blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【映画感想】ローガン
at 2017-06-01 15:13
【ドラマ感想】グリム
at 2017-05-29 23:02
【ドラマ感想】ネトフリのいろいろ
at 2017-05-27 17:35
【クトゥルフ神話TRPG】微..
at 2017-05-24 18:49
【書籍感想】クトゥルフ神話ガ..
at 2017-05-16 20:44

<   2017年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

【クトゥルフ神話TRPG】現代日本人探索者の初期値

先の記事で述べた通り、クトゥルフ神話TRPGの探索者作成ルールは、厳密には平均的アメリカ人の探索者作成ルールである。なので、日本人探索者を厳密にシミュレーションしたいなら初期値を日本人仕様にするべきだろう。

英語 10%

現代日本人は、第二言語として義務教育の範囲内で英語を習得している。アメリカ人の場合、地域にもよるのだろうけれど第二言語としてスペイン語を高校とかで勉強している様子をよく見る。

追跡 1%

追跡技能とは、要するに足跡等の痕跡から野外で人や動物を追いかけるトラッキング技能の事だが、ハンティングが一般的では無い現代日本人にこの技能は無いだろう。

登攀 30%

現代日本人は梯子で屋根によじ登る機会もほとんどない。東北の人とかなら雪かきなんかで初期値が40%くらいあっても不思議ではないかもしれない。

水泳 30

日本人の場合、水泳はそこそこ義務教育の範囲内で訓練を積む。

応急手当 20

日本人の場合、救急車が比較的素早く到着するので怪我をした際にいちいち応急手当を試みる場面は少ない。運転免許を取得する際に軽く人工呼吸等の講習を受けたりする程度だろうか。なので、もしかしたら15%か10%程度かもしれない。

写真術 30

これは日本人に限った話では無いが、携帯電話にカメラが搭載されて以降、現代人はスマホ等で日常的に写真撮影を行っており、撮影に慣れているといっても過言ではない。なので30%はあっても良いはずだ。

機械修理 15

現代の日本人がいちいち機械が故障したからといって、自分で修理するだろうか?家に最低限の工具類があり、壊れた物を自分で修理しようとするのは、ある程度以上の世代に限られる。なので、10%でも良いかもしれない。

図書館(情報検索) 30

図書館を利用する機会自体は減ったが、現代人は何でもかんでもインターネットで調べるので、情報検索自体には慣れている。厳密にやるなら、図書館25%とは別にネット検索30%という技能を新たに付け加えるべきかもしれない。

コンピューター 5

クトゥルフ神話TRPGの扱っている現代とは、厳密には10年以上前である。現代人であれば、コンピューターに触れた事が無い人間を探す方が難しいだろう。なので、5%くらいはあっても良かろう。

自動車 10

自動車がなければ生きていけない地域が多いアメリカ人とは異なり、日本人の場合そこまで誰もが運転免許を持っている訳でも無い。なので、初期値としてはせいぜいこの程度だろう。

自転車 30

一方、自転車であれば乗れない人を捜す方が難しい。探索で使うかどうかはともかく。

博物学(自然知識) 20

博物学というと全く馴染みが無いが、基本的には自然を観察し体系化して得られる知識である。自然科学の知識という点で考えれば、現代日本人の場合は義務教育レベルで言えば理科として基本的な部分は学習している。20%というと、若干盛り過ぎかもしれないが、真面目に勉強していたならそのくらいはあるだろう。


といった感じで、修正してみても良さそうな部分をあげてみたが、どうだろうか。ただ、あまり厳密に考えるとそもそもクトゥルフ神話TRPGの初期値は、個人の能力差が反映されないシステムなので、馬鹿でも天才でも運動音痴であろうが猿並みであろうが、初期値はこんなもんというレベルの大雑把な設定である点に違和感が出てくるだろう。その辺はまぁ、頑張って調整してみてほしい。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-02-15 20:30 | TRPG講座・考察 | Comments(0)

