blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【ゲーム感想】ポケットモンス..
at 2017-10-15 23:22
【TRPG】システムを考えてみる
at 2017-10-11 01:52
【クトゥルフ神話TRPG】気..
at 2017-10-10 23:26
【ドラマ感想】ルーク・ケイジ
at 2017-10-03 19:55
【雑記】カインとアベルの話
at 2017-10-03 18:43

カテゴリ:作品・感想( 145 )

【ゲーム感想】ポケットモンスタームーン

もうそろそろポケモンウルトラサン・ウルトラムーンが発売されるよというタイミングで、クリアすることなく放置していたポケモンムーンを再びプレイしてみた。

放置の理由

去年の11月くらいに買ってちょっとだけプレイしたいたのだが、ポケモンというよりキャラクタードラマを前面に出しまくったストーリー色の強い本編シナリオにいまいち馴染めずあえなく放置となっていた。ちょうど、ウルトラビーストとの初遭遇あたり。

再度プレイしてみた所、シナリオも終盤ということもあってか、登場キャラクターがメインキャラのみに限定されてきていて、割と楽しめた。…というか、終わってみたら、シナリオの読後感が恋愛ゲームのそれに近い感じで、むしろ良かった。この辺りは後で改めて後述しよう。

なので、序盤のノリに馴染めずに投げ出したくなった人も、何とか最後まで踏ん張れば、あれ?むしろ良かったかもと思えるという事だけは教えておこう。

ゲームシナリオの特徴

今作のシナリオはかなり特殊だ。この例えで分かるかどうかは不明だが、主人公の役割がマッドマックス:怒りのデスロードにおけるマックスに近いのだ。主人公自身も成長するんだけど、どっちかというとストーリー上の役割は、主人公というより、主人公の導き手なのである。

前半部をプレイしたのは去年なので、記憶は曖昧だが、ザックリいえばこんな感じの話である。

修行の旅に出かけた主人公は、リーリエという少女にであう。少女は逃亡者で特別なポケモンを保護して、組織から逃げ出して来た。主人公とリーリエは行動を共にし、主人公の冒険に付き添う事で、リーリエは徐々に成長していく。

そして、リーリエは逃げるのを止めて追跡者であり今作のボスである母親へと立ち向かう。しかし、既に神話生物の精神汚染によって闇堕ちしていた母親は、異次元へ。母親を救うために主人公とリーリエは、異世界への扉を開く伝説ポケモンの力を求める…。

みたいな感じで、基本的にはリーリエというメインヒロインの成長の物語なのである。リーリエはひたすら主人公を頼ってリスペクトしてきて、冒険を通じてどんどん感化されていくので、どうしても最後には好感度MAXなヒロインとして成立するのが素晴らしい所である。

RPGにおける主人公の無個性問題とドラマ性の低さ問題に対するポケモンの回答がこれなのだ。そして、最後は成長したヒロインが、主人公の様なポケモントレーナーになることを決意して、旅立っていくのである。出会いと成長と別れ…。なので最後は、しんみりとした、恋愛ゲームの様な読後感があるという訳なのだ。クリア後のエンディングロールも泣かせに来ていて憎い。

新要素に関するあれこれ

今作には、服の購入だとか髪型の変更だとかのキャラクリエイト機能が以前に増して追加されている。シナリオ中、基本的にはこれのせいで常に金欠だった。とりあえず、今のキャラの外見はこれだ!見よ!

c0325386_23203781.jpg
c0325386_23204073.jpg

童貞を殺す服。

c0325386_23204330.jpg

ただ個人的な不満点としては、髪型とか髪色とかが

割と実在の人種ベースになっていて、もっとアニメキャラっぽい髪型とか髪色とかがあっても良いんじゃないのかという点。ツインテールすら解禁されるのはクリア後である。一応主人公だってポケモン世界の住人なんだからさぁ!次作で改良して欲しい。

対戦要素に関して

今作で一番の進化は対戦ゲームとして格段に遊びやすくなった点では無かろうか。発売当初は無かった気がするが、今はなんと、QRレンタルチームというシステムが存在している。

これは、QRコードを使って他人のパーティをレンタルするシステムで、要は他人のポケモンで、対戦だとかバトルタワー(今作ではバトルツリー)を遊ぶ事が出来るのである。

QRコードはポケモングローバルリンクにアップロードできる様になっていて、使われているポケモンとかで色んなレンタルパーティを検索できるようになっている。全国大会の優勝者のパーティーだとか、ゲーム実況者のパーティーだとかを使って遊べるのである。

これだとガチな育成が面倒臭くて嫌いという人でも手軽に対戦で遊べるし、育ててみたいキャラとか技構成を実際に使ってみて試遊する事も出来るのである。

ついでに、個体値の厳選だとかその辺も今まで以上に楽になっている。色々テストプレイした上で、育てたくなったら育てるみたいなバランスになっているのが素晴らしい。とりあえずシナリオはクリアできたので、今はレンタルパーティでBPを稼いでいる。久々に新ポケモンの育成もしてみたいところだ。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-10-15 23:22 | 作品・感想 | Comments(0)

【ドラマ感想】ルーク・ケイジ

c0325386_13570590.jpg

ネットフリックスのルーク・ケイジを最近また観返した。以前に観た時に特に感想を残していなかったので、改めて感想を書いておこう。

まず最初に言えるのが、ルーク・ケイジは傑作だという事である。正直アイアンフィストとディフェンダーズを続けて観たせいもあって、ネットフリックス版のマーベルドラマは微妙だったのでは?みたいな変な印象の上書きが発生してしまっていたのだが、ルーク・ケイジを観返したことで綺麗に払拭された。

王道のてんこ盛り

改めて観返して気付いたのだが、ヒーローの王道が沢山盛り込まれている。

まず、ルークがヒーローとして戦うことを決意する過程だが、叔父さん的な人物が、ルークが正義を成さなかった怠慢のせいで死んでしまうのである。『大いなる力には大いなる責任が伴う』ことをルークに伝えて叔父さんは死ぬ。これは完全にスパイダーマンである。

また、クライマックスは、ルークに嫉妬して執着する邪悪な異母兄弟である宿敵との肉弾戦だ。ラストが肉弾戦というのは、漢のアクション映画の基本中の基本だ。敵が兄弟的な存在というのも王道的な展開である。更に、このクライマックスの肉弾戦は観衆に囲まれた中で行われるので、更に熱い。

観衆の輪の中での肉弾戦は、猿の惑星:新世紀のクライマックスが記憶に新しい。猿の惑星の場合は、人間に愛されたシーザーと人間に虐待され憎んでいるコバという2匹の猿が観衆の見守る中で殴り合って決着をつける。更に、その前作の猿の惑星:創世記において主人公のシーザーは、悪くないのに刑務所に放り込まれて苦しみ、最終的に脱獄するという話が描かれる。ルーク・ケイジもまた無実の罪で投獄されて、悪い看守にファイトクラブ的な事をやらされた挙句に人体実験の被験者となって超人化して脱獄する。

