blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【雑記】12のテンプレート
at 2017-04-20 18:52
【クトゥルフ神話TRPG】悪..
at 2017-04-20 01:22
【クトゥルフ神話TRPG】ジ..
at 2017-04-19 18:59
【シナリオ】リターン・オブ・..
at 2017-04-18 23:16
【創作】シナリオ作成のルール
at 2017-04-18 21:02

【映画感想】レゴバットマン ザ・ムービー

c0325386_12484358.jpg

レゴムービーは観た事なかったので、初のレゴ映画。


レゴの世界というギミックのお陰で、極端なパロディやデフォルメ表現が許されている。レゴの世界だからこそできる、バットマンのストーリー。とても面白かったです。


ざっくりとあらすじを説明すると、家族を再び失う恐怖と向き合えず、自分の殻にこもって孤独な生活を送るバットマン・・・及びブルース・ウェインをみんなが殻から引っ張り出す話である。


ブルース・ウェインとしての孤独だけではなく、バットマンとしても敵にも味方にも特別な関係性を認めない孤独な人物として描かれていたのが面白かった。お前の最大のライバルは俺じゃないの?と迫るジョーカーに対して俺のライバルはスーパーマンだと冷たくあしらうんだけど、その後に自分と同じく孤独なヒーローだと思っていたスーパーマンが孤独の要塞でJLAの仲間たちとパーティーをしていた所を目撃しちゃってショックを受ける所が最高。


バットマン映画としてこれまでのバットマン作品への言及があったり、キングコングやらサウロンやらウォルデモートやら色んな映画の悪役軍団が登場しちゃうなんでもありな所も楽しい。真面目な話として、レゴでやるから見える批評性みたいな部分が凄い面白いかった。あと、レゴだから許されるラストも凄い笑った。


でも、個人的に一番最高なのはバットマン世界がガッツリとレゴに組み込まれたことでは無かろうか。コミックでも滅多に観た事ないようなドマイナーなヴィランたちまで、ミニフィグ化されて、実際に商品化されている。映画を観ながら、このミニフィグ持ってる~とか、こいつのミニフィグ欲しい~ってなるのが何より最高なのだ。


感覚としては、スーパーヒーロータイムとかロボットアニメのイメージが近い。玩具会社とのタイアップで造られた作品には、商品を欲しがらせる為にストーリーと映像によって玩具(キャラ)をより魅力的に見せるというCM要素があるが、魅力的な商品と作品が上手い事融合すると作品自体の魅力も、自分の物に出来る、買って遊びたいという所有欲によってブーストされる。この作品も、そうしたマジックが機能している。


ぜひ映画を観て、レゴを買って遊んでみるのがお勧めです。


[PR]
# by cemeteryprime | 2017-04-05 19:47 | 作品・感想 | Comments(0)

【映画感想】SING

c0325386_17310016.jpg

万人にお勧めできるタイプの最高の音楽映画。

とにかくタイトルの通り、歌についての映画である。新旧のヒットソングが登場しまくるのも楽しいし、歌の持つドラマやカタルシスが最高に引き出されている。ズートピアもそうだったけど、動物キャラを使う事によって、ドラマ性も身体表現もデフォルメが利いていて素晴らしい。

あらすじとしては、潰れかけた劇場のオーナーが最後の興行として賞金が出る素人のど自慢大会を開催する。そこに集まった人たちの群像劇である。

ブタのロジータは、子育てに翻弄される歌好きの専業主婦で、彼女のストーリーの主なテーマは抑圧からの解放である。ブタだから死ぬほど子沢山というのが笑える。のど自慢大会に出る為の練習時間を作る為に、日々の家事をからくり仕掛けでオートメーション化するんだけども、子供も旦那もまるで気が付かないという皮肉な描写が活かす。ラストは、日々のルーティンに埋もれて留守にしていても気付かれなかった専業主婦のメスブタ(文字通り)が活き活きとして歌う姿を見せつけ、子供たちも旦那も今まで観た事がなかったロジータの姿に熱狂する。