【クトゥルフ神話TRPG】初期値を理解する

初期値との比較

先の記事で上げた技能値のイメージ表を使って、クトゥルフ神話TRPGの初期値の内容を検証してみよう。日本人プレイヤーが忘れがちな事実として、クトゥルフ神話TRPGの探索者は、平均的なアメリカ人であるという事実がある。言わずもがな、平均的アメリカ人には普通に出来ることでも、日本人には馴染みの無いことはあるのだ。

運転

まず、運転の20%に関して。この技能を持つものは、特にスピードを出したり、悪路だったり、悪天候だったり、カーチェイスでもしない限りは、ロールなしで乗用車の運転が出来るとされている。つまりは、初期値の時点で運転免許を持っている状態と考えてよい。

現代の探索者の基準は平均的アメリカ人の大人なので、当然の様にデフォルトで運転免許を持っているのである。

機械修理

機械修理も20%ある。これは表に従うなら、平均的なアメリカ人の大人であれば、単純な機械の修理や組み立てや、大工仕事や配管仕事も基本的な事くらいは出来ることを意味している。日本人を基準にすると違和感があるが、アメリカ人が基準なので特に違和感は無い。

火器

拳銃の20%と、ショットガンの30%に関しても、拳銃に関しては基本的な扱い方は知っていて、ショットガンに関してはある程度は馴染みがあるという計算になる。アメリカ人の場合、一部の都会っ子を除けば、釣りをしたことがあるレベルで、ライフルやショットガンで害獣を撃ったり、狩りをしたりくらいはしている。拳銃に関しても一般家庭にあっても特に不思議は無いので、20%がデフォルトになっている。もちろん日本人探索者の場合は、初期値が20%もある訳がない。

歴史

歴史の20%に関しては、表に従えばこれは高卒レベルの知識とのことなので、平均的大人であれば一般常識レベルとして、その程度の数値があるという事になる。これに関してはアメリカ人だろうが、日本人だろうが大差は無いだろう。

登攀

登攀の40%に関しては、平均的なアメリカ人はそんなに登攀する機会があるのかよ?と思ってしまうが、一軒家が多いアメリカ人の場合は、梯子で屋根によじ登ったりする機会が割と多いのかもしれない。

応急手当

応急手当の初期値が30%というのはかなり高い。アメリカ人なら、誰でもそこそこ応急手当の実践経験がある計算になる。アメリカ人の場合は映画やドラマを観ていれば、余程の都会で無いかぎり、怪我をして直ぐに救急車で運ばれるという状況が無い。病院が近くに無いことの方が一般的なので、怪我をしたら、その場で応急手当をしてから車で病院まで向かうというのが比較的一般的なのかもしれない。場合によっては、医療保険に入っていないが為に簡単に病院に行けないという事情があるのかもしれない。

こぶし

こぶしの50%に関しては、アメリカ人でも流石に日常的に殴り合い(パンチ)はしてないだろうという感じだが、スタンガンの様な物を押し付けたり、相手のパンチやキックを腕でガードする受け流しの判定にも使用するので、そこまで含めると日常的に使っていると言えなくもないのかなという気はする。

5%きざみの初期値設定

先の図はエクリプス・フェイズからそのまま持って来たので10%刻みだが、クトゥルフ神話TRPGの初期値は、5%刻みで細かく分かれている。なので、クトゥルフ神話TRPG用にもうちょっと細分化した表を用意してみた。

c0325386_13121883.jpg

初期値の5%というのは、特に勉強した訳でも練習した訳でも無いが、何となくなら知っている。もしくはやれそう。というレベルだろう。

15%なら、多分出来るが、基本的な技量がある…とまでは言えないみたいな感じだろうか。このゾーンに位置している技能には「隠す」「信用(社会的信用)」「説得」「サブマンガン」「マシンガン」なんかがある。

25%ゾーンに関しては、実践経験があるある程度慣れている…とまではいかないが、何回かはやった事もあるよというレベルだろうか。「聞き耳」「水泳」「跳躍」「投擲」「図書館」「ライフル」「組み付き」「キック」なんかがある。