どちらも虐げられたモノの戦いというテーマが似ているからか、共通点が多い。

あと、ヒーローから一転して犯罪者の汚名を着せられて警察に追われる展開だとか、それでもルーク・ケイジを信じた町の人達に支えられる展開だとかは、ヒーローらしいエピソードとして最高だ。

近所の頼れる男

ルーク・ケイジは、デアデビルの様なマスクの孤独なヒーローでは無く、素顔で活動する町の一住民であり、町の人達に支えられているヒーローであるという点は、ルーク・ケイジの大きな魅力の1つだろう。

ルーク・ケイジの敵の1人は、善人面をして町の人達を食い物にする地元出身の政治家(黒人女性)である。彼女はルークを町の敵に仕立てようとする。町の人々に支持されるヒーローという点ではルーク・ケイジには政治家的要素もあるのかもしれない。まぁ、ルークに政治は出来ないんだけども。

ルーク自体は流れ者だが、舞台であるハーレム地区の住人たちは、殆どの人間が顔見知りで相手の父親や祖父母の名前まで知っていたりする。ルークは、そんな密度の濃い町だからこその、助け合い精神に組み込まれたヒーローなのである。ルークは、ヒーローとして活動する前は町の名物的な散髪屋の親父に雇われて清掃人として働いている。だから、町の人達も、「ルーク・ケイジなら知っている。あの散髪屋で働いていた真面目な兄ちゃんだろ?」という風な形でヒーローでは無い町の住民としてのルークを最初から知っていて、だからこそ支持するのである。

そこには、理念で見ず知らずの人の為に戦うヒーローとはまた違ったヒーロー像がある。近所の頼れる男なのである。

黒人ヒーローである

ルーク・ケイジは黒人ヒーローとしての要素も大きい。マーベルには他にも黒人のヒーローはいる。ウォーマシンやファルコンも黒人だが、彼らは単にアフリカ系というだけで、黒人市民のヒーローという要素は無い。一方のルーク・ケイジは、明確に黒人市民の一人であり、彼らを守るヒーローとして描かれている。

こうした要素は特に警官の描写において分りやすい。別に警官を悪役として描いている訳では無いが、黒人への警官の暴力問題がしっかり描かれている。

フードを被ったルークに職質をかけた警官が、丸腰のルークにビビって背中から発砲するも弾が弾かれて、ぶん殴られて何メートルも吹っ飛ばされてパトカーの車載カメラに激突するシーンがあるが、これは無実の黒人を一方的に射殺している様子がパトカーの車載カメラに残っていてそれが流出したりする映像のへの明確なカウンター表現だろう。また、ルークが指名手配された際に、ハーレム地区の黒人たちがルークとの関係を疑われて一方的に乱暴に逮捕されまくるシーンもある。

また、こうした黒人は悪いことをしてなくても、些細な事で警官に撃たれるという現実があるからこそ、ルーク・ケイジのそこまで珍しくもない防弾の肌を持つというスーパーパワーは、特別な意味を持って来る。ルークは警官に撃たれても死なないのだ。でも、だからこそ警官たちは余計にルークを恐れるというジレンマも描かれている。

ヒーローが求められる社会においては、警官が機能不全で頼りにならない社会であることが多い。バットマンやデアデビルの世界では、警官はマフィアとのズブズブの癒着で犯罪者の手先に近かったりする。でも黒人社会の場合は、警察に汚職が蔓延してなくても、警官に撃たれるという問題があるのだ。

ただ、先にも述べた様にルーク・ケイジでは警官を単に悪として描いている訳でもない。善玉の刑事も仲間にいるし、何より黒人社会における犯罪率の問題もきちんと描いている。彼らの多くは父親が刑務所にいたりして、父親を知らないまま育っている。身近に模範となる大人としての父親がいないという、ハーレム地区の問題は度々嘆かれていて、ルークはそうした模範となる事が求められたリもする。

父親不在の社会

父親がいないというのは、目立たないが実はルーク・ケイジという作品の1つの大きな特徴にもなっている。唯一父親っぽいのが、ルーク・ケイジがヒーローになるきっかけを作って死ぬ散髪屋のおじさんなのだ。

父親がおらず犯罪に走り犯罪の犠牲となる少年たちが描かれ、宿敵一人であるコットンマウスはおばあちゃんに育てられた男だし、ルークの異母兄弟で宿敵のダイアモンドバックも父親に愛されなかった男である。ルーク・ケイジとダイアモンドバックの父親は、徹底して影が薄く、牧師ではあるが浮気でダイアモンドバックという庶子を設けた上で彼を認めず因縁を作った諸悪の根源とも言うべき存在である。それに作中に出て来るタフなキャラは女ばかりで男はたいてい暴力的なチンピラなのである。

獄中の父親

では、父親たちはどこにいるのだろうか。恐らく、犯罪に巻き込まれて死んだか、刑務所にいるのが殆どなのだろう。ルーク・ケイジ自身、冤罪とは言え脱獄囚なので前科モノである。脱獄囚なので、ルーク・ケイジという偽名を名乗っているのだ。

刑務所にいたことがあるという過去がバレることを恐れヒーローを止めようと考えるルークに、仲間がこの地区の住人はみんな家族の誰かしらが刑務所にいたことがあるから、そんな事は気にしないで良いと諭すシーンがあるのが印象的だ。ルーク・ケイジは冤罪ではあるが、刑務所帰りのブラザーなのである。

そんな感じでルーク・ケイジはストーリー的には王道のてんこ盛りだけど、ヒーローとしてはかなり異色のキャラなのである。面白いので、ぜひ観て欲しい。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-10-03 19:55 | 作品・感想 | Comments(0)

【TRPG感想】メイジ:ジ・アセンション

メイジ:ジ・アセンションという魔術師をロールプレイするTRPGがある。またざっと目を通しただけだが、キャラクター表現の為のシステム部分が面白いので紹介してみる。

性格のアーキタイプ/本性と外面

アーキタイプはキャラクターの性格や行動原理を具体的に表す為のシステムで、30個あるアーキタイプの中から本性と外面をそれぞれ1個ずつ選ぶ。

アーキタイプは、一匹狼だとか陰謀家とか狂信者みたいな感じで名前がついていて、簡単な性格の説明に加えて、それぞれ強みと弱みが分かりやすく設定されている。例えば、一匹狼だと強みは独立独歩の精神で、弱みは思いやりの欠如という感じ。これだけだと単に説明に過ぎないが、面白いのは各アーキタイプにMP的なリソースを回復させる為の独自の方法が設定されている点だ。

一匹狼の場合は、『自力で何か大きなことを達成した時。特にそれが自分の属するグループの活動に貢献した時。』というのが条件になっている。マゾヒストの場合は『これまで経験したことのない方法で自分を極限状態に追いつめ、新たな苦痛の形を知った時。』が条件。

一匹狼キャラの場合は、一匹狼っぽい行動をすることでMPを回復させることが出来る訳である。ロールプレイを支援するシステムとしてなかなか面白い仕組みだ。こういう仕組みがあると、システム的な恩恵があるので、慣れていないプレイヤーでもロールプレイがぶれ難くなるはずだ。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-09-18 13:27 | 作品・感想 | Comments(0)