ゴリラのジョニーは、ギャング団のボスの息子で犯罪稼業の跡継ぎになることを求められている青年である。ジョニーの話も、抑圧からの解放だ。ジョニーは本当は歌手になりたいのだが、親父はそんなことをを許さない。本当は別の事がしたいアメフト部のスター選手の話みたいな感じである。こっそりのど自慢大会の練習をしていたことが最悪の形でバレて勘当同然になるんだけども、ラストで素晴らしい歌を披露するジョニーの姿を見て、親父の心が動く。ゴリラならではの躍動感溢れる和解シーンが最高だ。

ヤマアラシのアッシュは、彼氏とロックバンドを組んでいる女の子。今まではロック歌手を気取る彼氏に合わせる形で自分を抑えていたが、のど自慢大会が原因で彼氏と別れ、傷心を糧に、最高のロック歌手へと変貌する。ロックな精神が、実際にトゲとして周囲の人に刺さりまくる描写が面白い。

ネズミのマイクは、人間的には糞野郎なミュージシャンである。別にのど自慢大会をきっかけに成長したりはしないが、ラストにそれまでの糞野郎っぷりを吹っ飛ばす才能を見せつけてくれる。悪人タイプの主人公は、何かしら尊敬すべき美徳を1つは持っているが、マイクの場合はそれが音楽なのだ。

ゾウのミーナは、歌の才能があるが、内気でみんなの前で歌えない女の子。ミーナの話は、言ってみれば自分の殻から周囲の人々によって引っ張り出される話である。ラストでオオトリを飾り、パワフルな歌声を披露する。

歌に関する幾つものドラマが、のど自慢大会というイベントを通じて1本に収束していく。ドラマも面白ければ、歌も最高。いうことなしの1本である。

ちなみに、借金に追われて潰れかけの劇場支配人のコアラのバスター・ムーンの話も好きだ。金持ちの息子で何もして無さそうなボンクラな羊のエディとのポンコツ相棒コンビで頑張る部分が楽しい。あと、期待されていなかった人たちが最高のステージを作り出して、町中を熱狂させるという全体的なストーリーもシンプルに最高である。


[PR]
# by cemeteryprime | 2017-04-05 18:29 | 作品・感想 | Comments(0)

【雑記】ストーリーの構成について

何度か書いていた様な気がするはずの、基本的なストーリー構造についての記事が見当たらないので改めて最新版を書いておく。



第一幕:オープニング

  • 主人公の初期状態(人物や周辺環境)についての説明。
  • テーマ、課題、答えを出すべき疑問の提示。

決断ポイント1

  • 何らかの変化がおこり、非日常にアクセスする動機、きっかけが生まれる。
  • 主人公が自ら日常のルーティンから離れる。

第二幕、前半

  • 主人公が非日常を調査する。学習する。順応する。
  • その世界ならではの、物見遊山的なイベントが発生する。
  • 最後に締めくくりとなる打ち上げ的なイベントが起こる

第二幕、後半

  • 一転して主人公が転落をはじめ、次々と恐ろしい事態が迫りくる
  • 色々なものを失う。
  • でも最後に何かを掴む。

決断ポイント2

  • 対決するか逃げるかの最後の選択の機会が与えられる。
  • 自分なりの答えを見つける。=成長、もしくは変貌。

第三幕

  • ラスボスと対決する。
  • 自分なりの答え(変化)を突きつける。
  • 色々な真実が明らかになる。

エンディング

  • 主人公が再びルーティンの世界に帰って来る。
  • 主人公の変化がもたらした新たな日常の説明。

[PR]
# by cemeteryprime | 2017-04-03 18:56 | 雑記 | Comments(0)

【ドラマ感想】アイアンフィスト

c0325386_18410965.jpg

主人公のダニー・ランドは、10歳くらいの時に、乗っていた飛行機がヒマラヤで墜落。両親を失うも、運良く助かった彼は、付近に修道院を持っていたカルト教団に拾われ、15年間をそこで過ごした。やがてカルト教団の名誉ある警備員となったダニーだったが、ある日、故郷が恋しくなり、教団から逃亡する。

これは、カルト教団で15年に渡って洗脳を受けて育った為に、身体は大人、頭脳は子供となった哀れな青年ダニー・ランドが、ニューヨークに帰郷して巻き起こすドタバタ劇である。

