blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【TRPG】12星座のアーキ..
at 2018-01-17 23:32
【ゲーム感想】フォールアウト..
at 2018-01-10 10:47
【クトゥルフ神話TRPG/日..
at 2018-01-07 10:06
【TRPG】RPGと世界観
at 2017-12-25 19:27
【TRPG/雑記】コンテンツ..
at 2017-12-21 19:24

【映画】猿の惑星/ライジング (感想)

c0325386_9595229.jpg


猿の惑星リブートの2作目。前作に引き続いて今作もなかなかの傑作だった。

前作は、アルツハイマーで曖昧になっていく老人とどんどん賢くなっていく猿のシーザーが対比的に描かれていたり、人に近い知性を手に入れたシーザーが一種の奴隷的な扱いを受けたりと人の尊厳についてをテーマにしていたと共に、群れからはぐれて人間に育てられたシーザーがどん底に落ちた後に逆境を乗り越えてサル達の王になり仲間を解放するというある種の貴種漂流譚的なストーリーだった。

今作ではシーザーが王として猿の共同体を築いて十年後くらいの話。前作の猿インフルエンザによるパンデミックからわずかに生き残っていた人間のコミュニティと接触したことで諍いが起こる的なストーリー。

その辺りの描き方としては、インディアンと白人の異種コミュニケーション物的な感じ。馬に乗ってライフル振り回しているエイプ達の描かれ方はもろにそんな感じ。そんなストーリーを骨格に、シーザーと息子の間にある親子の確執とか、エイプ内での王位簒奪話とかが描かれる。前作がまさしく種族誕生の創世記的なストーリーなら、今作は古代王朝のゴタゴタを描いたようなストーリー。

いちおう、人間との交流は描かれているものの基本的にエイプ達を主人公とした歴史ドラマ物に近い。ストーリーの構造が奇をてらった物ではなくて王道的な感じなので、その分サル達の個々の描写とかドラマの描かれ方が半端無くてめちゃめちゃ熱いし、ストレートに盛り上がる。

ネタバレも糞も無い内容なので書くが、今作の悪役はコバ。人間に愛着あって穏健派なシーザーに対して、虐待され続けたせいで人間を憎悪しているコバが不満を募らせて人間との戦争を利用してクーデターを起こす。

コバのそういうオリジンもあるんだろうけど、前作を改めて観たらコバは最初の新型アルツの被験体でシーザー達に解放される以前から覚醒してたんだよね。その辺もあって、シーザーに薬もらって覚醒した連中よりもシーザーに対する忠誠度が低かったんかなーみたいな。群れでも、ライオンキングにおける悪い伯父さん的な立ち位置でいい感じなんだよね。

個人的にこん作の主役はコバと言いっても過言では無いくらいにコバが暗躍しまくっていた印象。悪役が元気な作品は観ていて面白い。コバが馬鹿な猿のフリして人間を騙す下りとか最高過ぎた。強面の悪役なのにこういう事ができる辺りは、猿であることを活かした演出でなかなか良い。

後、ラストも最高だった。古いハリウッドのアクション映画のお約束的な、燃え上がるタワーでシーザーとコバのタイマンによる殴り合いの決戦があるんだけど、それがそのままちゃんと群れのボスを決める決闘になっているという合理性がある(猿だから)。上手い。
[PR]
# by cemeteryprime | 2014-09-22 10:38 | 作品・感想 | Comments(0)

【映画】最近観たやつ6本 (感想)

『ゴジラ』
普通に怪獣映画として良かった。が、なんで親父が途中で死んでしまうんだよ!とか、後半の無駄にだらだら長い人間パートが退屈すぎて眠たかったりとか、最高傑作って感じでも無い。ドラマパートが足を引っ張ってる感じ。ハリウッドっぽい、インチキ臭い日本描写は割と好き。

『るろうに剣心 京都編』
前作に引き続きアクションとか殺陣はそこそこ良いんだけど、シナリオ的には突っ込みどころが多い感じ。割と冒頭からズッコケ感しかなくて、なんだかなーって印象が強い。瀬田宗次郎のアクションとかは再現度高くて良かった。大量の志々雄が発生しているシーンとかは、貞子3Dを彷彿として楽しかった。

『トランスフォーマー:ロスト・エイジ』
やたらと広告が多いけど、あからさまなのでノイズというよりは一周回ってCM風ギャグみたいな感じに。三つ巴バトルだったけど、中途半端に決着つかずに続編感まるだしで終わったのは微妙だった。主人公のマーク・ウォルバーグが一般人なのにムキムキ過ぎる上に強すぎやろ感はあったけど、そんな人間パートが基本的に面白かった。

