blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【雑記】12のテンプレート
at 2017-04-20 18:52
【クトゥルフ神話TRPG】悪..
at 2017-04-20 01:22
【クトゥルフ神話TRPG】ジ..
at 2017-04-19 18:59
【シナリオ】リターン・オブ・..
at 2017-04-18 23:16
【創作】シナリオ作成のルール
at 2017-04-18 21:02

カテゴリ:作品・感想( 129 )

【映画感想】レゴバットマン ザ・ムービー

c0325386_12484358.jpg

レゴムービーは観た事なかったので、初のレゴ映画。


レゴの世界というギミックのお陰で、極端なパロディやデフォルメ表現が許されている。レゴの世界だからこそできる、バットマンのストーリー。とても面白かったです。


ざっくりとあらすじを説明すると、家族を再び失う恐怖と向き合えず、自分の殻にこもって孤独な生活を送るバットマン・・・及びブルース・ウェインをみんなが殻から引っ張り出す話である。


ブルース・ウェインとしての孤独だけではなく、バットマンとしても敵にも味方にも特別な関係性を認めない孤独な人物として描かれていたのが面白かった。お前の最大のライバルは俺じゃないの?と迫るジョーカーに対して俺のライバルはスーパーマンだと冷たくあしらうんだけど、その後に自分と同じく孤独なヒーローだと思っていたスーパーマンが孤独の要塞でJLAの仲間たちとパーティーをしていた所を目撃しちゃってショックを受ける所が最高。


バットマン映画としてこれまでのバットマン作品への言及があったり、キングコングやらサウロンやらウォルデモートやら色んな映画の悪役軍団が登場しちゃうなんでもありな所も楽しい。真面目な話として、レゴでやるから見える批評性みたいな部分が凄い面白いかった。あと、レゴだから許されるラストも凄い笑った。


でも、個人的に一番最高なのはバットマン世界がガッツリとレゴに組み込まれたことでは無かろうか。コミックでも滅多に観た事ないようなドマイナーなヴィランたちまで、ミニフィグ化されて、実際に商品化されている。映画を観ながら、このミニフィグ持ってる~とか、こいつのミニフィグ欲しい~ってなるのが何より最高なのだ。


感覚としては、スーパーヒーロータイムとかロボットアニメのイメージが近い。玩具会社とのタイアップで造られた作品には、商品を欲しがらせる為にストーリーと映像によって玩具(キャラ)をより魅力的に見せるというCM要素があるが、魅力的な商品と作品が上手い事融合すると作品自体の魅力も、自分の物に出来る、買って遊びたいという所有欲によってブーストされる。この作品も、そうしたマジックが機能している。


ぜひ映画を観て、レゴを買って遊んでみるのがお勧めです。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-04-05 19:47 | 作品・感想 | Comments(0)

【映画感想】SING

c0325386_17310016.jpg

万人にお勧めできるタイプの最高の音楽映画。

とにかくタイトルの通り、歌についての映画である。新旧のヒットソングが登場しまくるのも楽しいし、歌の持つドラマやカタルシスが最高に引き出されている。ズートピアもそうだったけど、動物キャラを使う事によって、ドラマ性も身体表現もデフォルメが利いていて素晴らしい。

あらすじとしては、潰れかけた劇場のオーナーが最後の興行として賞金が出る素人のど自慢大会を開催する。そこに集まった人たちの群像劇である。

ブタのロジータは、子育てに翻弄される歌好きの専業主婦で、彼女のストーリーの主なテーマは抑圧からの解放である。ブタだから死ぬほど子沢山というのが笑える。のど自慢大会に出る為の練習時間を作る為に、日々の家事をからくり仕掛けでオートメーション化するんだけども、子供も旦那もまるで気が付かないという皮肉な描写が活かす。ラストは、日々のルーティンに埋もれて留守にしていても気付かれなかった専業主婦のメスブタ(文字通り)が活き活きとして歌う姿を見せつけ、子供たちも旦那も今まで観た事がなかったロジータの姿に熱狂する。