こうやって数値の具体的なイメージが掴めたら、現代アメリカ人探索者ではなく、現代日本人探索者用の初期値を記したキャラクターシートを作成してみるのも良いかもしれない。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-02-15 20:09 | TRPG講座・考察 | Comments(0)

【クトゥルフ神話TRPG】技能値の高さに関する考察

クトゥルフ神話TRPGの遊び方には、ストーリーが連動したパズルゲームとしてクリアを目指す謎解きゲーム型と、シナリオはあくまでキャラクターを右往左往させてストーリーを作り出す要因に過ぎないというシュミレーションゲーム型がある。

前者で特に無視されがちなのが、技能値の高さに関するリアリティである。なぜなら技能判定に失敗すると、パズルゲームの進行が途中で止まってしまい、パズルに連動したストーリーの進行も停止してしまうからだ。またゲームクリアの効率とキャラクターの強化を求めるプレイヤーも、こうしたリアリティは無視する傾向にある。

ただ、クトゥルフ神話TRPGは基本的にはストーリーをシュミレーションする遊び方をベースとしている。それ故に、キャラクターを成長させて遊ぶTRPGと違って、レベルデザインに関するシステムがそもそも存在していないし、キャラクターの作成ルールも厳密には管理されていない。そうしたTRPGの場合は、キャラ作成時に技能値の上限が決まっていたり、一定以上高くしようとすると技能ポイントが余分に必要になったりする。

この記事は、シュミレーションゲーム型の遊び方をする人向けである。なので、謎解きゲーム型をメインに遊ぶ人や、とにかく自分のキャラクターを成長させて神話生物相手に無双させるといった遊び方がしたい人には参考にならない記事である。

基本ルルブを参照しよう

技能値の高さに関するリアリティというのは、一応よく読めばルールブックにも基準が書かれている。例えば、初期値は特別に訓練を積んでいない人間でもこの位は扱えるという程度の基準であるし、その技能で生計を立てる為には最低50%は必要だろうという事も書かれていたりする(ルルブp.73)。ただ基本的には情報は少なく、後はサンプルキャラクターの技能値などを参考にして程度を推し量るしかない。

ミスカトニック大学を参照する

ソースブック『ミスカトニック大学』には大学に入学したての新入生探索者を作成する為の特別ルールが掲載されている。ここには、高校を卒業したての探索者の限界としての技能値が明記されている。これを読めば、高校生探索者が如何に非力なキャラであるかが理解できる。非力な学生キャラで神話的恐怖に望む際の恐怖はプライスレスである。ホラーに疎いプレイヤーでも、なぜホラーの登場人物には大人よりも学生が多いのかが理解できるはずである。

エクリプス・フェイズを参照する

ところで、同じくD100システムを採用しているエクリプス・フェイズも参考になる。キャラメイクのシステムこそ違えど、技能判定は同じくD100なので、技能値の高さのイメージ基準は共通と考えて良い。

エクリプス・フェイズの場合は、技能値の高さのイメージがきちんと表にして明示されている。ちなみに、エクリプス・フェイズの場合は初期値の最低値1%のシステムは無いので(00-99判定だから)0%1%の部分を少し弄って、クトゥルフ用に参照表を作った。シュミレーション大好きプレイヤーは参考にしてみて欲しい。

c0325386_10555470.jpg

このイメージ表は、クトゥルフ神話TRPGや、ミスカトニック大学などのその他の海外ソースブックで使用されている基準と比較しても、特に大きな差異は無い。クトゥルフ神話TRPGの場合は、そもそも技能値に関して細かい規定が無いので、クトゥルフ・バイ・ガスライトに掲載されている有名キャラたちのデータと比較すると、90%越えがチラホラいて本当かよと思ってしまうが、シャーロック・ホームズやモリアーティ教授や、フーマンチューなんかは、人類最強レベルなので仕方ないのかもしれない。

また、シュミレーション性という点で言えば、クトゥルフ神話TRPGの場合は一部の技能の基本初期値が高すぎる傾向があって、ミスカトニック大学なんかだと、学生探索者に関しては初期値を1/2にしたりして調整していたりする。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-02-15 19:55 | TRPG講座・考察 | Comments(0)

