blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【ゲーム感想】スカイリムSE
at 2017-12-09 11:48
【映画感想】ジャスティスリーグ
at 2017-11-24 21:51
【クトルゥフ神話TRPG】ボ..
at 2017-11-18 17:13
【TRPG】キャラクターと世界観
at 2017-11-14 01:14
【映画感想】イット
at 2017-11-10 23:27

タグ:アナログゲーム ( 27 ) タグの人気記事

ボードゲーム会

久々に、ボードゲーム会をした。

とりあえずはゴキブリポーカーとディクシットを1回づつプレイ。ゴキブリポーカーは何だかんだで手札がラス1まで追い込まれて、負けてしまった・・・。ディクシットは新しく買ったデッキで全員がカード初見みたいな状態でやったら、上手くお題が出せずに全員不正解連発みたいな糞プレイになってしまった。あれは、若干の慣れがいる気がする。

そして、最後は個人的にメインのクトゥルフ神話TRPG。地味に、普段からオンセでプレイしてまくってキーパーもやったことあるというプレイヤーが1名いた。だったらプレイヤーやらせろや!感もあったけど、折角オリジナルシナリオを準備していってたのでキーパーを担当。

シナリオは以前にライブメーカーで作成した内輪向けのAVGをガチガチのTRPG仕様に改変した物。神戸市のポートアイランドと三宮と六甲、大阪のあいりん地区・・・めいた場所を舞台に連続児童失踪事件の解決を目指すというシティ型のサイコホラーな内容。

流石に事前に色々と勉強してみた甲斐あってマスタリングに関する事故は以前と比べてかなり減った印象。が、基本的に自由度が高いシティ型な上に制限時間もキツめでプレイヤー自身の推理力がある程度求められる仕様になってて難易度が高すぎた感じ。AVGと違ってコマンド表示されない部分が凶と出てしまった。

加えて、プレイヤーの警察は頼るな的なクトゥルフTRPGっぽい先入観が悪い方に作用していた感があったので、探索者に警察を入れるか、分かり易く警察の協力者NPCでも用意しとけば良かったかなと。

結果的に、プレイヤーが4名で、1名が途中で事故死(敵が脅迫の為に放った一撃が打ちどころが悪く死んでしまった)。1名はクライマックスで敵の足止めをしながら名誉の戦死。1名は一時的狂気状態に。1名が無事に目標達成でゲームクリアという感じで、割とクトゥルフっぽい感じになりつつエンディングを迎えることが出来た。

でも、エンディング後にそういえば神話生物の実物を登場させていなかったという衝撃の事実が発覚した。クライマックスがギリギリで無事クリアしてくれ!という感じでキーパー的にもテンションが上がっていてまさかの出し忘れ。神話生物は出てこないし、戦闘不要な捜査メインのシナリオだったのに何でこんなに死人が出てるんだ感はあるけど。最後の神話生物はSAN値を削って妨害する程度の扱いだったので、つい出し忘れてしまった感じ。

神話生物の現物は出てこないものの神話生物の影響での超自然的要素オンリーで、普通に怪奇ホラー物として成立していた感はあったので、割とこの路線はいけるんとちゃう?みたいな手応えは感じた。オンセで回してみたいからシナリオくれという要求も出たので、この機会に一般向けな仕様にしてもうちょっとブラッシュアップして回し易い形にするつもり。

内輪ネタ的な他のキャラは改変しても、タワシさんだけはそのままにするのでいつの日か見知らぬプレイヤーがタワシと殴りあう日が来ることを目標に作業を進めよう・・・。

c0325386_1894749.jpg

[PR]
by cemeteryprime | 2014-12-28 18:14 | 日記 | Comments(0)

【ゲーム】TRPG会 2回目

クトゥルフ神話TRPG クトゥルフ2010 (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

坂本 雅之 / エンターブレイン

スコア:



先週の土曜日、夙川に花見へ行った。・・・が、メイン目的はその後のTRPG。六甲で適当に飲み食いした後、宮菩華山荘(仮称)へ。どうでも良いが飲み屋が開くまでの時間つぶしに久々に古本市場に行ったら洋トイだとか雑貨だとか扱っててビレッジバンガードっぽくなってた。

探索者は4名。シナリオは、例のごとく三宮を舞台にした『悪霊の家』の改変シナリオ。ゲームシステムの説明とか、キャラ作成時の説明を短くまとめるのが難しい。適当にサマリーを用意した方がいいんだろか。

