blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【映画感想】スパイダーマン・..
at 2017-08-18 01:43
【TRPG】ミニマムなシナリ..
at 2017-08-08 23:11
【映画感想】ザ・マミー 呪わ..
at 2017-08-04 19:22
【クトゥルフ神話TRPG】経..
at 2017-08-02 23:34
【クトゥルフ神話TRPG】連..
at 2017-07-27 03:15

【クトゥルフ神話TRPG】ストーリーテリング型RPGの問題点

原理主義的な遊び方を目指して
RPGでアドベンチャーゲームをしたり、謎解きゲームをすると、どうしても構造的に矛盾がでる。基本的にはキーパーが手心を加えないと成立しない。しかしながら手心を加えてもらわないと成立しないアドベンチャーゲームや、謎解きゲームは、そもそもクリアすべき課題として成立しているのだろうか。

一方であくまでストーリーテリングを目的としたキャラクターのシミュレーションゲームであるというバランスならどうだろうか。ストーリーを作る遊びとしてのRPGである。この場合、キャラクターをシミュレーションしていれば自然とストーリーが発生するので、構造的に何の矛盾も発生しない。

構造的欠陥

しかし、本日遊んでみた結果、1つの致命的な弱点が見つかった。プレイ時間が異常に長くなるという点である。

今日はプレイヤーに5名も集まって貰えて良かったのだが、そのせいでこの欠陥はより顕著になった。プレイヤーが5人の場合、各キャラクターを主人公とした5本のストーリーが群像劇的に並行展開される形になる。単純計算で所要時間は5倍だ。冒頭30分程の導入シーンも、5人分続けば単純計算で2時間半になってしまう。事実、本日のセッションでは2時間は経過しているのだが、事件の兆候はあるものの事件に直面しないままという状況になっていた

今日はゲームスペースで遊んでいた関係上、事実上のタイムリミットが存在し、最終的に事件の謎はほとんど解明されないまま途中でストーリーを閉じる事になった。探索者たちは謎が謎を呼ぶ状況に恐怖し、逃げ出したというエンディングである。

元々、ホラーなストーリーを作る事を目的に遊び、途中参加も途中退場もOKな非謎解きゲーム型という前提だったので、キーパー的には、謎が謎のまま放置されたホラーとして終わっても特に問題は無かったのだが、プレイヤーには消化不良感を残す形になってしまった様だ。

割り切り問題
実際の所、この遊び方でも、続きはまた来週なキャンペーン形式が出来るなら何ら問題はない。ただし、限られた時間内でやる場合は、時間が伸びすぎると強制エンディングとなってしまう。

導入が過ぎて一旦ホラーになってしまえば、どこで切ってもホラーなので、どこのタイミングで主人公が逃げ出してストーリーを終わらせようが、展開的には特に矛盾は無いのがポイントだ。ストーリーの完成度としては下がってしまうが、まぁ致し方は無い。当初の目的であったホラーなストーリーを作るという部分は達成できる訳である。

ただし、プレイヤー視点でみると、ホラー小説を読んでいたのに途中で打ち切られてしまった的な消化不良感はどうしても残ってしまう。これは、主人公に感情移入していればいるほど、そう感じてしまう物である。

解決策として、事前にストーリーを作る事が目的の遊びであって、謎解きだとかシナリオクリアだとかは度外視して欲しいと説明してみたのだが、RPGでプレイヤーにキャラに過度に感情移入するなというのは難しい注文なのかもしれない。特にキャラにハッピーエンドを迎えて欲しがるタイプのプレイヤーにはそうだろう。この辺りは何をストーリーに求めるかという部分にも関わるので難しい課題である。

時間問題の解決策
1つのシンプルな解決方法としては、プレイヤー人数を少なく設定するという方法がある。普通、TRPGでプレイヤー人数を1人か2人に制限する場合は、シナリオがイージーすぎるケースが多いが、このスタイルの場合は時間が長くなりすぎるので制限する形になる。

キャラクター中心のストーリーテリングとは、あくまで謎を解けるかどうかでは無く、謎に遭遇してそのキャラクターの人生がどう変化したかなので、参加人数で難易度がどうこう変化する訳ではない。セッションのタイムリミットがある場合は、人数が少ない方が綿密なストーリーにすることが出来るはずである。

謎解きゲーム型プレイヤーに対する課題
ストーリーテリング型における謎は、ホラーの為の謎なので、基本的に解くべきクイズとして設計された謎では無い。これは謎解き型の遊び方意識が抜けていないと、異常に不可解なクイズか、理不尽なクイズとして映るだろう。

ホラーの謎はあくまでストーリーの進行と共に明らかになっていく物なので、プレイヤーにはクイズ的な難易度は要求されない。だがしかし、勝手にクイズとして解こうとすれば超難問と早変わりするのである。謎そのものにこだわると、ストーリー展開も袋小路になる。

場荒らし型プレイヤーに対する課題
ストーリーテリングに全く興味が無く、変わった事を色々したいだけのプレイヤーというタイプも一定数存在する。主人公では無く、変わった脇役をやりたがるプレイヤーである。変わった事をやりたがる部分は、シミュレーション性とは相性が良いが、基本的に単体でのストーリー性は意味不明な物になりやすいのが難点だろうか。

そういった辺を踏まえると、ストーリーテリング型の遊び方は構造的な矛盾は少ないものの、かなりプレイヤーを選んでしまうのも事実だろう。
[PR]
by cemeteryprime | 2016-04-10 01:50 | TRPG講座・考察 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(118)
(48)
(28)
(27)
(27)
(25)
(22)
(19)
(18)
(15)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月