ゴリラのジョニーは、ギャング団のボスの息子で犯罪稼業の跡継ぎになることを求められている青年である。ジョニーの話も、抑圧からの解放だ。ジョニーは本当は歌手になりたいのだが、親父はそんなことをを許さない。本当は別の事がしたいアメフト部のスター選手の話みたいな感じである。こっそりのど自慢大会の練習をしていたことが最悪の形でバレて勘当同然になるんだけども、ラストで素晴らしい歌を披露するジョニーの姿を見て、親父の心が動く。ゴリラならではの躍動感溢れる和解シーンが最高だ。

ヤマアラシのアッシュは、彼氏とロックバンドを組んでいる女の子。今まではロック歌手を気取る彼氏に合わせる形で自分を抑えていたが、のど自慢大会が原因で彼氏と別れ、傷心を糧に、最高のロック歌手へと変貌する。ロックな精神が、実際にトゲとして周囲の人に刺さりまくる描写が面白い。

ネズミのマイクは、人間的には糞野郎なミュージシャンである。別にのど自慢大会をきっかけに成長したりはしないが、ラストにそれまでの糞野郎っぷりを吹っ飛ばす才能を見せつけてくれる。悪人タイプの主人公は、何かしら尊敬すべき美徳を1つは持っているが、マイクの場合はそれが音楽なのだ。

ゾウのミーナは、歌の才能があるが、内気でみんなの前で歌えない女の子。ミーナの話は、言ってみれば自分の殻から周囲の人々によって引っ張り出される話である。ラストでオオトリを飾り、パワフルな歌声を披露する。

歌に関する幾つものドラマが、のど自慢大会というイベントを通じて1本に収束していく。ドラマも面白ければ、歌も最高。いうことなしの1本である。

ちなみに、借金に追われて潰れかけの劇場支配人のコアラのバスター・ムーンの話も好きだ。金持ちの息子で何もして無さそうなボンクラな羊のエディとのポンコツ相棒コンビで頑張る部分が楽しい。あと、期待されていなかった人たちが最高のステージを作り出して、町中を熱狂させるという全体的なストーリーもシンプルに最高である。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-04-05 18:29 | 作品・感想 | Comments(0)

【ドラマ感想】アイアンフィスト

c0325386_18410965.jpg

主人公のダニー・ランドは、10歳くらいの時に、乗っていた飛行機がヒマラヤで墜落。両親を失うも、運良く助かった彼は、付近に修道院を持っていたカルト教団に拾われ、15年間をそこで過ごした。やがてカルト教団の名誉ある警備員となったダニーだったが、ある日、故郷が恋しくなり、教団から逃亡する。

これは、カルト教団で15年に渡って洗脳を受けて育った為に、身体は大人、頭脳は子供となった哀れな青年ダニー・ランドが、ニューヨークに帰郷して巻き起こすドタバタ劇である。

なので、アイアンフィストというヒーローが活躍する話では全然なくて、それを期待して観ていると凄いイラつくんだよね。ダニーというある意味、カルト教団による洗脳教育の被害者の話だという前提が無いと観ていてキツい。主人公が、犯罪と闘うヒーローというより、犯罪の被害者であるというパターンは、ジェシカ・ジョーンズでも観られたモチーフである。ただ、ジェシカ・ジョーンズが、パープルマンに打ちのめされ、恐怖しながらも、最後には立ち向かいぶち殺したのに対して、アイアンフィストの場合は洗脳していた教団に対して別に立ち向かう訳でもないし、割と可哀想な人として周囲からも大目にみられるばかりで、カタルシスが無い。

個人的には、ダニーよりも、嫌な奴だけどめちゃくちゃ不幸で苦しんでいるウォード・ミーチャムの話の方がよっぽど面白いし、もっと見たい感じ。

アクションの面においても、カンフーはするんだけど、そこまで強くないという点が観ていてなんだかなーなポイント。能力も、滅茶苦茶集中すると拳にエネルギーを溜められるというだけなので、殆ど使えないに等しいという。大怪我したり、薬を盛られたりすると、直ぐに使えなくなるし、そもそも健康な時でさえ、ウルトラマンにおけるスぺシウム光線の方がまだ使用頻度高いんじゃないのというレベル。アイアンフィストの力が、ダニーの妄想じゃなかったという、証明くらいにしか役に立っていない感じ。