『イン・ザ・ヒーロー』
ベテランのスーツアクターが遂に俳優デビューの夢を掴むという作品。特撮のスーツアクターに全面的にスポットを当てた様な内容なので特撮好きにはそれだけで興味深いし面白かった。キャスティングが良くて主演の唐沢寿明が主人公と経歴的にカブる部分も多くてその辺も踏まえて観るとより感動的でいい感じだった。内容が内容なだけに、ちゃんとノンスタントで唐沢寿明が全部やってたらしいのでその辺も凄い。最近観た邦画の中ではかなりアタリ。福士蒼汰の外国人弟と妹が凄い違和感あったが、まぁ仕方が無いんかなw

『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』
新作マーベル映画。銀河系を舞台に、トレジャーハンターからの脱獄からの宇宙を救う展開と、アクションエンターテイメント感を詰め込んだ楽しい作品。冒頭から笑かしてくれるし、”楽しい”映画。音楽に関してはいろいろ言われてるけど、正直聞いたことある曲少なかったし、そこまで印象的に劇中で曲が使われている感じも無かった。もともとあの曲を知ってる人が聞くとおっ!ってなるんだろうけど、映画観てこの曲いい!って感じでは無かった。どうでもいいが、グルートが強すぎ!そして、ドラックスの中途半端感。今作もサノスがちらほら出てきてて引っ張るねーって感じ。アベンジャーズ2を待つしか無いのかな。

『フライト・ゲーム』
リーアム・ニーソン映画。飛行機内で予告殺人による脅迫が行われて乗り合わせた捜査官が奮闘するみたいな話。割と普通に犯人は?手口は?みたいな感じの映画。ラストは勿論、飛行機映画なので・・・。アル中で憔悴しまくった主人公が良いように犯人に翻弄されてテンパッて暴走する感じなので、落ち着けオッサン!って感じがリーアム・ニーソン感あって面白かった。犯人が判明したら、確かに落ち着いて考えればそうだわとしか言いようが無い感じなので、シナリオはそんなにアンフェアな感じでも無い。
[PR]
# by cemeteryprime | 2014-09-16 22:10 | 作品・感想 | Comments(0)

【映画】超高速!参勤交代 (感想)

c0325386_23294221.jpg

あまりに暇だったから、普段は観ない感じのこんな映画を観てきた。

正直、つまらんかった。シナリオも酷いし、テンポも酷いし、無駄に長い。そんな感じ。たまに笑えるシーンはあるものの(西村雅彦)、基本的に単発的なギャグのみ。全体的には笑えないというか滑ってる感じの場面の方が多かった印象。

基本的に、お取り潰しを企む悪い家老だか老中だかに田舎の弱小藩(茨城県)が、たった5日という通常ありえない期間で参勤交代しろという無理難題をふっかけられるという話。で、無茶な参勤交代の間に色々とキャラのドラマとかが挟まれるんだけど、ストーリーに全く関係無いキャラ・エピソードみたいなのばっかりでノイズ以外の何者でも無いのよね。いまのエピソード必要あった???みたいなのの連続。さらに、シナリオにもあからさまな矛盾が多くて観ててストーリーに集中できないのが難点。

メインストーリーからして、敵が単純に藩を潰したいが為に、ありもしない金山隠しの容疑を主人公たちの藩に掛けて不可能な参勤交代を命令したというストーリーなら判るんだけど、敵が金山の存在を確信していて、金山欲しさに主人公たちの藩を潰そうとしたのに最後に金山無いの判ってガックシみたいなオチになってて全く意味が判らんかった。敵役が隠し金山の存在を確信して藩に嫌疑をかけたんなら正当な理由すぎるし、調べれば判るんだから、参勤交代を妨害する意味無いでしょ。金山と別件の理由で参勤交代の因縁つけたならまだしも、おもいっきり金山に絡めてるのでこっそり金山を接収とかも不可能になってるし。

そもそも論として、無茶な参勤交代を提案してそれが普通に受領される意味も不明なんだけども。無茶な参勤交代に間に合うか間に合わないかが一体何の証明になるんだ???

更に何故か終盤では、最後の妨害とばかりに町中で忍者軍団が参勤交代に襲いかかるという謎展開があるんだけど、皆殺しでOKならわざわざ幕府にバレそうな江戸で襲う意味が判らなすぎて・・・。というか、白昼堂々黒尽くめの忍者軍団が町中で襲いかかる絵面がシュール過ぎて・・・。

結果的に、敵が勝手に勘違いして余計な暴走して自滅するだけの話だったので、なにがしたかったの???馬鹿なの???という感じ。

後は、こう朴訥な茨城県の田舎者を記号的に演出したかったんだろうけど、全員が終始鼻が詰まったみたいな声で、「んだ~んだ~」みたいな間の抜けた喋り方してて、これ田舎者というか、単に馬鹿じゃないの?みたいな演技だったのも気になった。