【クトゥルフ神話TRPG】ノーデンス

クトゥルフ神話の他の邪神とはいまいち毛色の違う、ノーデンス。ノーデンスがどういうキャラなのかが、D20クトゥルフを読んでたら普通に書いてあったのでまとめてみる。

直接的にはケルト神話におけるノドンス、ノーデンス(Wikipedia参照)と呼ばれる神である。漁師、狩人、捕まえる者を意味する名前だという。またノーデンスは医療の神でもあった。ノーデンスの聖獣は犬であったとされていて、これは犬が傷を舐めて治してくれるという信仰から来ているらしい。ノーデンスの信者は、体を清めて夢の中で神託を得たと書かれているあたりも、ドリームランドと関連づけられるには十分な要素だろう。

またノーデンスは、アイルランドに伝わり、ヌアザとなった。ヌアザはトゥアハ・デ・ダナーン(ダーナ神族)の王である。ヌアザには、銀の腕のヌアザという厨二病精神をくすぐりそうな別名を持っている。銀の腕は、銀で造った義手から来ている。医療の神で、戦いの神である。

ケルトの神として、ノーデンスはキリスト教以前の異教の主神的なイメージを持っているのであろう。

さらにD20クトゥルフでは、ワイルドハント(西洋の百鬼夜行)との関連も書かれている(Wikipedia参照)。ワイルドハントとは、ヨーロッパで広く伝わる伝承で、伝説上の猟師の一団が、狩猟道具を携えて馬や猟犬と共に、空や大地を大挙して移動していくものである。このワルドハントの首領は、アーサー王であったり、オーディンであったりと各地で諸説ある。ワイルドハントの集団は、死者の魂であるともされている。ワイルドハントは、ハロウィーンとも関連があり、現世と霊界との壁が薄くなる時期に出現し、死者の霊を連れて行くのである。冥界からの死者であったワイルドハントは、時代が進むにつれて百鬼夜行の群れと化した。ワイルドハントが引き連れる猟犬や狼は、獣に変身する北欧神話のバーサーカーであるともされている。

ちなみに、面白いことに、8本脚の馬スレイプニルを駆り、馬車に乗って、死者の霊を引き連れて空を掛けるオーディンのイメージはやがて、8頭のトナカイが引くソリに乗り空を掛けるサンタクロースのイメージにもつながっていったらしい。暖炉のそばに靴下をぶら下げて置く風習も、元々はスレイプニルの為に干し草と砂糖をブーツに入れておくと、オーディンは施しへの見返りとして贈り物を残していたという風習だったらしい。

またワイルドハントの首領は、狩りの群れに遭遇した人物に何かしらの度胸試しを行い、この試練をクリアした者には黄金などの褒美が与えられるが、不合格だった者は命を奪われ連れていかれてしまうという話もある。

もし興味があればだが、『ヘルボーイ:滅びの右手』というアメコミに、この伝承を扱ったヴォルド王という作品がある。度胸試しとして、狩りの間、傷ついた1匹の狼の世話を頼まれるのだが、それをヘルボーイに押し付けて黄金を貰おうとする邪な男の話である。この狼は預けられた後に戦いに飢えたバーサーカーの姿へと戻り、ヘルボーイに襲い掛かる。

ノーデンスは、漁師や狩猟の神であるのでワイルドハントの首領のイメージとも合致する。百鬼夜行を引き連れるイメージは、夜魔の主人としてのノーデンスの姿である。

ノーデンスは、よくイルカが引くソリに乗ったイラストで描かれる為に、海と関連づけられポセイドンとかトリトン的なイメージを抱きやすいが、背景を知るとまた違った印象を抱く。D20クトゥルフには、ノーデンスの馬車を引く動物は、夜魔が変身した姿であると書かれている。イルカの正体は夜魔だったのだ。