【アメコミ感想】アイデンティティ・クライシス

c0325386_22343887.jpg

今更ながらにアイデンティティ・クライシスを購入。滅茶苦茶面白かったので結果的には買って正解だったのだが、購入はちょっと迷ってしまった。というのも、購入前にレビュー等を参考にしようと思ったのだが、ミステリー要素のある作品な事もあって、ネタバレ回避の為に肝心な面白い部分が伏せられているレビューばかりだったからである。

最終的には買ったが、それは小説家が脚本を書いたまとまったシリーズなので、それなりに完成度の高いストーリーだろうという判断だ。判断は正しかった。

でも、まだ購入を迷ってレビューを探している人もいるかもしれない。発売後かなり経っているので、敢えて完全なネタバレと感想を書いておく。

オビの文句

あらゆるヒーローに共通する最大の弱点。それは、家族や友人、愛する者の存在である。故に彼らは正体を隠し、悪と戦い続けて来たのだ。そうすれば、愛する者を守れると信じて。だが、ある殺人事件をきっかけに、その期待は脆くも崩れ去る…。数々のベストセラーで知られる小説家ブラッド・メルツァーが脚本を手掛けた問題作、ついに邦訳!

ちなみに上記が帯の売り文句である。それなりに興味を惹かれる問いかけ。それに、ブラッド・メルツァーという小説家を知っていた人なら購入すること間違いなしである。

あらすじ

事件はスー・ディブニーという女性の殺人事件から始まる。スーはエロンゲイテッドマンというヒーローの奥さんである。エロンゲイテッドマンはJLAの古参メンバーで、正体を世間に公表している人物でもある。二人はおしどり夫婦として知られていて、それ故にスーもJLAのメンバーとの付き合いが長く、名誉メンバーとも言われている。そんなスーがJLAの持つ技術力が流用された厳重なセキュリティが敷かれていた自宅で殺害され、死体は半身を焼かれた無残な姿で発見された。葬式には多くのヒーローが集まった。

侵入方法も不明で焼き殺されたという状況しか分からなかった為、ヒーローたちは、取り合えス炎を操るヴィランや、テレポート能力を持つヴィランをリストアップして容疑者として捜査する。しかし、エロンゲイテッドマンを始めとする一部のJLAメンバーは、何故か標的をドクター・ライトというヴィランに絞って秘密裏に行動を開始する。ドクター・ライトというキャラは、ティーンタイタンズという若者チームの敵キャラとしてよく登場する間抜けな三流ヴィランだった。

ヒーローたちの秘密

エロンゲイテッドマンたちが、ドクター・ライトをこっそりと追いかけた事情には、ある過去の秘密が関係していた。今でこそドクター・ライトは間抜けなヴィランとして認識されているが、当初は極悪非道な犯罪者だった。そしてドクター・ライトは過去にJLAの基地に侵入し、その場に居合わせたエロンゲイテッドマンの妻スーをレイプした事があったのだ。この事件に居合わせた一部にヒーローたちは、ドクター・ライトへの処遇を巡って揉めた。ヒーローの家族に危害を加える人間を放置すれば、家族が狙われ続ける事になる。

最終的にエロンゲイテッドマンは記憶を消した上で、更にロボトミー(脳を弄る)処置が施される事になった。そして、人格が弄られたドクター・ライトは間抜けな三流ヴィランとなったのであった。この明らかに人道的に問題のある処置は、その場に居合わせたメンバーだけの秘密となった。そして、その後もメンバーは自分や仲間の正体や家族の秘密が漏れた際には、ロボトミーをする事は無かったものの、ヴィランの記憶を抹消するという事後処理は毎回していた。彼らは家族を守る為にやれることは全てやっていたのであった。

そうした過去があったので、エロンゲイテッドマン率いる秘密を知る当時のメンバーは、ドクター・ライトが何かのきっかけで記憶を取り戻し、復讐したに違いないと考えたのだった。

この行動が切っ掛けで、秘密は他のJLAメンバーたちの知る所になった。しかし、結局ドクター・ライトは犯人では無かった。

2の事件

そんな中、新たな事件が発生する。被害者はアトムというヒーローの最近離婚した相手のジーン・ローリング。ジーンとアトムの関係は公表されていて、離婚は新聞記事にもなっていた。

ジーンは電話中に襲われ、首を吊るされるが、原子レベルにまで縮める能力を持つアトムは、電話回線を使ったワープ能力で現場に急行し、ジーンは一命を取り留める。ジーンの部屋もまた、スーの部屋と同じく最新式のセキュリティで守られていたはずだった。

ロープで絞殺という犯行手口からスプリットノットというロープが武器のヴィランが新たな容疑者となるが、彼はその時刻、服役中でアリバイが成立していた。

そしてスーパーマンの恋人ロイス・レーンの元にも犯人からと思われる脅迫状が届く。ロイスの夫であるクラーク・ケントの正体がスーパーマンである事は公表されていない情報だった。

第3の事件

ヒーローの家族が襲われる事件が続き、ヒーローたちは不安に怯える家族を安心させる為に、そばにいるしかなかった。三代目ロビンのティム・ドレイクもその一人で、最近父親にロビンである事が発覚していた。ティムはまだ16歳であり、父親はロビンとしての活動を快く思っておらず、事件のせいで余計に神経質になっていた。

しかし、父親なので正義の為に戦おうとするティムを頭ごなしに止める訳にもいかなかった。ティムは事件の早期解決に向けて、父親を遺してパトロールへと出かける。

そんな家に残された父親の元に何者かが拳銃を差し入れる。そこに、キャプテン・ブーメランというヴィランが現れて襲い掛かって来る。ティムの父親はその拳銃でキャプテン・ブーメランを射殺するが、死に際のブーメラン攻撃によって殺害されてしまう。

事件の真相

腑に落ちない点を多く残しながら、一連の事件の犯人はキャプテン・ブーメランの仕業という形に落ち着きかける。しかし、名探偵バットマンの目は誤魔化せなかった。

スー・ディブニーの徹底的な検死の結果、本当の死因は脳梗塞であることが分かった。脳梗塞で死んだことを隠す為に死体は焼かれたのである。さらに、脳の血管を調べるとそこには、ミクロな足跡が残されていた。脳内の血管に侵入可能で、更に電話回線を伝って密室に侵入できる人物…それはアトム以外に考えられなかった。しかし、アトムには動機が無かった。

やがてバットマンは犯人に気付く。アトムの縮小化装置を使用することができ、尚且つ一連の事件を起こして得をする人物。それは…ジーン・ローリングだった。一連の事件によって、ヒーローたちは家族を守る為に、普段は平和を守る為に二の次にしがちだった家族の元へ帰っていたのだ。ジーンは、アトムが助けに現れて命を救った事が切っ掛けで、昔の気持ちが戻って関係が改善され、ヨリを戻していた。

ジーンは殺すつもりはなく、脅かすつもりだけだったと話す。スーの死は事故であり、ティムの父も殺すつもりはなくその為にわざわざ三流ヴィランのキャプテン・ブーメランに襲わせたと。