あと、冒頭からナレーションが入るんだけども、物凄い聞き取りにくい、むかーしむかし風のおじいさん口調なんだよね。てっきり登場人物の誰かなのかと思ってたら、結局誰でも無くて、単に聞き取り難いだけという。

キャストに関しても、田舎侍で武術だけはピカイチみたいな設定の割には弱そうな奴らばっかでどういうキャストやねんとしか。武闘派っぽいの寺脇康文だけやろ。六角精児のどこが武闘派なんだ。

やるんなら、真面目と誠実さだけが取り柄な脳筋の田舎侍たちが、無い知恵を絞って無茶な参勤交代の道中で四苦八苦するコメディで良いじゃん。武闘派軍団設定なら、雑魚忍者軍団とか大した障害にならんし、いらんやろ。

で、こんなグダグダな糞みたいな内容なのに、こんな負担の大きい参勤交代を命じる幕府は民の事を考えてない!将軍だろうが、農民だろうがみんな平等だ!みたいな取ってつけたようなしょうもない浅はかなメッセージがチョコチョコ出てくるので、クサーッ!!クサーッ!!って感じ。

ちなみに、作中では正直農民が参勤交代で苦しんでる描写は無いし、大名行列に対する町民の反応もパレード観てる程度。単に今回は変なとばっちりで臨時の参勤交代する羽目になったから主人公たちが苦しんだだけだし、主人公たちの藩が極端に貧乏なのはド田舎すぎるのと主人公が勝手に特別年貢を低くしているだけなので、知らんがなとしか。

参勤交代自体の必要性は小学生でも知ってるし、そんな訳の分からん感じでディスられても反応に困る。しかも、イマイチ民衆の事を考えてない感じの将軍が徳川吉宗というのも意味不明なポイント。なぜ敢えて、比較的イメージの良い吉宗を持ってきたんだろうか。ちなみに、史実的イベントは皆無なので、敢えて吉宗の時代にする必要も無さげ。

・・・・・・・とまぁ、糞映画でした。
[PR]
# by cemeteryprime | 2014-07-16 00:50 | 作品・感想 | Comments(0)

【小説】NOSF4A2-ノスフェラトゥ- (感想)

NOS4A2-ノスフェラトゥ- 上 (小学館文庫)

ジョー ヒル / 小学館

スコア:



前半は主人公が超能力に目覚め、同類と出会い、そして邪悪な同類であるチャールズ・マンクスの存在を知り、対決する。後半は全ては悪夢であったと能力を封印し、母親となっていた主人公の前にマンクスが復讐の為に蘇り息子を誘拐。息子を取り戻す為、主人公は再び能力に向き合って邪悪なマンクスと対決するという内容。

と、まぁプロット的にはスティーヴン・キングのITにそっくり。作中の固有名詞としてペニーワイズとか出てくるので、その辺りは意図的なものじゃないかと思う。作者のジョー・ヒルはスティーブン・キングの息子。息子なのがバレる前から売れてた作家なんだけど、今作はバレた後に発表された長編作品なので、逆に敢えて親父と似たプロットで書いたったみたいな事なのかなとか思うのだが、どうだろうか。

両者を比較してみると、キングはあくまでドラマに特化した人間の内面的なおぞましさとか恐怖を描くのがメインで、それ故に出てくるラスボスは”悪魔”以外の何者でもないシンプルで陳腐なキャラだったりする。今作の場合はあくまでドラマ的には家族の物語に絞られてるし、ストーリー的もきちんとファンタジー小説寄りな印象。敵も悪魔チックではあるものの元人間で明確に人格がある。キングの溢れ出るダークサイド!狂っていく住民!みたいなエクストリーム感は無いけど、バランスとれててこれはこれで良い。

敵が悪魔とかじゃなく超能力を持った元人間なので、ITよりもジョジョっぽい感じはある。今作に出てくる超能力は、キャラクターが自身のトーテムとなる道具を使って特殊能力を発動させるという物。特定の道具が無いと能力が使用できなかったりする制約とか、能力が割と概念チックな感じなのもあってスタンド能力っぽい。

例えば主人公の能力は、父親に買ってもらたマウンテンバイクをトーテムとして、探し求める物がある場所へのショートカットコース(屋根付きの橋)を出現させる能力。場所から場所への移動しか出来ないので、移動する対象には作動しないのと、行き先が判らなくてもダウジング的に目的地に到達できるのがポイント。

敵のチャールズ・マンクスのトーテムは、ロールスロイス”レイス(亡霊)”。ショートカットは出来ないものの、誰にも発見される事無く標的となる子供の家からマンクスの想像力の世界に存在するクリスマスランドまで移動できるのに加えて、能力の使いすぎでロールスロイスの方が本体化しているので車自体が怪異化している上に、車が破壊されない限り死なない。