こうしたイメージを踏まえれば、ノーデンスはもっと色んな所で登場させても良さそうである。イルカなら海限定な感じがするが、ワイルドハントのイメージならむしろ森だとか荒野が良く似合う。夜魔も最初から顔の無いデーモンの姿をしている必要は無いので、猟犬や狼の姿をしていて、敵に襲い掛かる際に変身するイメージの方が登場させやすそうではある。

お助けキャラとしての扱いも、善なる主神のイメージとしてではなく、試練に答えた見返りに褒美をくれるワイルドハントのイメージであればホラー感をギリギリぶち壊すことなく、扱えるのではなかろうか。勿論、試練に失敗すると悲惨な事になるが。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-02-09 21:28 | TRPG講座・考察 | Comments(0)

【クトゥルフ神話TRPG】クトゥルフ以外での蛇人間

ヘビ人間というのは、現代では比較的ポピュラーなキャラクターである。

代表的な性質

ヘビ人間は、人類以前の超古代に文明を繁栄させていたしていた先住民族である。現在は衰退し、地下世界に追いやられているが、再び文明を復活させ地上の覇権を握るべく、時折陰謀を巡らせる。高度な知性を持ち、狡猾で魔術で人間に化けることが出来る。毒の扱いに長けている。

色んなヘビ人間

c0325386_11475843.jpg

比較的メジャーなシーンだと、アニメ化されているレゴ・ニンジャゴーにも、ヘビヘビ族という古代に地下世界に封印されていた種族が登場する。

c0325386_11514731.jpg

D&Dにも、ユアンティというヘビ人間種族が登場する。ユアンティは毒と暗殺を司るゼヒーアという悪の蛇神を信奉し、毒蛇でいっぱいの穴に生贄を捧げる。

蛇神信仰

実際の所、蛇は世界各地の文化において死と再生のシンボルであり、蛇神を祀る風習は世界中に存在する。古代エジプトにおいても、王権や神性の象徴として王冠に蛇を抱いている。古代中国における始祖も伏羲と女媧も蛇身人首の存在である。インドにおけるナーガも有名だ。日本にも蛇神信仰は多い。蛇神との異種間交配に関する伝承も、世界各地に存在する。

毒と再生のイメージから、蛇は医療は薬学のシンボルにもなった。ヘビが巻き付いたアスクレピオスの杖は、欧米で医療や医学を意味するシンボルであり、世界保健機関のマークにもなっている。

一方で、悪魔のシンボルとしても使用されてきた。そうした古代の信仰における蛇のイメージと、悪のシンボルとしての蛇のイメージから、衰退した神であり悪の種族としてのヘビ人間像が構築されたのは自然なことだろう。

レプタリアン

ヘビ人間はレプタリアンと呼ばれ、地下世界ではなくエイリアンと関連づけられて語られる事も多い。人類は太古に飛来した宇宙人によってデザインされた説と、ヘビ人間が融合した生まれた言説である。レプタリアンもまた、人間に化け、人間社会を操作する世界的陰謀の黒幕として語られる。

総論

ヘビ人間は、零落した古代の神族であり、世界征服を企む悪の侵略者でもある。要するに分りやすい人間の敵、悪役軍団なのだ。

悪の侵略型宇宙人種族と若干異なるのは、古代の伝承や神秘的な力と結びついる点である。ヘビ人間は、UFOに乗って襲来したり、ビーム兵器を使うことは稀かもしれない。既に人間社会に潜り込んでおり、科学兵器よりも、怪しげな毒や魔術を使用する。

こうした性質から考えると、ヘビ人間は、おどろおどしい呪いに纏わるホラーに登場させるよりも、悪の軍団を壊滅させる派手目なシナリオ向きかもしれない。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-02-09 18:47 | TRPG講座・考察 | Comments(0)

【クトゥルフ神話TRPG】コールオブクトゥルフd20

c0325386_22064219.jpg

D20モダンのルールブックがあまりにも面白かったので、直ぐに注文してみた。他の絶版サプリと違って、システムが異なるからか、幸いにも大したプレミア価格はついていなかった。