感想

メインプロットに関して、完全にネタバレをしたが、この作品の場合、こうしたメインプロットを取り巻くキャラクターたちのドラマが重厚で素晴らしいので、是非ともその辺はコミックを買って確認して欲しい。キャプテン・ブーメランにしても、事前に親子のドラマが描かれていて、最後に軽く使い捨てにされて死んでしまったのが凄く悲しいのだ。三流ヴィランにも家族はいるのである。

テーマは、人は愛する人の為ならどんなことでもする。であって、これはエロンゲイテッドマンたちが過去に犯した罪や、犯人であるジーンの動機でもある。アイデンティティ・クライシスは、ヒーローやヒーローたちの身内による愛ゆえの犯罪を描いているのが面白い。だからこそ、色々なキャラクターの家族を巡るドラマが沢山描かれていて素晴らしい作品になっているのである。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-09-09 22:36 | 作品・感想 | Comments(0)

【映画感想】デスノート

c0325386_00212648.jpg

ネットフリックスのオリジナル映画として作られたデスノートのリメイク作品。

あらすじ

主人公のライト・ターナーは刑事の父親と二人暮らしの高校生。母親を犯罪者に殺されているが、犯人は陪審員を買収して無罪を勝ち取ったという過去を持っている。それ故に逮捕しながらも犯人を捌けなかった警察と父親を軽蔑していて、犯罪者が野放しになる法制度も信じていない節がある。

ライトはそれなりに頭は良いのだが、社会への反骨精神からか宿題代行をやっている。ある日、ライトは嫌がらせをしている粗暴な不良を咎めた結果、ボコられてしまう。そしてボコられた被害者であるにも関わらず、校長は面倒臭そうな校内暴力をスルー。ライトの持ち物から発覚した宿題代行だけを咎めて来る始末。取り締まり易そうな不正だけを突っつき、真の悪党が野放しになるのは、社会でも学校でも同じだった。

そんなライトがある日、デスノートを拾う。宿題代行の件で居残りさせられていたライトの前に、死神リュークが姿を現す。嘘か本当か、試しにライトは、件の不良生徒の名前をデスノートに記入する。死因は首チョンパ。すると、まるでファイナル・ディスティネーションが如く、不幸な偶然の連続が発生し、死のピタゴラスイッチで不良生徒の首がチョンパされるのであった。

デスノートの力を確信したライトは、ノートを使って母親を殺したマフィアを殺害する。そしてデスノートを使って犯罪者を裁いていくことを思いつく。

感想

漫画版のデスノートは、若者が恐ろしい超能力を手に入れて暴走し最終的に破滅するピカレスクストーリーで、ライバルである正義の探偵のLとの頭脳バトルがメインの作品であった。正体がバレるかバレないかという駆け引きは、長期連載向きではないものの、緊張感があって週刊連載向きの良いギミックだったなと思う。

一方、今回のリメイク版デスノートは初めから映画として作られたコンテンツである。なのでLとの推理合戦を楽しむ作品というよりは、デスノートを通じて変化する人間たちのストーリーを描く作品になっている。

それ故に一番の大きな違いとして、ライトもLもしっかり人間として描かれているという点がある。身内であるワタリを殺されて感情的になるLは、こんなのLじゃないやい!と批判されているのをネットなんかでは見かけるが、この違いはバトル的な攻防を見せる作品と、キャラのドラマを見せる作品の違いとしか言いようが無いだろう。

映画映えするデスノート

今作の一番の魅力は何といっても、デスノートにファイナル・ディスティネーション要素が加わった事では無いだろうか。死のピタゴラスイッチと形容される事の多いこの演出は、デスノートの様な不可解な力が働いて人を死に至らしめる力を映像で表現する手法としてはピッタリだ。

もしかしたら、このファイナル・ディスティネーション的な死神演出をデスノートでやろうという部分にこそ映画化の勝算があったんじゃないかとも思える。

結論

とにかく、キャラの描き方や結末も含めて、とても面白かった。なかなかの秀作という感じ。是非観てみて欲しい。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-08-30 00:25 | 作品・感想 | Comments(0)

【映画感想】ワンダーウーマン

c0325386_13195321.jpg

例の如く、死ぬほどネタバレ。

あらすじ

主人公のダイアナはギリシャ神話の時代から続いて来た女だけのアマゾン族が暮らす島の王女だ。島には、古代ギリシャの神々を滅ぼし共倒れになった戦争の神アレスがいつか復活した際は、平和の使者であるアマゾン族が倒すという伝承があり、ダイアナはそれを信じていた。


時代は第一次大戦の最中、ドイツ兵に追われたアメリカ人スパイのスティーブが島に漂着する。追撃して来たドイツ兵との戦闘でアマゾン族が数名死亡。ドイツ軍が開発した新型の大量破壊兵器の話を聞いたダイアナは戦争の神アレスの復活を確信する。アマゾン族の役目を全うする為ダイアナは、アレスを倒して戦争を終結させるべくスティーブと共に島を出るが…。


感想

かなりフェミニズム的な文脈でも宣伝されたり議論されていた映画なので、そういう映画なのかなと思って観に行ったのだが、案外そうでもなかった。確かにワンダーウーマンというキャラ自体は、そういうフェミニズム的な文脈で生まれたキャラでなんだが、この作品に関してはこれまで過去にあった戦う女性の映画と比べて特筆すべき何かがあったかというと特にはなかったと言わざるを得ない。女性が主役のスーパーヒーロー映画というだけだ。


ストーリーに関して

自然豊かで女性しかいない社会で育った戦う女戦士のダイアナが、スモッグまみれで女性の社会的地位が低い当時のロンドンにやって来る下りは、所謂ターザンが都会へ来るみたいな話でそれなりに面白かった。ただ、それ以降の展開はあまり主人公が女性である意味がないような気もした。


監督もインタビューで『第一次世界大戦当時の女性差別のシーンはあれど、主人公の性がどうこうというのが主題の作品ではありません』と話している。ワンダーウーマンというキャラ自体はフェミニズムの文脈で作られたキャラであり、フェミニズム要素への過度な期待や論争へ配慮したのかもしれないが、それにしたってあまりにも主人公が女性である点に意味がないのはいかがなものか。映画公開に向けてのマーケティングなどでもそういった論争が起こったりしていて期待していただけに、割と肩透かしを食らった形だ。


マル博士に関して

この作品にはドイツ軍で新型毒ガス兵器を開発している悪の科学者としてマル博士という女性のヴィランが出て来るのだが、このキャラの扱いが勿体なかった。

マル博士も、女性なのに前線で戦っている軍人であり、戦局を左右する最終兵器を作っていた、言ってみればスーパーウーマンである。本来なら正義のスーパーウーマンの対極としての悪のスーパーウーマンであったのだが、前述の様にこの映画の場合は主人公が女性である意味が薄いので、単なる悪に仕えるマッドサイエンティスト以上でも以下でも無い扱いをされていた。


例えば、ガスマスクを付けた性別不明のキャラにしておいて、クライマックスでマスクが外れて女性であったことが発覚して、まさか女性がこんな残虐な兵器を開発していたのかとダイアナが驚くみたいなシーンを入れていても良かったんじゃないのかとか。他にも、スティーブとのパーティー会場での接触シーンで、マル博士の正体を知らないスティーブが、美人の女性なので秘書かなんかだろうと見くびって、色仕掛けでマル博士の情報を引き出そうとして失敗するシーンなんかがあっても良かった。