15年も修行しかしてなかった割に、糞雑魚なのも、観ていてがっかりするポイント。子供の頃から洗脳されていて馬鹿なのは仕方ないとして、戦闘力までその程度ってなんやねんと。

似たような設定(海難事故で死んだと思われていたが、5年後に修行して戦士になって帰って来た大企業社長の息子の話)から始まるアローの場合、武術の達人として帰って来た部分に凄い説得力があったので、その時点で熱かったんだけど(ムッキムキだし、役者の運動能力凄いし)、ダニーの場合はどうみても草食系男子って感じでヒョロヒョロだし、カンフーもそこまで強くないわで、微妙すぎるんだよな。とにかく恰好良く無いんだよ。

ネタバレになるが、最後の取って付けたような、ダヴォスの裏切りも、ドクターストレンジにおけるモルドの唐突な逆切れ闇堕ちみたいな感じで残念。




[PR]
by cemeteryprime | 2017-03-20 18:42 | 作品・感想 | Comments(0)

【書籍感想】悪霊にさいなまれる世界

悪霊にさいなまれる世界〈上〉―「知の闇を照らす灯」としての科学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

カール セーガン/早川書房

undefined

悪霊にさいなまれる世界〈下〉―「知の闇を照らす灯」としての科学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

カール セーガン/早川書房

undefined




どうして人は科学ではなくをオカルトを信じるのか、批判的思考を身に付けるのが如何に重要かという科学の重要性を啓蒙する本。思考停止に近い、科学万歳!みたいな本では無く、オカルトを信じることでどういう弊害が実際に起こっているか、起こって来たかという歴史や、如何にして科学的な思考の重要性を伝えるかという点をきちんと論じている。

オカルトを信じる人をボコる手段として科学を用いるのではなく、オカルトにすがってしまう人の境遇をきちんと考えて、思いやりを持って、相手の問題解決を手助けする姿勢で科学的な思考と手段の重要性を説かねば、相手を科学嫌いにしてしまうだけで啓蒙なんて出来ないという、単なる論破厨への批判は、なるほどなと思った。

あと、キリスト教もふくめ、宗教が大衆のオカルト的思考や、それに基づく愚行を増長させる形で加担してきた歴史を批判しているのも凄いなと。かなりスレスレの所まで踏み込んでいる感じ。

ちなみに上巻はこんな内容。

・パレイドリアについて

・異星人による誘拐について

・政府の隠蔽について

・悪霊と妖精と異星人に関する体験談の類似性

・記憶の改竄されやすさについて

・セラピストと患者の危険な関係について

・存在しない物の証明について

・トンデモ話の見破り方について

下巻はこんな内容

・メディアがトンデモ話に加担してきた歴史

・科学的事実と主義思想の違いについて

・宗教と科学の折り合いについて

・科学者の罪について:エドワード・テラー

・懐疑主義の適切な運用に関して

・科学のすばらしさを広める方法について

・政治と迷信:キリスト教と奴隷制

・無意識に囚われているオカルト的思考について

・基礎科学が軽視されてきた歴史について

・魔女狩りについて

・科学(懐疑主義)と権力の対立について

・人間は同じ過ちを繰り返すという前提について

・アメリカにおける自由の意味について


[PR]
by cemeteryprime | 2017-03-04 12:43 | 作品・感想 | Comments(0)

【アニメ感想】新機動戦記ガンダムW

何となく懐かしさから観てみたが、全然内容覚えてなかった。

地球に侵略されつつある5つの宇宙コロニーから、同時期に5人の少年兵がテロリストとして地球に送り込まれる。一方、地球では地球連邦の中核を担っている、軍産複合体と貴族のイメージがごっちゃになった感じの軍閥勢力OZがクーデターを計画していた。・・・という、設定がなかなか面白がったが、途中でグダグダになったり、過去のガンダムの焼き直しになったりしてしまった。