まだ、ざっと目を通しただけではあるが、目についた部分を紹介してみる。まず、第一にこれはクトゥルフ神話TRPGD&Dを融合させて作られたシステムであるということなのだが、これは要は、若干古臭くなっていたクトゥルフ神話TRPGに、当時D&Dに導入された最新システムであったD20システムでアップデートした代物であるということだ。単にD100D20に変換しましたよというだけではなく、アップデート版であることがポイントで、クトゥルフ神話TRPGのルルブに抜けている、物足りない部分の補完もされているという点は、もっと注目されても良いのでは無かろうかと思う。

クトゥルフ神話TRPGには何故か無い、技能の能力値修正システムが組み込まれていたり、基本技能にあっても良いのになと思っていたあれやこれやがあったりするのも興味深い。銃器に関しても、データだけではなくちゃんと個別に解説があったりする。

あと面白いなと思ったのは、魔導書に関する項目の中で、調査研究中に発生する不可解な出来事のランダム表なんてものがあった事だ。


シナリオの作り方に関しても、より細かく説明してくれている。テーマのパターン、動機のパターン、NPCのパターンなど、具体的に挙げてくれている。また、舞台となる時代ごとのイメージやアイデアを挙げてくれているのもありがたい。更には、サブジャンル毎の導入アイデアまで出してくれている。

また、この辺りは、D&Dのパーティ的なイメージからの影響かもしれないが、PCを最初からグループにしてしまうというやり方はなかなか役に立つアドバイスだなと思った。大学関係者グループだとか、捜査官グループだとか、カルト教団グループだとか、探偵グループ、科学者グループみたいな感じで、テーマ別で導入しやすいグループに設定してしまうというやり方である。

どうでもいいが、グレート・オールド・ワンに関してはそもそも能力値もクソも無いのでデータなんか要らないとはっきり書いてあるのは良いなぁと思った。とはいえ、D&Dとの互換性があるので、神話級のバトルをしたいならということで、一応データは用意してくれているという。D&Dから連れてこれそうなモンスターのリストなんかもあった。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-02-08 22:09 | TRPG講座・考察 | Comments(0)

【アニメ感想】新機動戦記ガンダムW

何となく懐かしさから観てみたが、全然内容覚えてなかった。

地球に侵略されつつある5つの宇宙コロニーから、同時期に5人の少年兵がテロリストとして地球に送り込まれる。一方、地球では地球連邦の中核を担っている、軍産複合体と貴族のイメージがごっちゃになった感じの軍閥勢力OZがクーデターを計画していた。・・・という、設定がなかなか面白がったが、途中でグダグダになったり、過去のガンダムの焼き直しになったりしてしまった。

でも、割と洗脳されてた少年兵が勢力図の変動なんかで、正義の方向性を見失って、戦う理由を探して放浪するというストーリーは良かった。

どうでもいいけど、市民の犠牲になんの躊躇もないレディ・アンが、唐突に二重人格化して善なる指導者になる辺りは意味不明だった。元の冷酷な鬼女キャラを全うさせればよかったのに残念。

あとメカデザインが結構好き。トールギスからのリーオーとか、ヴァイスエイト&メリクリウスからのビルゴとか。試作型⇒量産型のバランスが良い。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-02-08 19:27 | 作品・感想 | Comments(0)

【映画感想】ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち

c0325386_17405481.jpg
観て来た。最高に楽しい映画でした。奇妙で、不気味で、楽しくて、幻想的。ファンタジー映画はやっぱりこういう、魔法に掛けられた気分を体感できる作品でなくっちゃいけないなと改めて思った。

ストーリーがどうこうとか、ビジュアルがどうこうというより、とにかく豊かなイマジネーションをぶつけて楽しい気分にさせてくれる映画なので、観に行くべし。お勧めです。

大雑把なあらすじとしては、おじいちゃんがある日、奇怪な死に方をする(目玉をくりぬかれて死ぬ)。その死に方や、事件現場で目撃した怪物の存在などから、おじいちゃんがかつて怪物と戦っていたという話やその他諸々の信じられないような不思議な話の真相を確かめたくなった主人公は、おじいちゃんが子供の頃にいたという、変わった子供たちが集められた養護施設に向かう。そこは異能を持った子供たちを保護するシェルターであった。そして、そこにサミュエル・L・ジャクソン率いる悪の異能者軍団が攻め込んでくる・・・。みたいな感じ。