アレスに関して

この映画のもう一つの良く無い点はアレスだ。軍神アレスが、蛮族系というよりは、こじらせた文系みたいなキャラだったのは意外性があって面白かったが、この映画の場合、アレスは登場させない方が良かったのでは無かろうか。


監督はインタビューで『本作は典型的な正義のヒーローが戦争という善悪がグレーな場所で正義をどうやって貫くのかを問われるのが大きな要素』と語っている。実際途中まではテーマに沿った形で素晴らしい。


戦争の原因は軍神アレスで、アレスさえ倒せば操られていた人間たちは目が覚めて平和が訪れるという夢物語を信じたダイアナが戦地に突撃していく話になっていて、スティーブからそうじゃないんだよという話をされつつも聞き入れない。スティーブは、戦争は誰か一人の悪者が起こすんじゃなくて、みんなの責任で起こるという良い話もする。最後にダイアナは、邪悪な大量殺戮を企むドイツ軍の将校をぶち殺すのだが、それでも戦争は止まらず、愕然とする。


そこまでは良いのだが、なんとその後に結局アレスが登場してしまう。結局アレスは戦争を劇化させる為に人間を操っていたのである。そしてダイアナとアレスが対決する。このそれまでのテーマをぶち壊す展開は、馬鹿じゃねーのかなと思う。確かに、ヒーロー映画だし最後は超人同士の対決で締めようというのが分からなくもないが、これだと戦争は一人の悪人が引き起こしているんじゃないという、それまでの戦争と正義というテーマが台無しだ。一応、それでも悪いのは人間だとアレスは言い訳がましく説明はするのだが、だから何だよという感じである。


アレスはキャラ造形的にも色々微妙で、人間の危険性に気付いていたが故に神に造反したルシファー的な扱いになっている。エンターテイメント性を考えるなら、悪人はとことん悪い奴にすべきだったと思う。戦争を引き起こすことで、戦争の神であるアレスは勝利を祈る人間からの信仰で力が増すとかそういうストレートなクズにしとけば良かった。


もしくはアレスを単に人間の本質を露見させたい文系キャラにしておきたいなら、舞台が第一次大戦なので、アレスの関与はあくまで戦争のトリガーになったサラエボ事件に関与したとかで、確かに戦争の切っ掛けは作ったがここまで酷い戦争に発展したのは人間自身の性による自業自得とかそういうスタンスで行けば良かったのにと思う。

クライマックスに関して

ダイアナが女性ヒーローであるという点を活かすなら、例えば「これが漢の死に様じゃい!」みたいな感じで、毒ガスを積んだ爆撃機もろともヒロイックに自爆しようとするスティーヴを止めて、仲間たちと一緒になんとか他の解決方法を見つけるだとか、同じ女性であるマル博士をなんとか説得して無効化する方法を聞き出すとか、そういう男のヒーローじゃないからこそな、決着の付け方があっても良かったんじゃないのかなと思う。


そして、最後は生き残った仲間たちと酒場で打ち上げをする訳だ。何なら、本当はさっさと戦争を止めたかったドイツ兵なんかも一緒に。音楽はもちろんスコットランド人の狙撃手が担当する。


DC映画は暗いムードで失敗してきたので、ここらでこういうハッピーエンドをぶち込んでも良かったのでは無かろうか。


色々不満は述べたが、それもこれもこの映画はもっともっと面白くなれたはずなのに惜しいなという想いからだ。正直最高傑作だとは思わないが、面白い映画だし、数少ない女性が主人公のアメコミヒーロー映画なので、是非観に行ってほしい。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-08-26 13:23 | 作品・感想 | Comments(0)

【ドラマ感想】iZombie

c0325386_15180759.jpg

アメコミ原作のドラマ。アメリカではシーズン4までやっているらしいが、ネットフリックスにはシーズン1のみ。

あらすじ

主人公リヴが船上パーティーに参加していた所、ドラッグとエナジードリンクの謎の相互作用によってゾンビが突如発生。リヴはゾンビに引っかかれて船から転落し死亡する。しかし、その後、ゾンビとして息を吹き返す。

ゾンビとして蘇ったリヴ(医者の卵)は、脳味噌を手に入れる為に警察の検視官の助手として働くようになる。リヴはゾンビになったことで、食べた脳味噌の持ち主の性格や能力や記憶が乗り移るという能力を身に付ける。

ゾンビになったら脳味噌を食べ続けないと、人格が無くなって飢えに突き動かされるモンスターと化してしまう。リヴは検視に運ばれてくる事件の犠牲者の脳味噌を食べさせてもらったせめてものお礼として、霊能者のフリをして脳から読み取った記憶を使って事件解決の手伝いをする様になる。

感想

ゾンビと言っても腐った死体という感じでは無く、どちらかというとヴァンパイアに近い感じ。ごく僅かに脈もある。脳味噌を食べることで、脳の持ち主の記憶や才能や性格が宿るという能力の他に、バーサーカーモードみたいな怪力&狂暴な姿に変身することも出来る。あとは、怪我をしても流血が殆ど無くすぐに治るので、首をもがれたりしない限りはだいたい平気。

ストーリーとしては、ちょっと変わった能力を持ったヒーローが主人公の犯罪捜査モノといった感じ。一話完結物形式で、毎回運ばれてきた事件の被害者の脳味噌を食べて、捜査に協力する。ただし、大きなストーリーとしてゾンビ発生の原因を作ったエナジードリンクメーカーの話だとか、正体を隠して生きている他のゾンビ達の話だとかも挿入される。

シーズン1の敵役は、元ドラッグディーラーのゾンビのブレインで、こいつはリヴと同じ事件でゾンビになってリヴを引っ掻いてゾンビ化させた張本人。意図的にゾンビを生み出してそいつらに脳味噌を提供する脳味噌密売ビジネスをしている。麻薬のディーラーから脳味噌のディーラーになった感じだ。

面白いなと思うのが、普通ゾンビってもう死んでいるのでドラマも糞も無いんだけども、脳味噌からのフィードバックがあるせいで、性格がころころ変わってそうした変化に言動が左右される所だ。生きる為に食べつづけ、生きている以上他の人間の影響を受け続ける。ゾンビだけど、人間っぽさを圧縮したような設定で楽しい。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-08-22 15:19 | 作品・感想 | Comments(0)

【ドラマ感想】ディフェンダーズ

c0325386_10171259.jpg

ネットフリックス・オリジナルドラマ『ディフェンダーズ』が遂に配信されました。『ディフェンダーズ』は、ネットフリックスで配信中のマーベルドラマ版アベンジャーズで、以下の作品の主人公たちが合流する話です。

『デアデビル』

『ジェシカ・ジョーンズ』

『ルーク・ケイジ』

『アイアンフィスト』

あらすじ

デアデビルの活動を辞め弁護士をしていたマット・マードック、探偵業をやっているんだかいないんだか分からない飲んだくれのジェシカ・ジョーンズ、刑務所から出て来たルーク・ケイジ、崑崙から帰って来たダニー・ランド(アイアンフィスト)はそれぞれニューヨークで謎の地震に遭遇する。ニューヨークで地震?と思いつつも、4人はそれぞれ自分の抱えている事件や、持ち込まれた事件を追いかけている内に、合流することになる。事件の背後には悪の忍者組織ザ・ハンド(闇の手)がいて、何やらニューヨーク壊滅を狙っているらしい。先の地震はその予兆だったのだ…という話。