でも、割と洗脳されてた少年兵が勢力図の変動なんかで、正義の方向性を見失って、戦う理由を探して放浪するというストーリーは良かった。

どうでもいいけど、市民の犠牲になんの躊躇もないレディ・アンが、唐突に二重人格化して善なる指導者になる辺りは意味不明だった。元の冷酷な鬼女キャラを全うさせればよかったのに残念。

あとメカデザインが結構好き。トールギスからのリーオーとか、ヴァイスエイト&メリクリウスからのビルゴとか。試作型⇒量産型のバランスが良い。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-02-08 19:27 | 作品・感想 | Comments(0)

【映画感想】ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち

c0325386_17405481.jpg
観て来た。最高に楽しい映画でした。奇妙で、不気味で、楽しくて、幻想的。ファンタジー映画はやっぱりこういう、魔法に掛けられた気分を体感できる作品でなくっちゃいけないなと改めて思った。

ストーリーがどうこうとか、ビジュアルがどうこうというより、とにかく豊かなイマジネーションをぶつけて楽しい気分にさせてくれる映画なので、観に行くべし。お勧めです。

大雑把なあらすじとしては、おじいちゃんがある日、奇怪な死に方をする(目玉をくりぬかれて死ぬ)。その死に方や、事件現場で目撃した怪物の存在などから、おじいちゃんがかつて怪物と戦っていたという話やその他諸々の信じられないような不思議な話の真相を確かめたくなった主人公は、おじいちゃんが子供の頃にいたという、変わった子供たちが集められた養護施設に向かう。そこは異能を持った子供たちを保護するシェルターであった。そして、そこにサミュエル・L・ジャクソン率いる悪の異能者軍団が攻め込んでくる・・・。みたいな感じ。

個人的な見どころとしては、ホローっていう怪物が、完全にスペクトラル・ハンターな所(クトゥルフ神話TRPGネタ)。これを観たら、シナリオにスペクトラル・ハンターを出したくて仕方が無くなるはず。あと、TRPGで別に中世が舞台って訳でも無いのにクロスボウの射程を大型、中型、小型に分けて細かく載ってたりするシステムがあるけど、クロスボウとか使う場面なんかあるのかよと思ってたけど、この映画観たら、クロスボウって素敵!って思えた。

[PR]
by cemeteryprime | 2017-02-07 20:40 | 作品・感想 | Comments(0)

【アニメ感想】攻殻機動隊SAC

c0325386_17051620.jpg

エクリプス・フェイズの参考作品の1つに上がっていたので、今更だが攻殻機動隊SACと、SAC:2ndGIGを観た。ネトフリで観れる。

ザ・SFって感じの世界観やガジェットが色々登場して、なかなか面白かった。原作知らんから、電脳化が、実際にどういう処理なのかが分からんかったが、脳に情報通信端末みたいなのを接続してるとかそういう事なのかな?

シーズンを通して笑い男事件を追いかけつつ、色んな小話を挟んでいく連ドラ形式も良かった。タチコマが進化していく話が好き。

シーズン2は、割と似たような話だった上に、ごちゃごちゃと御託が多くなっちゃって、シーズン1と比べると微妙だった。単なるお約束なのかもしんないけど、トグサの役回りも似たような感じだし。割とどうでも良いポイントだが、クゼの資金稼ぎ方法(小数点以下の端数を盗むやつ)が、スーパーマンⅢの奴やん!ってなってちょっと笑った。ハイテクどころか、80年代の手法やぞ!