個人的な見どころとしては、ホローっていう怪物が、完全にスペクトラル・ハンターな所(クトゥルフ神話TRPGネタ)。これを観たら、シナリオにスペクトラル・ハンターを出したくて仕方が無くなるはず。あと、TRPGで別に中世が舞台って訳でも無いのにクロスボウの射程を大型、中型、小型に分けて細かく載ってたりするシステムがあるけど、クロスボウとか使う場面なんかあるのかよと思ってたけど、この映画観たら、クロスボウって素敵!って思えた。

[PR]
by cemeteryprime | 2017-02-07 20:40 | 作品・感想 | Comments(0)

【TRPG】D20 モダン

c0325386_11184225.jpg

去年に秋葉原のイエサブで見かけて購入。ようやく、中身を読んでみたのだが、なかなかに面白い。

端的に言えば、現代アメリカを舞台にした魔術あり超能力ありSFありモンスターありの伝奇アクションストーリーを再現する為のTRPGシステムである。スーパーナチュラルだとか、バフィ・ザ・バンパイア・スレイヤーだとか、あとカルト教団なんかが敵として登場する大抵のアメコミの世界観なんかとも近い感じ。特務機関のサイオニック捜査官として、現代の都市に巣食う闇の者たちを狩るみたいなストーリーが簡単に遊べる。

基本的なシステムは、D&Dなので、経験値デザインだとか、ミニチュア戦闘ルールだとかも、作り込まれている感じ。あと、海外TRPGルルブの特徴として、設定集なんかがボリュームがあって良い。D&Dのシステムは、経験値デザインがあるので、敵キャラのレベルデザインもシステムで細かくサポートされているので、バランス崩壊させない形でのカスタムも可能になっている。

怪異相手にヒーローが大活躍する様な、現代伝奇アクションをクトゥルフ神話TRPGのシステムでやるのは無理があるので、そういうのをやりたい人はこちらのシステムがお勧めである。ちなみに、現代伝奇モノ的なシナリオに関する素材も色々とサポートされているので、見かけたら参考資料として買ってみても損は無いはず。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-02-06 18:18 | TRPG講座・考察 | Comments(0)

【アニメ感想】攻殻機動隊SAC

c0325386_17051620.jpg

エクリプス・フェイズの参考作品の1つに上がっていたので、今更だが攻殻機動隊SACと、SAC:2ndGIGを観た。ネトフリで観れる。

ザ・SFって感じの世界観やガジェットが色々登場して、なかなか面白かった。原作知らんから、電脳化が、実際にどういう処理なのかが分からんかったが、脳に情報通信端末みたいなのを接続してるとかそういう事なのかな?

シーズンを通して笑い男事件を追いかけつつ、色んな小話を挟んでいく連ドラ形式も良かった。タチコマが進化していく話が好き。

シーズン2は、割と似たような話だった上に、ごちゃごちゃと御託が多くなっちゃって、シーズン1と比べると微妙だった。単なるお約束なのかもしんないけど、トグサの役回りも似たような感じだし。割とどうでも良いポイントだが、クゼの資金稼ぎ方法(小数点以下の端数を盗むやつ)が、スーパーマンⅢの奴やん!ってなってちょっと笑った。ハイテクどころか、80年代の手法やぞ!

シーズン2はラストで、笑い男が協力してくれないのは納得がいかなかったな。何のために冒頭で登場させたんだよという。唐突にタチコマの母艦衛星で特攻させる意味も分からんし。データ移すとか、バックアップ取るとか、何とでも出来るだろうに。という感じで、話自体がすげー面白いというかは、世界観ありきで面白い感じ。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-02-01 19:02 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(112)
(45)
(27)
(24)
(21)
(19)
(17)
(17)
(15)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(1)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月