感想

アベンジャーズがやりたい作品だけあって、4人が合流するまでの流れや、合流してからのゴタゴタなんかは凄く楽しい。チームを組むとなると、それぞれが己の個性を発揮しつつ役割分担をする必要が出て来るので、マットはちゃんと弁護士をやるし、ジェシカ・ジョーンズは探偵っぽい探索と情報収集をするし、ハーレム地区の英雄のルークはブラザーの為に体を張るし、鋼鉄の身体を活かしたタンク役をこなすし、単体作品ではむしろウンコだったダニーも、少年漫画の主人公っぽい純粋さというか聞き分けの無さでチームを引っ張る役割を担っていたので感動する。

ただし、中盤以降は若干微妙になってくる。まず1つの理由としては、風呂敷の広げ方がいい加減だったことが判明するからだ。結局どういう理屈でニューヨークが壊滅するのか不明なままストーリーは終わる点だ。マンハッタンの地下に、崑崙(アイアンフィストに出て来る異世界)の関連の隠されたゲートがあり、そのゲートを解放するとニューヨークが滅びる。ゲートの解放にはアイアンフィストの力による認証が必要みたいな話だったのだが、クライマックスでゲートが開かれてみれば中にはドラゴンの化石と思われるものがあっただけで、特に大崩壊とかは発生しないまま終了。ヤミノテがゲートを開けるとニューヨークが壊滅すると散々仄めかしたのでディフェンダーズの面々は必至にヤミノテと戦ったのに、何だったんだという感じである。ちなみにゲートの奥にはヤミノテが死者蘇生の術に使う秘薬の原料があり、原料が枯渇していたヤミノテとしては何としても早急に入手する必要があったのだが、何故かヤミノテは敢えてニューヨーク壊滅の嘘を広めることで入手をハードモードにした形になる。

もう1つは、敵がショボい事。ヤミノテはこれまでデアデビルやアイアンフィストに散々登場してきた闇の忍者組織で、怪人不在のショッカー軍団みたいな組織である。忍者軍団なのでアクション的に見栄えは良いのだが、基本的に戦闘は湧き続ける忍者軍団をちぎっては投げちぎっては投げの繰り返しの乱闘にしかならないので、とにかく地味なのである。また今回は5大幹部+1がボス級の敵として登場するのだが、内訳は3名が新キャラ(非戦闘キャラ1名+噛ませ犬2名)、1名がデアデビルとアイアンフィストのシリーズにずっと出て来たババァ、2名が再生怪人という構成だった。強キャラは再生怪人の2名とババァだったので、はっきり言って新鮮味は全く無かった。

そして最も肩透かしだったのは、ディフェンダーズの敵役として目玉的なキャストだったシガニー・ウィーバーがあっさり退場した点だ。シガニー・ウィーバーはヤミノテの幹部の一人で、冷徹な経営者であり母親でもあるみたいな人間味のあるキャラで割と良いキャラだったのだが、特に戦闘とかしないまま仲間に刺されて死亡し、クライマックス前に退場してしまった。シガニーがラスボスだと思って観てみた視聴者としてはがっかりである。シガニーが忍者カンフーで戦ったら、それはそれで珍妙ではあるが、もうちょっとこう何か無かったのかよと。

総括

アベンジャーズ形式の話だと、チーム集結後やクライマックスがショボくなる問題はアベンジャーズの1作目もまぁそんな感じだったので、ある程度は仕方ないのかもしれないが(アベンジャーズはそれでもキャラ毎の見せ場を作ったり、色々工夫をしていたが)、改めて思うのは、ディフェンダーズに限らずネットフリックスのMCUドラマは1話完結のフォーマットを入れて欲しい。とにかくテンポの悪さが顕著だ。

正直、全13話くらいあれば(ディフェンダーズは全8話だが)、1話完結のフォーマット+シーズンを通しての話という構成は特に難しくもないはずなのだが、何故かネットフリックスのこのシリーズは、ダラダラと全13話に無理やり引き延ばしたかの様な連続モノ形式をとる。

各シリーズは、特撮ヒーロードラマというよりは個々の人間にスポットを当ててドラマ面を重視しているので連続モノ形式を採用しているというのは、まぁ分かるんだけども、例えばディフェンダーズの場合は明らかに企画が求めている物は特撮ヒーロードラマである。それに、各シリーズにしても折角のアメコミヒーロー作品なのに、特撮ヒーロードラマとしてのジャンル的な魅力を自ら封印していっている印象しかないので、勿体無いなといつも新しいシーズンを観終わった時に感じてしまう。

ネットフリックスのオリジナルドラマは、どういう理由かは不明だが一話完結のフォーマットを採用しない傾向がある。テレビ放映と違って、一気に観る事が出来る配信ドラマ形式であれば一話完結フォーマットに頼る必要も無いので、連続モノ形式で重厚なドラマを描こうという判断かもしれないが、別に連続モノ形式にすればクオリティが上がるという訳でも無いので、やはり作品のジャンルに合わせてその辺は随時選択した方が良いんでないのかとは思ってしまう。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-08-22 10:18 | 作品・感想 | Comments(0)

【映画感想】スパイダーマン・ホームカミング

c0325386_01165965.jpg

スパイダーマン・ホームカミングを観て来ました。取りあえず最高なので、またスパイダーマンの映画かと様子見をしているならさっさと観に行くことをお勧めします。

あらすじ

特殊なクモに噛まれてスーパーパワーを身に付けた15歳の少年、ピーター・パーカーはスパイダーマンと名乗り、近所をパトロールして猫を助けたり、ひったくりを捕まえたりしていた。

そんなピーターだったが、ある日、世界的な大富豪でスーパーヒーローのアイアンマンことトニー・スタークにスカウトされ、キャプテンアメリカ達と対決する。(キャプテンアメリカ/シビルウォー)

トニー・スタークにスカウトされカッコいいコスチュームまでプレゼントされたピーターは、自分がアベンジャーズに正式加入し、世界的なスーパーヒーローの一員になれると勝手に期待して舞い上がってしまう。

そしてピーターは、アベンジャーズのトニー・スタークとコネも出来たし、将来はアベンジャーズの一員として世界を救うスーパーヒーローになるから学校なんてどうでもいいんじゃい!と、部活はやるめるわ、補修はサボるわと、将来はYoutuberになるから勉強なんてしねー!と言い張る中学生の様な状態に…。

しかし、トニー・スタークは、ピーターの才能は見込んだものの、あくまで子供扱い。アベンジャーズなんてヤクザな世界に首を突っ込まずに、ヒーローごっこがしたいなら勝手に近所のパトロールでもしていなさいと放置プレイをかます。

そんな中、ピーターはご近所で何やら普通では無いヤバい事件に遭遇する。何とかトニー・スタークに一人前のヒーローとして認めてもらい、アベンジャーズ加入を目指すピーターは、敢えて1人で危険な敵を追いかけるが…。という話。

