blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【映画感想】ローガン
at 2017-06-01 15:13
【ドラマ感想】グリム
at 2017-05-29 23:02
【ドラマ感想】ネトフリのいろいろ
at 2017-05-27 17:35
【クトゥルフ神話TRPG】微..
at 2017-05-24 18:49
【書籍感想】クトゥルフ神話ガ..
at 2017-05-16 20:44

<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

【創作】ゲーム制作日記 その3

c0325386_2312257.jpg

『ビデオゲームのV(β版)』

ストーリーは出来た。システムもだいたいの形は出来た。バグ取りはあまりできていない。そんな感じ。

一応、ゲーム自体は大してフラグを回収しなくても勘とリアル推理を働かせればサクッとクリアできるようにはなっている。なのでゲーム性としては、色々なキャラクターとスキルを試してみながらシナリオの断片を集めて、ストーリーの背景を把握するという部分がメインになっている。最終的にはそんな形式に落ち着いた。

問題は、シナリオがメインなんだけどそんなにシナリオが魅力的では無い点。適当にこねくり回していると、一応ストーリーは出来るんだが面白いかどうかはまた別問題なんだよな・・・。ただ、この形式は限られた労力で出来るゲームならではな表現方法としてそれなりに合理的な気もするので、もうちょっとブラッシュアップできればなと思う。ストーリー自体は短く終わって、後は断片的なヒントを回収する形なので付け足しながら作って行きやすいのと、最終的な完成形は脳内で組み上げてね方式の割にはゲーム的には早々にオチが付いているので投げっぱなし感も少ない・・・みたいな。

暇な人はやってみて感想を教えて下さい。バグで止まったぞ!とかもあれば直ぐに修正するから教えてね。

バグ修正履歴
[PR]
by cemeteryprime | 2014-02-26 23:38 | 雑記 | Comments(0)

【日記】キュービックドーナツ

c0325386_1034299.jpg

コンビニでキュービックドーナツとかいう新商品を見かけたので食べてみたらなかなか良い感じだった。ので、最近は朝飯にこればっか食べている。

クロワッサン生地かなにかで、ドーナツみたいに油っこく無いし、噛みごたえがあって美味しい。これ売ってたらドーナツいらんわって感じ。山崎パンは凄いもん発明したな!と思ったが、検索してみたら外国で流行ってるクロワッサンドーナツとかいう原型があるみたい。どっちにしろ思いついた人は凄いね。

偶にはこういう感想記事があっても良かろう。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-02-26 10:11 | 日記 | Comments(0)

【漫画】闇の土鬼 感想

ようやく最終巻が出た。横山光輝のバトル漫画の中ではトップクラスの面白さじゃないだろうか。といっても、忍術とか超能力とかが入り乱れる能力バトル物とはちょっと違うシリアス&ハードな作風なので比べようは無いんだけど。

内容は、血風党という政府の汚れ仕事を請け負う暗殺者集団の抜け忍に拾われ育てられた土鬼が、抜け忍討伐で殺された父親の敵討の為に血風党と戦う・・・という感じでスタートするんだけども、戦っているうちにクーデターを巡る攻防に巻き込まれたり、血風党が政府から用済みになって消されかけたりと色々な陰謀に翻弄されていくのが面白い。

徹底してシニカルな内容で、敵も味方も影で暗躍する忍者みたいなやつらなんだけど、本当に扱いが不遇なんだよね。任務のためなら命も捨てなきゃいけないのに、仕えていた相手から平気で切り捨てられたり。戦乱の時代が終わって活躍の場所を無くした戦闘しか能の無い奴らが時代に翻弄されながらお互いに潰し合って共倒れになっていくみたいな悲惨な雰囲気がストーリー全体に漂っている。

それでも、ストーリーとしての落とし所が素晴らしくて、単に悲惨なだけの話になっていない。土鬼は最初は単に復讐の為に戦っていたんだけどもそのうちに武術家として高みを目指す喜びみたいなのに目覚めていく。一方で、敵の血風党の首領もまた当初は土鬼殺すべし!だったのが、自分たちのような人種に先が無い事を悟ったのもあって、若くて才能のある土鬼になんとか自分たちの残した武術を伝承しようと考え始める。

で、最後の最後にラスボスであったはずの血風党の首領と殺し合いではなく、命がけの稽古があるという展開がかなり熱い。そして土鬼はその伝承された技で、幕府の最強の刺客であった柳生十兵衛を打ち負かしてみせて、首領は満足して自害するという・・・。で、この首領の死に様が復讐を誓う切っ掛けになった土鬼の親父の死に様とフラッシュバックするんだよね。殺し合いを繰り返した宿敵とお互いに認め合って最後はライバル同志の友情を越えて、師弟関係というか擬似親子関係みたいなところまで昇華されていくという・・・。

ただやっぱり悲しいのは、土鬼は闇の武芸の伝承者になって最強になったものの時代がこの先、土鬼のような人間を全く必要としていないという話なんだよね。とにかく色んな暗器を使った痛そうで激しい戦闘描写は光輝漫画の中でもピカイチだと思うので買ってそんは無いはず。今の漫画になれていると、あーメリケンサックで殴られるだけで骨って折れるんだ。折れたら動かないよねーみたいな当たり前の描写が新鮮。面白いよ。