なので、アイアンフィストというヒーローが活躍する話では全然なくて、それを期待して観ていると凄いイラつくんだよね。ダニーというある意味、カルト教団による洗脳教育の被害者の話だという前提が無いと観ていてキツい。主人公が、犯罪と闘うヒーローというより、犯罪の被害者であるというパターンは、ジェシカ・ジョーンズでも観られたモチーフである。ただ、ジェシカ・ジョーンズが、パープルマンに打ちのめされ、恐怖しながらも、最後には立ち向かいぶち殺したのに対して、アイアンフィストの場合は洗脳していた教団に対して別に立ち向かう訳でもないし、割と可哀想な人として周囲からも大目にみられるばかりで、カタルシスが無い。

個人的には、ダニーよりも、嫌な奴だけどめちゃくちゃ不幸で苦しんでいるウォード・ミーチャムの話の方がよっぽど面白いし、もっと見たい感じ。

アクションの面においても、カンフーはするんだけど、そこまで強くないという点が観ていてなんだかなーなポイント。能力も、滅茶苦茶集中すると拳にエネルギーを溜められるというだけなので、殆ど使えないに等しいという。大怪我したり、薬を盛られたりすると、直ぐに使えなくなるし、そもそも健康な時でさえ、ウルトラマンにおけるスぺシウム光線の方がまだ使用頻度高いんじゃないのというレベル。アイアンフィストの力が、ダニーの妄想じゃなかったという、証明くらいにしか役に立っていない感じ。

15年も修行しかしてなかった割に、糞雑魚なのも、観ていてがっかりするポイント。子供の頃から洗脳されていて馬鹿なのは仕方ないとして、戦闘力までその程度ってなんやねんと。

似たような設定(海難事故で死んだと思われていたが、5年後に修行して戦士になって帰って来た大企業社長の息子の話)から始まるアローの場合、武術の達人として帰って来た部分に凄い説得力があったので、その時点で熱かったんだけど(ムッキムキだし、役者の運動能力凄いし)、ダニーの場合はどうみても草食系男子って感じでヒョロヒョロだし、カンフーもそこまで強くないわで、微妙すぎるんだよな。とにかく恰好良く無いんだよ。

ネタバレになるが、最後の取って付けたような、ダヴォスの裏切りも、ドクターストレンジにおけるモルドの唐突な逆切れ闇堕ちみたいな感じで残念。




[PR]
# by cemeteryprime | 2017-03-20 18:42 | 作品・感想 | Comments(0)

【雑記】オカルトについてのあれこれ

『悪霊にさいなまれる世界』を読んでの、オカルトについてのあれこれ。

人間とオカルト

そもそも人は事実よりも、信じたいものを信じる傾向が強い。それ故に、分かりやすい話、面白い話、手軽さに流されやすい。

基本的に真実は、見極めるのが困難である。苦労して、分かり難く、面白くもない、科学的事実を追求しようとする人間は、はっきり言ってマイノリティである。大多数の人間はオカルトや、オカルトと言えないまでもインチキに飛びつくというのが、真実である。オカルトは、そうした人間の心のニーズに応える形で発生する。

つまり、オカルトはより自然で、科学は人間にとって不自然なのである。オカルトは非日常的な存在ではなく、むしろ日常的で人間に寄り添った言説なのだ。ただ、一般的にこうした事実は正しく認識されていない。人はオカルトをオカルトとも思わず認識しているというのが実情である。

冒頭に挙げた、人がオカルトに流される理由以外にも、科学的に正しい認識から人を遠ざける原因はある。そもそも、人間は生理的に誤認を起こしやすいという問題がある。記憶も簡単に書き換わってしまうし、見間違い、聞き間違い、幻覚といった現象もそれほど珍しくは無い。嘘を信じやすい上に、嘘を体験しやすいのである。

反オカルトとしての科学(的思考)

とはいえ、オカルトと科学、より人間的であるのはどちらかと言えば、もちろん科学である。科学的思考や科学知識の集積は人間特有の能力である。オカルトは人間的というよりは、本能的とか動物的という表現が近い。