今作の特徴

スパイダーマン・ホームカミングの特徴は、なんといってもMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品であるという点です。

独立したスーパーヒーロー映画として作られた過去のスパイダーマン作品と異なり、アイアンマンやキャプテンアメリカといった他のヒーロー超人が既に存在する世界が舞台になっています。それ故に、ヒーローとはどうあるべきかといった要素だとか、ヒーローとしての二重生活だとか、スーパーヒーローとしての孤独だとか、ヒーローと暴力だとか、他のヒーロー映画で散々語られた様な、今更な要素はバッサリとカットされています。

そして、他のMCU作品と差別化する形で、まだティーンエイジャーであるという点が特に強調され作品になっているのが特徴です。

これまでのスパイダーマン映画は独立作品であるという事情から、基本的に1作目の時点で大人への成長が描かれていましたが、今作ではティーンエイジャーという要素が軸になっている為、ハリーポッターほどでは無いにせよ、シリーズを通して緩やかにピーターを成長させていこうというコンセプトが見て取れます。

なので旧作のピーターが子供以上大人未満な悩める思春期の高校生というイメージだったのに対して、今作のピーターは、早く大人になりたいと背伸びをする、どちらかと言えばまだまだ中学生っぽい感じの少年として描写されています。また、悶々とした高校生では無く、背伸びしたがる中学生という感じなので、ちゃんと親友もいるし、クラブ活動の仲間もいるし、特にいじめられっ子という訳でも無いし、明るい学生生活を前面に出した作品になっていて、その辺が旧作と大きくイメージが異なっています。

過去作との違いに関するあれこれ

旧作からのスパイダーマンのファンとして気になる一番の改変は、やはり、ベンおじさんの死亡イベントに関する影が無くなっている点でしょう。

これまでのスパイダーマンでは、スーパーパワーを身に付けたピーターが最初は私利私欲の為にパワーを使用して調子に乗っていた所、罰が当たってベンおじさんが死んでしまい、社会の為にパワーを使う事を決意し、悪と戦うヒーローになるという流れがお約束でした。

こうした展開は、普通はスーパーパワーを手に入れても、自分の生活を犠牲にしながら悪と戦ったりはしないだろう、という当然の疑問へのアンサーとして機能していたと思うのですが、MCU作品である今作の場合は、既にスーツを着てスーパーパワーで悪と戦うヒーローたちがアベンジャーズとして存在し、ある種のスーパースターになっているので、パワーを手に入れた少年がアベンジャーズに憧れてヒーローになろうとするという展開は、特に違和感なく成立できてしまうという事情があります。

また、ティーンエイジャーを主人公にしたヒーローシリーズとして継続していく場合、先のベンおじさんの死の様なあまりにも重すぎるカルマを背負わせると、全体的なトーンが暗くなりすぎるという事情もあり、大きく改変されたのではなかろうかと思います。

スパイダーマンのファンの中には、こうした重たいカルマを背負っていない点や、相手の人生を背負う様な重たい葛藤が作中に無い点が物足りないという人もいるみたいですが、そういった要素は少年を大人に成長させてしまう要素でもあるので、シリーズコンセプト的に敢えて軽めになっているのかなと思います。

トニー・スタークの新しい役割

今作では、ベンおじさんの影が薄れた代わりに、トニー・スタークがピーターのある種、精神的な父親の役割を担っています。

トニーはピーターにとって、憧れの存在であり、彼に認められるために頑張ります。一方、トニーは同じく早くに両親を亡くしたという境遇もあってか、ピーターに過去の自分を重ねており、早く大人になることを強いられた自分の様にはさせまいと、敢えて子供のままでいさせたいという親心を見せます。

トニー・スタークのストーリーは、アイアンマン3部作で基本的に語り終えている感じでしたが、新たにお父さんとしての役割を得たことで、また新たなトニー・スタークのストーリーが展開されるのではないでしょうか。最初のアベンジャーズは一応キャプテンアメリカという事になっていますが、MCU作品としての最初の一人はアイアンマンなので、そのアイアンマンが新しい世代のスパイダーマンの父親役に収まったのは割と象徴的でもあるなと感じさせます。

ヴァルチャーについて

敢えてここまで触れてきていませんでしたが、今作の悪役であるヴァルチャーはかなり魅力的なヴィランでした。

まず、最初のポイントはヴァルチャーがまっとうな犯罪者である点です。旧作スパイダーマンのヴィランは事故的に狂気に囚われてしまったタイプのヴィランばかりでした。しかしヴァルチャーの場合は、ミュータント化やマッド化はしておらず、完全に一人の人間として自分の意思で戦う犯罪者です。それ故にキャラクターとして、ヴィランとしてではなく、人間としても魅力的なのがポイントです。(補足するなら、ハゲタカをイメージさせる空中戦闘も最高でヴィランとしてももちろん魅力的です。)


ヴァルチャーこと、エイドリアン・トゥームスは原作では発明家から犯罪者に転身した性格の悪い糞ジジイでしたが、今作では政府と大企業に仕事を奪われた怒れる地元の中小企業の社長になっています。政府と大企業が結託して仕事を奪うなら、こっちも生活が掛かっているんだから家族と従業員を守る為にやってやる!と従業員を率いて犯罪に走った、ある意味熱いキャラです。

こうした中小企業が仕事を奪われ政府の規制や大企業優遇にブチ切れている状況は、割とアメリカの現状らしく、そうした要素が反映されているみたいです。ちなみに、トゥームスの仕事を奪った大企業はスターク社であり、相変わらずトニー・スタークはアイアンマンとして活躍する一方で、大企業の象徴としてヘイトを稼いでいます。

感想

MCU版スパイダーマンは、ディズニー作品ではなく、これまで通りのソニー作品ということで、前作のアメイジング・スパイダーマンがウンコだったという事もあって、割と不安もあったのですが、観てみたら余裕でめちゃくちゃ面白かったです。

常に孤独がつきまとい、メイおばさんとヒロインくらいしかまともな人間関係が無かった旧作と比べて、少年が周囲の人たちに支えられながら成長していく少年漫画の王道の様な雰囲気のシリーズになりそうなので、3作、4作とできるだけシリーズが続いて欲しい所です。

あと、トニー・スタークとの疑似父息子関係の行方だとか、親友ネッドとの関係がその内彼女が出来たら亀裂が入ったりしないかなとか、新しいメイおばさんは若くて美人なのでそのうち再婚イベントが発生しそうとか、そういうヴィラン以外のドラマ要素に期待できるようになったのはシリーズとして大きな収穫だったんじゃないかなと思います。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-08-18 01:43 | 作品・感想 | Comments(0)

【映画感想】ザ・マミー 呪われた砂漠の女王

c0325386_18235870.jpg

ザ・マミー、観て来ました。感想としてはトム・クルーズ映画としては最高だけども…という感じ。


溢れるトム・クルーズ要素

正直、トム・クルーズは最近の方がノリに乗っている。オフビートなギャグ。体を張った無茶なアクション。そんなトム・クルーズの十八番が十二分に味わえる仕様になっている。