敵をゾンビ魔導師のコービット氏から、弱点ありまくりの魔女&脳筋殺人鬼のコンビに変えたのだが、殺人鬼がなんやかんやで強すぎたせいでゲームバランスが崩れた感じ。データ的にはゴリラを流用したんだけども攻撃の威力が高すぎたな。よく考えたら、ゴリラは人間が殴り殺せる相手じゃ無かったかな。さらに、防御呪文で守られているという・・・。一応、殺人鬼は現行犯逮捕されたものの、魔女は駆除されずにゲームは失敗。

反省点としては殺人鬼の能力値を修正しないといけない所と、敵が使ってくる呪文についてもしっかりヒントを残しておかないとという所。あと、やっぱり幾つかの資料は口で説明するより紙に印刷して渡した方が使い勝手が良い。

その後は、『屋根裏部屋の怪物』を舞台を日本にしただけのシナリオをプレイした。探索者は1名+NPC(捨て駒君)。こっちは普通にゲームクリア。探索者が1名だったせいで、余計な事をしなかったので普通に終わった。

『屋根裏部屋の怪物』は山奥の農家でゾンビの襲撃等の妨害を受けながら悪魔の逆召喚儀式を完遂するだけの話なので、これとかは無駄に説明過多で行くよりも、唐突にキャンプに行ったら道に迷って辿り着いた山荘に悪魔が取り付いていたみたいな『死霊のはらわた』的な話にしたほうが良いのかもなーとか。土壇場でパニクって余計なことをしまくるNPCを2~3名パーティに混ぜておく感じで。

2回目のクトゥルフ神話TRPGセッションはそんな感じでした。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-04-10 15:36 | 日記 | Comments(0)

【ゲーム感想】クトゥルフ神話TRPG

クトゥルフ神話TRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

サンディ ピーターセン / エンターブレイン

スコア:



前から資料として持っていたクトゥルフ神話TRPGも初めてプレイしてみた。キーパーをやった。

まぁテストプレイという形でざっくりとやってみた訳だけども、1回やってみてようやくゲーム性というかシステム面がはっきりと見えてきた感じ。なるほど、これは確かにゲームだぞと。シナリオは『悪霊の家』を適当に改変した感じでやってみたんだが2回やって見事に両方失敗。何でみんな宙を舞うナイフと戦ってしまうん・・・。

ただ、キーパーとして誘導した方が良いポイントとか、ヒント的な情報の配置の仕方とかは何となく分かったので、次こそ上手くクリアできるゲームを用意できるはずだ。多分。

今までは、単に図鑑としてフレーバー的な要素しか読んでなかったんだけど、システムが判ってからは今までスルーしていたシステム関連の数値データの方が面白い。なるほど、その能力とか演出はこういうシステムで表現するわけか!みたいな。


最近はAVGを作っていた訳だけども、AVGであれば事前にシナリオの分岐を全パターン入力しとかないといけない部分をTRPGだとアナログで処理してしまえるって感じなので作る分にはこっちの方が楽やんけ!みたいな。数値データもあるし。まぁ、アナログなのでプレイ中は計算やらなにやらの処理でキーパーは大変だけど。

昔はTRPGって茶番感のある会話ゲームなんでしょ?という偏見があったが、あくまでシステムがあってルールにそってフラグを回収してクリアを目指すという点においては大して変わらなかった。むしろ、ヒントとなるフラグを回収したら自動的に正解ルートが出てしまうデジタル形式よりは、いくらフラグを回収しても本人が気付かない限り無意味なアナログ形式の方が、自然で楽しい。

プレイヤーとしてはまだTRPGは遊べていない訳だけども、キーパーに関していうと、プレイヤーが何故か念力で動いてるだけのナイフに殴りかかって無駄に死にかけている時に何とも言えないもどかしさとか、ちゃんと推理して突破してもらえた時のクリアしてもらった感とかは結構癖になりそうな感じ。特に、伏線を拾って貰った時の達成感とかは凄い嬉しい。文字情報ではなくて会話で情報が開示されるので、プレイヤーが注意してないと伏線情報を流してしまいやすい点と、ゲーム故の双方向性がTRPGでは上手く噛み合って面白さとして機能しているなーという印象。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-03-25 09:51 | 作品・感想 | Comments(0)