オカルトに騙されたり、嘘を信じてしまわない為には、批評的な思考が重要になる。しかし、常日頃から批評的な思考をするのは疲れるので非常に困難である。それ故に、科学的思考は訓練によって初めて身につくものであると言える。科学知識をいくら暗記しても、科学的思考が身に付いていなければ、簡単にオカルトに流されるという事実も忘れてはいけない点である。

それ故にオカルトは文化レベルに関係なく蔓延るという点も重要である。ジャングルで暮らす原住民であっても、生命維持に直結する狩猟などについては、長年の経験から培われた高度な科学知識と科学的思考を駆使する。むしろ、命に直結する問題が少ないという点では文化レベルの高い都市の方が、オカルトが蔓延する土壌があるとも言える。

癒しとしてのオカルト

オカルトが一番侵入しやすい領域は、勿論人の心に関する領域である。宗教なんかがその際たる例で、科学的には嘘の塊であり、言ってみればオカルトである。

科学的真実は、単に事実と自然の法則を説明する為の物であって、人の心を癒す物では無いのである。人の心に科学的にアプローチする手法としては、薬物を使うという手もあるが、オカルトを使った方が遥かに安全で手軽だろう。よく言えば、そもそもオカルトは常に人の心によりそう形でデザインされているのである。

ちなみに、人は自分の過ちの責任を転嫁してくれる話に惹かれやすいという性質がある。自分の問題を棚上げしてくれたり、罪悪感を軽減してくれる様なオカルトは大歓迎だろう。

ただし、こうしたオカルトには、問題解決を先送りするという致命的な危険性がある。科学的思考が目の前の問題を解決する為の技術なら、オカルトは真逆で目の前の問題から目を逸らさせる為の技術である。

オカルトはある意味、鎮痛剤に似ているとも言える。日頃から病気になっても病院に行かずに、何でもかんでも鎮痛剤で誤魔化して済ましていた場合、深刻な病気になっていても発見が遅れて致命的な結果を招きかねない。

世の中には、目を逸らしても良いレベルの比較的どうでも良い問題と、目を逸らすと致命的な問題が存在する。日常からオカルト思考に慣れきってしまうと、後者のケースにおいて危険な事態に陥るのである。先にも述べた通り、科学的思考は訓練しないと身に付けなければいけないものなので、重要なケースにおいてのみ都合よく科学的思考を働かせるというのは無理な話なのである。

悪魔崇拝カルトに関するオカルト

唐突な話になるが、アメリカ人が大好きな邪悪な悪魔崇拝カルトという物は実は存在自体がオカルトであるらしい。というのも、これは敵は邪悪であってほしいという保守的なキリスト教団体の願望から生まれた言説らしいのだ。

要は、外道な悪魔崇拝者が存在して、陰謀を巡らせている。だからもっと信仰を強く持って、非キリスト教的な物を排斥しようというキャンペーンの為に生み出された仮想敵なのである。

面白い事実として、悪魔崇拝カルトは人肉を食べ生き血をすするという話があるのだが、そもそもキリスト教自体、初期はそういうレッテルを張られ、ネガティブキャンペーンを展開されていたらしい。パンはキリスト教の肉であり、ワインは血であるという説教を曲解されたという説があるらしいが、日本における初期キリスト教への偏見においても似たような話は聞いたことがある。つまりは、どこの国においても自分たちの宗教を正当化して敵を攻撃する際に、やつらは悪魔を崇拝して、人間を生贄に捧げ、生き血を飲み、乱交に耽っているという様な、お決まりのネガティブキャンペーンを展開するという話である。

一方で、よく知られている話として、悪魔の名の下に行われた殺人よりも、神の名の下で行われた殺人の方が圧倒的に多いという歴史的な事実がある。戦争規模の話から、残虐な殺人事件や児童虐待など、それこそ悪魔的な犯罪行為を正当化する為に宗教が持ち出される事は割と多いのである。ただし、そもそもの宗教の教義にそうした行為を正当化する様な主旨は無い。あくまで、自分たちの行為を都合よく正当化する為に曲解して持ち出されるのである。