ミッション・インポッシブルのローグネイションでは、トム・クルーズが水中で6分間も息を止める無茶な演技を見せてくれたが、今作でもそれを彷彿とされる水中戦シーンが登場する。というか、ミイラ映画で何で水中戦なんだよ?という感じだ。完全にトム・クルーズ的アクションの見せ場として水中戦をブッこんだ感じだろう。墜落する飛行機内でのアクションなんかも、トム・クルーズらしい見せ場の一つだ。


…という感じで、確かにトム・クルーズ映画としては嬉しいシーンだらけなのだが、ザ・マミーというか、明らかにザ・トム・クルーズという映画なのである。


微妙すぎるアマネット王女のキャラ

残念だったのが敵キャラであるミイラのアマネット王女だ。武芸も出来る男勝りの王女で王位継承者として目されていたのだが、王にやっとこさ息子が生まれるとあっさりお払い箱に。キレた王女は、邪神セトの崇拝者となり、その弟や王を殺して王になろうとするが、神官たちにあっさり阻まれる。


ここだけ切り取ると、優秀なのに女だったせいで王になれなかった時代の犠牲者的なキャラクターを見いだせるのだが、なぜか蘇ったアマネット王女は自分を蘇らせたトム・クルーズに執心して、自分のものにしようとした挙句に、トム・クルーズに騙され滅びるのである。


ハムナプトラのイムホテップなんかの場合は、そもそも禁断の恋が原因でぶっ殺された神官が、現代で恋人と瓜二つの女性と再会するという話だったので、女の尻を追いかけるのはキャラ的に分かるのだが、アマネット王女の場合は明らかに生前は男の尻を追いかけて身を滅ぼすキャラじゃなかったので違和感しか無かった。


乃木坂46の『女は一人じゃ眠れない』という歌が、ワンダーウーマンのイメージソングに採用されて炎上していたが、この映画のイメージソングにしておけばよかったのでは?という感じである。


奪う男、奪われる女

アマネット王女の謎のキャラクターチェンジはともかく、ある意味でアマネット王女は時代の犠牲者だった。そんなアマネット王女が、現代に蘇ってどうなるかというと、碌な目に遭わない。シワシワのモンスターとして蘇り、確かに幾らか人を殺してモンスター活動もするのだが、惨めに鎖に繋がれ拘禁されてしまうのである。もちろん最終的に脱走して暴れるのだが、結局はトム・クルーズの甘い囁きに騙されて身を滅ぼす結果となる何とも救いの無い内容であると言わざるを得ない。


また、主人公であるトム・クルーズの描き方もかなり際どい。直接描かれはしないが、主人公は冒頭でヒロインである博士を口説いてセックスして宝の地図を盗み出している。それがある意味伏線となって、最後にまたアマネット王女からアーティファクトを盗む。アマネット王女は悪人なのでそれみたかと言いたいのかもしれないが、基本的に主人公は最初から最後まで女を騙して何かを奪う糞野郎なのである。


モンスターは主人公の方だった?

はっきりいってあからさまに男尊女卑的なニュアンスがあり問題があるように見えるが、好意的に解釈することも出来る。それは真のモンスターが主人公だったと解釈することも出来るからだ。なぜならラストに主人公がモンスターになる、まさにミイラとりがミイラになるオチになっているからだ。なので、ヒーロー映画において、主人公が真のヒーローになって終わるオチの真逆を描いたパロディとして受け取ることも出来る。なぜならこれは、モンスター版のアベンジャーズともいうべきダークユニバースというシリーズ作品の第一作でもあるのだ。


先にも述べた様に、主人公は女から何かを盗む男である。それに、明らかに危険やスリルを楽しむちょっとイカれた人物である点もはっきり描かれている。相棒っぽい仲間を撃ち殺す場面は半ばギャグとして面白シーンとして描かれたし、最後にアンデッド従者にして相棒を蘇生させて引き連れていたのも、よくよく考えると狂った所業である。


チョロっと出演していたジキルとハイドのラッセル・クロウからもその片鱗は感じることは出来る。普通ジキルとハイドと言えば、善人と悪人の多重人格者という感じだが、ラッセル・クロウのジキルとハイドは変身すると多少顔色が悪くなるくらいで、ジキル博士の時もかなりイカれた人物であるように見えたからだ。ダークユニバースは、リーグオブレジェンドの様なモンスター的な属性を持ったヒーローが集合する映画では無く、真の意味で邪悪なモンスターが終結する映画なのかもしれない。


ここが変だよザ・マミー

まず気になるのは、なんでミイラの発掘にイラクに行くんだという点だ。一応、古代エジプト人が世界の果てとしてイラクまで頑張って棺を封印しにいったという話にはなっていたが、イラクとイギリスで展開されるエジプトのミイラの話って何だよとしか言いようが無い。


1つ思い当たるのは、舞台をイラクにして遺跡を破壊するタリバンだか何だかを配置することで、遺跡を盗掘した感を軽減するという目的である。もし前述の推測の様に、実は主人公こそがモンスターでしたという構図を本気でやりたいなら、トム・クルーズが部隊を率いる立場で明確に盗掘行為をすべきだったと思う。ミイラにはどうしてもイギリスによるエジプトからの盗掘行為という黒歴史が付きまとう。それを回避する為に舞台をイラクにするという歪なことをしたのであれば、アマネット王女が結局は男性に奪われる女性として描かれる状況と相まって、現代映画としては色々問題を抱えていると言わざるを得ない。


あと、セト神を召喚するアーティファクトが何で十字軍によってイギリスまで持ち帰られたのかという点。これに関しては、単に舞台をイギリスにする都合と、復活したアマネット王女が手に入れるとヤバいパワーアップアイテムとして設定する都合で作られたギミックだと思うが、はっきり言って不自然すぎてヤバい。

アーティファクト回りの設定としては、結局アマネット王女がアーティファクトをどうしたらアウトで、どうやるのが正解なのかという点がかなりフワッとしていたのも個人的にはマイナスポイントだった。


さらに云うなら、飛行機事故から無傷で生還?したトム・クルーズはどういう状態だったのかも全然分からなかったのもマイナスだった。あの時点で不死者になってたのか、1回だけ蘇生させてもらっただけなのか、アンブレイカブルになっていたのか、どうなんだという。そこの描き方次第ではもっとモンスター物として面白くなったんじゃないの?という。


総括

ユニバーサル映画のモンスターを復活させるダークユニバースの第一弾としては、かなり先行きが不安になる作品である。


トム・クルーズ愛は感じるが、モンスター愛はあまり感じられない映画だからだ。続編が作られて主人公と共闘までするくらいに愛されキャラだったイムホテップと比べると、はっきり言ってアマネット王女はキャラも良く分からないし、魅力は無い。高評価しているのは演じているソフィア・ブテラのファンくらいでは無かろうか。


酷評気味だが、トム・クルーズ映画が好きという人には普通にオススメ出来る作品なので、見て損するタイプの映画では無いので、時間があれば是非観に行ってみるべきだろう。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-08-04 19:22 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(122)
(50)
(35)
(33)
(27)
(27)
(23)
(22)
(20)
(17)
(11)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月