シーズン2はラストで、笑い男が協力してくれないのは納得がいかなかったな。何のために冒頭で登場させたんだよという。唐突にタチコマの母艦衛星で特攻させる意味も分からんし。データ移すとか、バックアップ取るとか、何とでも出来るだろうに。という感じで、話自体がすげー面白いというかは、世界観ありきで面白い感じ。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-02-01 19:02 | 作品・感想 | Comments(0)

【映画感想】ドクター・ストレンジ

c0325386_17381728.jpg

マーベル映画、ドクターストレンジを観て来た。評価としては、そこそこという感じ。映像が凄い!とか、カンバーバッチとマッツが最高!みたいなのを置いとくと、話自体は微妙としか。

傲慢な天才外科医の医者のストレンジ先生が、雨の日に調子に乗ってスマホを弄りながら運転をしてたら事故で両手がグチャグチャになってしまう。両手を治療して、外科医に戻るんだと、保険の効かない馬鹿みたく金の掛かる最新手術を試しまくるも、両手は治らず一文無しに。そんな時に、スピリチュアルな感じで奇跡の復活を遂げた元半身不随患者の話を聞いて、駄目元で魔法使いに弟子入りするしかねぇと、ヒマラヤへ。

みたいな話。なんかこう、いちいち締まらないというか、お手軽感に溢れててあまり燃えないんだよな。道士への弟子入りも、門の外で5時間も待ってたから仕方ないから弟子にしたろかとか。三日間、雨の日も雪の日も死にかけながら土下座して弟子入りを志願するくらいしろよみたいな。


あと、敵のマッツがいまいち強くないし、残虐でも無いという。悪の魔術師なんだったら、もっと正気度が0になって、心臓を抉り出して邪神に捧げるくらいの暗黒の儀式とかやれよなとか。挙句の果てには、ラスボスの邪神が拍子抜けレベルのポンコツだったり。この監督のフッテージっているホラー作品は結構面白かったので、その辺のスキルとかもっと活かせば良かったのに。


正直、同じ魔法使い物ならハリーポッターとか、最近だとファンタスティックビーストもそうだけど、そっちの方が、魔法表現がスタイリッシュでアクションも良い感じなんだよな。尚且つ、イギリスのファンタジー感がちゃんと出ているという。

一方、ドクターストレンジは、良くも悪くもアメリカンな魔法感というか、こう魔法というよりは、ヒッピー文化なLSDによる幻覚的イマジネーション世界の延長戦になるような感じで、あまり好きにはなれない。正直、アメリカの映画とかドラマとかアニメとか見てると、万華鏡的なLSD風の表現とか、程度の差はあれど、すげー陳腐というか、またかよみたいな印象しかない。レトロアメリカな世界観の作品ならともかく、2000年代でLSDと感覚遮断水槽は禁止にして欲しい。

あと、修行の舞台がヒマラヤの寺院なのに導師が、ケルト人なのも何でやねんとしか。ドルイドじゃねーか!それならもう、インディアンのシャーマンに弟子入りして、マジックマッシュルームでも齧ってたら良かったんじゃないのか!

で、ストーリー的には、ストレンジ先生が一応、魔術師見習いになりましたよ、お終いといった感じ。ストーリー的にもの足りないのは、敵があまり怖くないしポンコツすぎたというのもあるんだけど、いまいちストレンジのドラマが薄いというのもある。傲慢な外科医っていうのも、冒頭に電話でしょーもないオペを断りまくって調子に乗っているっていう程度の表現だし、何となく成り行きで魔法使いになってラスボスを撃退したものの、別に何か成長してヒーロー道に目覚めた感じも無いし。あと、魔術で両手を治せないっぽいのも、いまいち理屈が分からんし。

どうせなら、両手を魔術で治せて、外科医として復帰できる状態になった上で、それでも魔術師として社会に奉仕する道を選ぶみたいな、そういう選択を見せて欲しかったなとか。貧乏な人の、しょうもない病気もちゃんと治療してあげる、地元密着型のドクターになるとか。そういう成長を見せて欲しかった。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-02-01 18:37 | 作品・感想 | Comments(0)

【映画感想】ザ・コンサルタント

c0325386_17370843.jpg

ザ・コンサルタント観て来た。原題はコンサルタントじゃなくて会計士。タイトル通り凄い会計士の話。面白かったです。

イコライザー的な、舐めてたオッサンがヤバかった系のジャンル映画かと思いきや、予想外にハートフルなほっこり映画だった。確かに内容的には、世界の犯罪者たちから依頼を受ける裏社会の凄腕会計士が、たまたま表の企業の仕事を請け負ったら命を狙られたのので、実は戦闘能力も高いので舐めてる敵を逆にぶち殺すというジャンル映画的なものなんだけども…。