完全版 闇の土鬼 上 (復刻名作漫画シリーズ)

横山 光輝 / 小学館クリエイティブ

スコア:


[PR]
by cemeteryprime | 2014-02-24 09:51 | 作品・感想 | Comments(0)

【創作】ゲーム制作日記 その2

再びゲーム製作を開始している。やはり最終的な目標はADV形式のゲームを作ること。何だかんだで、試行錯誤していると使える技は増えてくるが、全部盛り込むと無駄に労力が増えるというこの辺のジレンマと戦っている。

前の偽社畜ゲームはADVでも何でもなかったので、とりあえずはまず試作品としてADVを1つ作ってみている。ある程度テストプレイ出来たらまたアップしてみるつもり。

TRPG的なキャラクターエディット要素と、推理探索をサクッと盛り込みたいんだけどそれはそれでシナリオ的に色々と難しい。無駄に職業をいっぱい作ってみたせいで職業×技能が1000パターンを越えてしまっている。シナリオの謎解き関係なくどのキャラならクリア出来るのかを探すゲームと化してしまいそうだ・・・。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-02-19 17:33 | 雑記 | Comments(0)

【特撮】今週のスーパーヒーロータイム

・獣電戦隊キョウリュウジャー(最終回)


ついに最終回を迎えてしまった・・・。いかに面白かったかに関しては、何を今更って感じなので割愛。

脚本の三条陸に関しては正直仮面ライダーWの時は、小さく小奇麗にまとまっていているものの、そこまで突出した良さみたいなのも無くて個人的にはパッとしないな~とか思ってたんだけど、この辺りは作品性との相性の問題なんだろうね。ライダー作品がどうしても含みがちな暗いウエットなドラマ性みたいなのにはあんまり向いて無かったんだろう。

キョウリュウジャーの場合は兎に角とことんポジティヴな感じ。テンポもいいし、小難しくなり過ぎないし、展開は熱いし、そしてなにより観ていて楽しい。先のライダー的な面白さが例えるなら、とことん共感させてボディーブローを入れてくる痛い!でも気持ちいい!系だとしたら、キョウリュウジャーはとことんリズムに乗せてついつい踊らせてくるみたいな感じ。こういうタイプの面白さを持っている作品ってあんまり無いよね。

正直ドラマ的な部分の作りに関しては、そこまで優秀とも言えないんだけど、テンポと展開で乗せていく感じなので正直細部が気にならない作りなんだよね。「・・・おいおい!でもまぁ、面白いから良いや!」みたいな。細部の矛盾が気になってストーリーに乗れないってのと対極の存在。

そういう面でも、アクションとエンターテイメント性重視な坂本監督との相性が抜群に良かった。今作は素人目にもはっきり分かるくらいに生身のアクションが多めだったんだけど、やっぱこう盛り上げる熱い展開で生身アクション持ってこられると燃えるんだよね。

まぁ、とにかく文句なしに傑作でした。引っかかったのは、木下あゆ美が変身出来るようになったのにふとももを出さなかった事くらい。


・仮面ライダー鎧武(17話)

ドリアン回。ミッチーは計画通りみたいな発言はしていたものの、結果オーライ的に助かった感が凄い。あと、思いっきり取引現場からミッチーが丸見えだったり。あの辺はギャグなのか、ミッチーがなんやかんやでまだまだ未熟で杜撰な感じの演出なのか。こういうのを観ると、黒いっていうよりは単に厨二病マインドなだけなのか・・・!?とか思ったり。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-02-09 17:25 | 作品・感想 | Comments(0)

【創作】ゲーム制作、とりあえず完結。

『Infernal Affairs(完全版)』

クリア後に自由にステージ選択してやり直せる仕様の方が良いという意見を頂いたので、微妙に修正しました。あと、修正ついでにOPとエンドロールを適当に付け足して完全版にしてみたよ。

以下、ネタバレ。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-02-06 22:22 | 雑記 | Comments(0)

【創作】ゲームを作ってみた(一応、完成)

創作ゲーム『Infernal Affairs』(2月いっぱいくらいまではDLできるはず。)

ループシステムを使った短く完結するゲームのアイデアがふとを思いついたので適当に作ってみた。音声は適当にフリーの物を拾って使用。制作ソフトは『LiveMaker』という奴を使用。

適当な感じのイラストも相まって凄く一昔前のフラッシュゲームっぽくなった。今回は文章無しで、全部イラストだけで分かる仕様にしてみた。が、そのせいでストーリー性を盛り込むのが難しい。


【追記】一応完成したので、URLを差し替え。
難易度の調節が難しい。あんまり難しくすると、こんなクソゲーなのに・・・!ってなるし。一応、とってつけてストーリーとしのオチを作ったよ。10分もあれば終わるレベルのクリックゲームなので暇な人はやってみて下さい。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-02-06 00:33 | 雑記 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(112)
(45)
(27)
(24)
(21)
(19)
(17)
(17)
(15)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(1)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月