先に説明した、悪魔崇拝カルトに関するオカルトも結局の所は、そういう邪悪な連中を滅ぼす為には、宗教の名の下で何をやっても許されるという、危険な思想を孕んでいるのである。

魔女狩りに関するオカルト

魔女狩りとは、かつては教会が主導して罪の無い人々を魔女として処刑しまくった事件であったと認識されていた。しかし、実態は不安や不満を溜め込んだ民衆が生贄を求めた集団ヒステリーであった。要するに、民衆の側があいつは魔女に違いないので処刑してくれと行政におしかけて、民衆の力に押された行政が教会に押し付けたという構図であった。

似たような所だと、マスコミが加担してとんでもない冤罪事件が発生したり、民衆の圧力に屈して裁判所が判決を変えてしまったり、という光景は別に現代においても珍しいとまでは言えない。こうした現象の背景に、特別に狂った民衆がいた訳でも無いというのが、真に恐ろしい点でもある。単に不安に流されて理性的な思考を放棄した人が多かったというだけである。

ここから言えるのは、恐ろしい事件の背景に魔女や悪魔崇拝カルトは要らないという点だ。

オカルト的な共依存

とはいえ、世の中にはとびっきり狂ったオカルトが登場する事がある。宇宙人に誘拐されて人体実験をされたという話があれば、カタストロフィを実行しようとしたカルト教団もいた。

アメリカでは一時期、セラピストが幼い頃に父親に性的虐待を受けた(と思い込んだ)人間を量産して、誤認逮捕が続出したという事件があった。話がエスカレートして、家族が悪魔崇拝カルトでありその犠牲になったと証言されたケースもあった。

こうした冤罪事件のベースには、自分は可哀想な被害者であるので、もっと注目してほしい、もっと同情してほしい。そういう願望が、生み出した患者の嘘があった。そして、そうした事件を扱えば有名になるのはセラピストも同じで、それ故に患者にそうした記憶を期待したセラピストもいた。その結果、患者とセラピストが無意識にお互いに偽の記憶を期待してしまい、結果として存在しない記憶が量産される事になった。バリエーションとして、宇宙人に誘拐されて性的虐待を伴う人体実験を受けたという話がある。犯人が宇宙人の場合は、身内が逮捕される事もなく、被害者意識と知名度だけが手に入る。

セラピストが偽の記憶を植え込んだ事件の場合、別にセラピストが一方的に偽の記憶を植え込んだというよりは、そもそも何かを期待した患者がいて、その嘘にセラピストが乗っかって助長させてしまい、やがては患者側がセラピストをもっと喜ばせようと、どんどん話の内容をエスカレートさせてしまうという危険な構図があった。

同じ様な事は、カルト教団でも起こり得る。オカルト的な癒しを期待する信者と、オカルトによる癒しを与えようとする教祖がいれば、十二分に常軌を逸したオカルトが誕生する場となり得るのである。

ちなみに大航海時代の話だが、やってきた白人を勝手に神様扱いした原住民が、触れられたり、持ち物を貰っただけで、病気が治療されたという例もある。もちろんその白人たちは単なる船員であり、特別な力など何もない。単に原住民が、一方的に特別な力を期待しただけである。

一方的な期待でも、それくらいの奇跡は起こるのだから(あくまでもプラセボの範囲内だが)、相互依存的な期待であれば可能性は無限大だ。超能力や、もっとクレイジーなオカルトもまかり通ってしまうはずだ。

自分に何の超能力が無いと分かっていても、触れられるだけで病気が治ったという信者が大挙して押し寄せ、あなたを崇拝したらどうなるか。まともな人間なら、むしろいかれた教祖になってしまうはずである。と、考えるならば真にやばいカルトに必要な要素は、ヤバい教祖よりもむしろ、ヤバい信者の方なのかもしれない。教祖の方に必要なのは、信者の期待に応える演技力と、ヤバい信者を集めるマーケティング力なのかもしれない。


[PR]
# by cemeteryprime | 2017-03-04 23:37 | 雑記 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(109)
(44)
(27)
(24)
(21)
(18)
(17)
(16)
(13)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月