blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【ゲーム感想】スカイリムSE
at 2017-12-09 11:48
【映画感想】ジャスティスリーグ
at 2017-11-24 21:51
【クトルゥフ神話TRPG】ボ..
at 2017-11-18 17:13
【TRPG】キャラクターと世界観
at 2017-11-14 01:14
【映画感想】イット
at 2017-11-10 23:27

【クトゥルフ神話TRPG】クトゥルフ以外での蛇人間

ヘビ人間というのは、現代では比較的ポピュラーなキャラクターである。

代表的な性質

ヘビ人間は、人類以前の超古代に文明を繁栄させていたしていた先住民族である。現在は衰退し、地下世界に追いやられているが、再び文明を復活させ地上の覇権を握るべく、時折陰謀を巡らせる。高度な知性を持ち、狡猾で魔術で人間に化けることが出来る。毒の扱いに長けている。

色んなヘビ人間

c0325386_11475843.jpg

比較的メジャーなシーンだと、アニメ化されているレゴ・ニンジャゴーにも、ヘビヘビ族という古代に地下世界に封印されていた種族が登場する。

c0325386_11514731.jpg

D&Dにも、ユアンティというヘビ人間種族が登場する。ユアンティは毒と暗殺を司るゼヒーアという悪の蛇神を信奉し、毒蛇でいっぱいの穴に生贄を捧げる。

蛇神信仰

実際の所、蛇は世界各地の文化において死と再生のシンボルであり、蛇神を祀る風習は世界中に存在する。古代エジプトにおいても、王権や神性の象徴として王冠に蛇を抱いている。古代中国における始祖も伏羲と女媧も蛇身人首の存在である。インドにおけるナーガも有名だ。日本にも蛇神信仰は多い。蛇神との異種間交配に関する伝承も、世界各地に存在する。

毒と再生のイメージから、蛇は医療は薬学のシンボルにもなった。ヘビが巻き付いたアスクレピオスの杖は、欧米で医療や医学を意味するシンボルであり、世界保健機関のマークにもなっている。

一方で、悪魔のシンボルとしても使用されてきた。そうした古代の信仰における蛇のイメージと、悪のシンボルとしての蛇のイメージから、衰退した神であり悪の種族としてのヘビ人間像が構築されたのは自然なことだろう。

レプタリアン

ヘビ人間はレプタリアンと呼ばれ、地下世界ではなくエイリアンと関連づけられて語られる事も多い。人類は太古に飛来した宇宙人によってデザインされた説と、ヘビ人間が融合した生まれた言説である。レプタリアンもまた、人間に化け、人間社会を操作する世界的陰謀の黒幕として語られる。

総論

ヘビ人間は、零落した古代の神族であり、世界征服を企む悪の侵略者でもある。要するに分りやすい人間の敵、悪役軍団なのだ。

悪の侵略型宇宙人種族と若干異なるのは、古代の伝承や神秘的な力と結びついる点である。ヘビ人間は、UFOに乗って襲来したり、ビーム兵器を使うことは稀かもしれない。既に人間社会に潜り込んでおり、科学兵器よりも、怪しげな毒や魔術を使用する。

こうした性質から考えると、ヘビ人間は、おどろおどしい呪いに纏わるホラーに登場させるよりも、悪の軍団を壊滅させる派手目なシナリオ向きかもしれない。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-02-09 18:47 | TRPG講座・考察 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(123)
(52)
(35)
(35)
(27)
(27)
(24)
(22)
(21)
(17)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月