白いかもしれない。
[PR]
by cemeteryprime | 2016-01-24 02:15 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(109)
(44)
(27)
(24)
(21)
(18)
(17)
(16)
(13)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月