マンクスはドラキュラ伯爵における従者レンフィールドみたいな感じで、いかれた殺人鬼のガスマスクマンを助手にしている。ガスマスクマンは、麻酔ガスを使って子供と親を誘拐した後、親をレイプして殺す担当。この吸血鬼マンクスと、部下のガスマスクマンが邪悪なロールスロイスでアメリカ中で子供を誘拐して回っているわけだ。

マンクスを追跡できるのは主人公の能力だけ・・・と、そういう展開。熱い。能力者モノだし、魅力的な敵も出てくるし、普通に面白い。
[PR]
# by cemeteryprime | 2014-07-14 14:16 | 作品・感想 | Comments(0)

【映画】アナと雪の女王 (感想)

c0325386_219086.jpg


映画観てきた。

話としては、王女姉妹がいて、姉の方が異能者で何とかそれを抑えて生きてたんだけども、なんだかんだでやっぱり隠し切れないし、周りの人を傷つけちゃうし、何より隠して生きるのが辛すぎる!みたいになって、出奔してしまって、それを妹が迎えに行くんだけど・・・異能が暴走して妹は最終的に氷結。でもなんだかんだで、姉の愛で妹が復活する・・・みたいな話。

ストレートな印象として、ブライアン・シンガー版のXメンを思い出した。エルサの魔法を持て余す描写とか、周囲の人間の魔法に対する拒絶反応の描写がほぼ、Xメンでのミュータントの描写と同じ。エルサの異能のせいで素手で相手に触れられない描写と、アナの方だけど魔法の影響で髪に白いメッシュ入る描写を足したら完全にXメンのローグの出来上がり・・・というか、ほぼ同一人物。

同じ様なテーマを扱っているのでこの関連性はある程度必然なのかも。と、いうことでこの辺の女性キャラがそういう要素で悩む絵面っていうのは、全く新鮮味が無かった。多分、「アナと雪~」の方が描写的にはストレートなので、これ見た後にXメンを観たほうがその辺はより判り易いはず。


アナ雪は確かに面白かったけども、そこまでめちゃくちゃ面白いかと言われると・・・・という感じ。レリゴーがめちゃくちゃヒットしているのでミュージカル映画として期待しすぎていたという面があるのは否めないんだけど、正直レリゴー以外の曲が微妙過ぎるんだよね。ミュージカル映画なら、2~3曲くらいは耳に残る口ずさみたくなるような歌があってしかるべきと個人的には思うんだけども、この映画の場合レリゴーしかまともに印象に残る歌唱シーンが無かった。しかも、レリゴーってかなり序盤だし、内容的に映画のテーマでもなんでも無い単なるエルサのキャラソンみたいな感じだし。

あとストーリー的な所でいうと、アナが頭と心に氷魔法食らった結果が単なる氷結という所でずっこけた。散々、心に魔法食らってたらヤバかったとか引っ張るから、性格が冷酷になるとか情熱が無くなるとかそういうメンタル系の呪いみたいなのかと思ったら、ただの氷結。氷魔法なんだから、どこに浴びても氷結くらいするやろが。

普通に考えると、氷魔法を浴びて人格が変わってしまった妹が姉の愛で元に戻る話になるんじゃないの?それ以外に、あのくだりのストーリー的な必然性がなさ過ぎ無いか?それ以外にも、無駄に入れ違い的にキャラが右往左往したり、行動に無駄が多いというかノイズが多かった気がする。ハンス王子とかも、全くメインテーマに絡んで無いし。このテーマで無理やり悪役を放り込むなら、ハンス王子が無理やり親切ズラしてエルサの魔法を封印したらエルサが廃人化してしまうとか、そんな感じが妥当じゃないの?王国の乗っ取りとか、全くストーリー的にどうでもいいし。というか、無理やりそれを絡めたせいでストーリーがとっ散らかった感がデカい。


そんな感じで、振り返るとミュージカル的にもストーリー的にもなんというか中途半端感があったかなと。確かに、ディズニー的に予定調和を破壊してて新しい事やってるのは判るけど、そこし終始しちゃってる感がなんとも。クリストファー・ノーランのダークナイトがジョーカー1点のみで傑作化したみたいなのに凄い近い気がする。レリゴーだけで傑作化している感じ。でも確かに、レリゴーのシーンはカタルシスが最高だし、歌も最高なんだよね。まぁ、それだけ。


あと、どうでも良いけど吹き替え版の雪だるまの声がピエール瀧だったのがどういう判断なの?としか・・・。
[PR]
# by cemeteryprime | 2014-07-11 22:06 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(125)
(52)
(36)
(35)
(27)
(27)
(24)
(24)
(22)
(17)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月