この手の映画にお馴染みの、胸糞悪くなるような悪漢が出てこないのよね。そして登場人物はだいたい良い人という変わったバランス。その辺のギャップがちょっとしたギャグになってすらいる。

ネタバレしてしまうと、主人公を殺しに来た傭兵集団のボスが主人公の弟だったという。普通は最終的に因縁の対決になるのかと思うんだけど、最後の最後に顔合わせて「あれっ…兄貴じゃん!?」「弟じゃん!?」ってなって、それまでの対立とは関係なく、普通に兄弟喧嘩をした後、仲直りして終わりという。弟はターゲットの写真とか貰ってなかったんかよ!先に気付け!

とりあえず、銃撃戦してたのに、急に普通の殴り合いの兄弟喧嘩をしはじめた様子を混乱しながら見守っていた弟の依頼人が最高でした。

主演のベン・アフレックは元デアデビルで、ジョン・バーンサルはドラマ版のパニッシャーだしで、すわデアデビルVSパニッシャーかと思いきや、別にまともに戦わなかったという。バーンサルは、クズな悪党役もよくやっているイメージがあって、今作でも悪漢っぽさを出してるんだけど、どことなくすげー弟感も出ていて、役者って凄いなぁと思いました。色々と気を使って損な役回りが多くてちょっとグレちゃった感じ。

ヒロインのアナ・ケンドリックをはじめ、JJジェイムソンの人とか、ザ・シューターの捜査官の人とか、好きな俳優さんだらけで良かった。

どうでも良いけど、ヒロインが貰ったポーカーをする犬の絵をいきなり破り捨てるのはどないやねん感があった。まぁ、破りそうなキャラだったけど。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-01-23 18:36 | 作品・感想 | Comments(0)

【ドラマ感想】X-ファイル 2016

c0325386_21143983.jpg

正直いって微妙。X-ファイルという神話をリランチしたいんだか、単なるネタ切れからのリバイバルなんだか。

X-ファイルという世界においては、エイリアンも超常現象も超科学あるんだよというのが常識になっている。そのせいで、スカリーは普通の人からみたら初期のモルダーレベルにはヤバい人になってるし、モルダーはさらに極端になってもはや基地外レベルに達しているのである。シーズン9の続きとして観たらまた印象は違うのかもしんないけど、新ドラマとして観るとこれは取っつきにくいというレベルじゃない。しかも今回、当たり前の様に1話目からエイリアンやらUFOが登場する。

陰謀もエイリアンとタッグを組んだ影の政府の陰謀説から、エイリアンを利用した影の政府の陰謀でしたという感じにシフト。正直、影の政府が地球支配を目論んでいるとか言われても全くピンとこないんだよな。説得力が無さ過ぎて…。いつの時代のフィクションだよと。

新たな陰謀の進行を実感する間もなく、唐突に全米が大ピンチな展開も付いていけない感じ。更にたった6話なのに、ギャグ回が2話も入っているのでギャップが酷い。ついこないだモルダーがマジックマッシュルームを極めて踊りまくってたのに、今回は急に死にかけてるやん!みたいな。陰謀サイドの黒幕としてスモーキングマンとか性懲りもなく出てくるけど、もう完全にボロボロの要介護老人状態で黒幕としてのオーラが無さ過ぎるのが酷い。辛うじて生きてるゾンビ状態だから暗躍するまでもなく、ほっときゃ死にそうという・・・。

個人的に好きだったのは、都市伝説系ホラーなトラッシュマンの話。でも、新シリーズの顔みたいなエピソードだなと思ったのは、完全ギャグ回なトカゲ男の話。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-01-18 21:18 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(109)
(44)
(27)
(24)
(21)
(18)
(17)
(16)
(13)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月