blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【映画感想】スパイダーマン・..
at 2017-08-18 01:43
【TRPG】ミニマムなシナリ..
at 2017-08-08 23:11
【映画感想】ザ・マミー 呪わ..
at 2017-08-04 19:22
【クトゥルフ神話TRPG】経..
at 2017-08-02 23:34
【クトゥルフ神話TRPG】連..
at 2017-07-27 03:15

【シナリオ】リターン・オブ・ザ・ファットバスタード

c0325386_23140781.jpg

2年位前に作った田鷲政男シナリオは、改めて見返すとゴチャゴチャし過ぎでアイデアの詰め込み過ぎ事故の典型みたいな感じだったので、シンプル化した。探索者たちを田鷲政男殺害の当事者に変更して、連続児童失踪事件のプロットは切り離した。田鷲政男殺害にまつわるインモラルな事情も省略。

どんな話か?

探索者たちは10年前に人を殺してしまい、死体を古井戸に遺棄して事件を隠蔽した過去を持っている。そんな探索者たちの元に、10年前の秘密を知っているぞという脅迫状が届く。探索者たちは現在の生活を守るために、謎の脅迫者の正体を突き止めようとする。

セッティング情報

10年前、同じ大学に通う友人グループだった探索者たち(+NPC数名)は飲酒運転中に一人の男(田鷲政男)を轢き殺してしまった。

轢き殺された人物は指名手配中の危険なカルト教団の幹部で、手持ちのカバンには大量の札束が入っていた。自首すれば全員退学になる上に、下手をすれば刑務所送りになり、更にカルト教団から報復される可能性もあると考えた探索者たちは、札束を山分けし、死体を古井戸に遺棄して事件を隠蔽した。

現在、探索者たちは安定した仕事を持ち、家庭にも恵まれている。しかし、過去のトラウマが何らかの形で探索者たちの人生に歪な影響を与えている。かつての共犯者たちとは大学卒業以来疎遠になり連絡を取っていない。

導入パート

探索者たちの元に10年前の秘密を知っているぞという脅迫状が届き、過去の事件の忌まわしい記憶が蘇る。しかし、記憶は長年に渡って抑圧され断片的になっている。

10年前の共犯者の一人が、犯人を特定する為に探索者たちに連絡をとり集合する。

調査パート

探索者たちは、呼びかけに応じなかっり、所在が不明であった共犯者たちを調査し訪問する。調査していくと、全員が何らかの形で過去のトラウマを引きずっており、暗い秘密を持っていることが判明する。

死んだ田鷲政男についても改めて調査を行う。カルト教団の調査では、田鷲が殺人犯であったと同時に邪悪な魔術師だったことが判明する。教団には輪廻転生の呪術があり、教団の幹部は死後の復活を信じていたという話を聞かされる。

危機パート

調査の結果、轢き殺したはずの田鷲が何らかの理由で、実は死んでいなかったのではないかという疑惑が浮上する。調査に協力した共犯者やカルト教団の関係者が殺害され、死んだはずの田鷲が目撃される。探索者たちの職場や家庭の周辺にも田鷲が出没するようになり、子供が誘拐されたりする。

クライマックス

田鷲がカルト教団の施設跡に潜伏していることが判明し、さらにその場所こそ田鷲の死体を遺棄した現場だったという記憶が蘇る。古井戸の底で白骨死体を発見し、田鷲は10年前に死んでいたことが確認される。

同行していた共犯者の内の一人が、突然苦しみだして、田鷲政男に変身する。その人物が、罪の意識から多重人格化してジキルとハイドの様に変身していたという脅迫事件の真相が判明する。

恐ろしい真相

しかし、カルト教団に伝わる邪悪な輪廻転生の呪術について調査していた場合は、これが多重人格などではなく、田鷲が呪術によってNPCの肉体を乗っ取って復活したという真相に気付ける。同時に田鷲が転生を繰り返していたという胡散臭い噂も全て真実だったと判明する。

田鷲の真の目的は、復讐ではなく、探索者たちを精神的に追い詰め発狂させ操ることだったと判明する。発狂に追い込む手段として、田鷲はその場にいる人間を殺害しようとする他、自分も殺害させようとする。


結末

田鷲は殺害されると、元のNPCの姿に戻って死ぬ。そして、その際に最も正気度が低かったNPCか探索者に憑依する。

最終的に古井戸の底にあった、邪悪な転生の術に必要なアーティファクトであるイゴーロナクの手を破壊する事で、NPCに憑依した田鷲の人格は消滅する。しかし、正気度は元に戻らず重度の解離性人格障害は残る。


エンディング

最終的に探索者たちは、過去の罪が原因で正気度を含め色んなものを失う。隠していた秘密も暴露され、職場の人間や家族からの視線も変わる。それを踏まえて、探索者の生活がどう変化したかを適当にまとめてもらって終了。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-04-18 23:16 | TRPG講座・考察 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(118)
(48)
(28)
(27)
(27)
(25)
(22)
(19)
(18)
(15)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月