【ゲーム】キング・オブ・トーキョー:パワーアップ! 感想

c0325386_86982.jpg

久々にゲーム会をして、これでもかという位にキング・オブ・トーキョーをプレイした。この前買った拡張版のパワーアップ!も初投入。

進化カードは中々面白かった。確かに怪獣毎にめちゃくちゃ個性が出て良い。謎に多彩な小技を持つパンダとか、東京にいる怪獣を全力で殺しに掛かるゴリラとか、メカザウルスは火力が凄いし、サイバーバニーはガジェットでブーストしまくる感じなのかな。ゴジラが一番地味で使いにくかった印象。確かにゴジラっぽいんだけど、ノーマルすぎてイマイチ弾けてない。

ただ、進化カードが増えた分、お互いに日和っていると中々勝負がつかなくてもの凄い停滞してしまった。なので、基本的にはチマチマとエネルギーなんか貯めて無いで殴る!ダメージを受けたら回復しつつ、進化カードでパワーアップしてさらに殴る!みたいなプレイングが正解なのかな。

全員がお互いを殺しに行くプレイに切り替えたら、凄い早い上に大怪獣バトル感が溢れる熱い展開になってより面白かった。このゲームの醍醐味はやっぱこれだなと再確認。進化カードの中には、いつでもオープンにして使える回復アイテムみたいなのもあって意外にこれが駆け引きに使える。進化カードは発動させるまで手札みたいな感じで持っておけるので、何が飛び出すのやら感もあって楽しいのだ。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-03-25 08:42 | 作品・感想 | Comments(0)

【ゲーム】パンデミック:新たなる試練 感想

パンデミック:新たなる試練 日本語版

ホビージャパン

スコア:



パンデミック新たなる試練、何度かプレイしてみての感想。コンポーネントはこんな感じ。
c0325386_0562865.jpg

世界中の都市で発生する4種類のウイルスのワクチンを作るゲーム。ワクチンが完成する前にパンデミックが8回(だったかな?)発生したり、山札が無くなってしまったり(ターン切れ)すると負け。

プレイ時間としては1時間程度。ルール等はそんなに難しく無いんだけど、ゲーム性を把握するには取り敢えず1回は通してプレイしてみないと掴みにくい。というのも、序盤はむしろ暇というか何から初めていいやらという感じなんだけども、一度エピデミック(感染拡大)が発生すると急に加速しはじめて徐々に追いつかなくなっていくような展開が多い。ウイルスが発生する都市とかエピデミックのタイミングが山札シャッフル式の完全ランダムなので、ゲーム内のテンポは結構ムラがあってその辺を把握する為に一度通してやらないと難しい感じ。

カード運に恵まれてあまり差し迫った状況が起きずにのんびりプレイしていると、地味にターン切れという展開もしばしば。逆にカード運が悪いとワクチンを作っている暇も無く対応に追われたり、油断していると急にパンデミックが連鎖的に発生してあっというまにゲームセットすることも。

エピデミックの枚数である程度難易度を調整できるのだが、標準の4枚だと少し簡単すぎる感じ。5枚くらいがゲームとして挑戦しがいがあって丁度いい。6枚は難易度が高すぎるので、十分にゲームに慣れてから万全の体制で挑む感じだろうか。ともかく難易度調整が出来るのが素晴らしい。

運要素はもちろんあるんだけれど、あくまで運次第で難易度が上がったり下がったりというよりも相手(ウイルス)の出方が変わってくる程度。プレイヤーの使用するそれぞれ特殊能力を持ったキャラクターも、どのキャラを使うと強いとか無くてそれぞれが特有の強みを持っているので、キャラ選択によってもゲーム性が変わるだけで難易度はあまり左右されない。その辺りのゲームバランスがプレイすればするほど実感できて素敵。

協力型ゲームでルールは難しくないし、ゲーム難易度もそれなりに確保されていて、結構スリリングな展開が多いのでみんなでワーギャー言いながらプレイできるのが楽しい。そしてそんな感じのゲーム性なので、みんなで協力してクリアできた時の達成感が結構凄い。

ただ、それなりに時間もかかるし、結構頭も使うので、そう続けて何度もプレイできるような感じでは無いのと、プレイ人数もMAXが4人なので結構遊べるタイミングは割と限られている気はする。面白いのは間違い無いんだけどね。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-01-05 01:27 | 作品・感想 | Comments(0)

【ゲーム】キング・オブ・トーキョー 感想

キング・オブ・トーキョー 日本語版

ホビージャパン

スコア:



キング・オブ・トーキョー、ようやくプレイした。めちゃくちゃ面白かった。コンポーネントは下の画像みたいな感じ。ゲームの内容は怪獣同士の殴り合いなんだけど、これがゲームバランスがとても良く出来ていて、かなり白熱する。

c0325386_233419.jpg


戦いは東京(1匹)VS外(残り全部)という構図で、東京に居座ることでアドバンテージもあるんだけど他の全員から攻撃されるのでその辺は残りのライフとか上手くタイミングをみながらという感じ。怪獣の選択肢としては攻撃する、エネルギーを貯める、カードの購入でパワーアップする、勝利点を稼ぐというものがあって場合によっては大して攻撃を受けずに東京に居座れたりする。

カードの名前とか図柄が良い感じなんだよね。勝利点を稼ぐカードは、街での破壊活動。強化系は、毒だったり火を噴いたり、巨大化だったりで、大怪獣バトル感がとてもよく表現されている。怪獣のコマはそれぞれ特に能力差とかは無いんだけど、能力とかプレイングとかでどんどん特徴が出てきて凄く楽しいし、それによって自分の怪獣に愛着が出てきてバトルにどんどん熱中させられる。同じカードは一枚も無いので、怪獣同士のキャラは被らないのだ。

あとダイスゲーム要素がまたいい味を出していて、ここぞという時に攻撃力が出なかったりそういうハラハラが常に付きまとうのも良い。エネルギーを貯めてカードで強化していくという要素があるので戦略性もあって完全な運ゲーにはならないんだけど、今こそ止め!というタイミングに失敗しちゃって相手は逆に回復して命拾いされるみたいな展開もしばしば。あと、バトルは一匹対残り全員の構図なので流れ次第で一気に形成逆転してしまう可能性は常にあるので、一匹が無双してしまうという事も無いし、東京に居座るか逃げるかは自由選択なので一匹が袋叩きになるという状況も生まれ憎いのがバランス良いなと感じる所。

所要時間は30分程度で軽めな割にゲーム内容は攻撃的なのでかなり白熱するし、プレイ毎にキャラクター性も変わるので、連続で何回もプレイし続けれる面白さがある。人数も4人でプレイした時も普通に楽しかったけれど、2人でプレイした時もまた違ったゲーム性の楽しさがあって人数毎で違った面白さで遊べるという点ではかなり優秀な気がします。プレイした実感としては、4人の場合は常に油断ができずミスをすると結構早く決着がつく感じで、2人の場合はお互い最後の止めが刺しづらくてじわじわと殴りあいながら隙を付く感じ。


キング・オブ・トーキョーは拡張版も2つ出ているのでこれは購入しても良いかなと考えている所。とにかく楽しいし、熱いし、言うことなし!
[PR]
by cemeteryprime | 2014-01-05 00:11 | 作品・感想 | Comments(0)

ボードゲーム会

c0325386_15244398.jpg


1/3は三宮でサムギョプサル食べ放題の店に行ったあと、六甲の宮菩華山荘(仮称)にてボードゲーム会でした。遊んだゲームは以下の5つ。


・キング・オブ・トーキョー
・ピックス
・ラブレター
・ロストレガシー
・パンデミック

キング・オブ・トーキョーは半年以上前に買っていたのだがようやく遊べた。パンデミック以外は全部初プレイで面白かった。

ピックス 日本語版

ホビージャパン

スコア:


c0325386_1559247.jpg

ピックスは、マグネットボードを使ってドット絵でお題の絵を作って何かを当てあうみたいなゲームでした。絵を描いたりするのとはまた違っていてかなり難しいんだこれが。

ロストレガシー 【ゲームマーケット2013春 出展作品】

ワンドロー

スコア:


ラブレターとロストレガシーはどっちもカードゲーム。20枚も無いくらいの山札を使う、かなり短く遊べる系。ラブレターは正直、運ゲーすぎるというか速攻で死にすぎてどの辺がラブレターなんだよ!と言いたくなる無常すぎるゲームだったけど、ロストレガシーはもうちょっとバランスが良くてなかなか面白かった。シンプルで短いゲームなのは同じなんだけど、物語性もきっちりあるし、読み合いとかももう少し出来る。

パンデミック:新たなる試練 日本語版

ホビージャパン

スコア:


パンデミックは、クリスマスにプレイしてみた時の経験を踏まえてエピデミック5枚でチャレンジ。1回目は失敗したけれど、2回目は何とか山札切れギリギリにはなったもののクリアできた。やっぱり5枚がちょうどいい感じ。4枚はちょっと簡単だし、6枚は無理ゲーすぎる。

キング・オブ・トーキョーに関してはまた後でレビュー的な物を書いてみるので省略。


夜通し朝まで遊べた。楽しかった。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-01-04 15:23 | 日記 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(123)
(52)
(35)
(35)
(27)
(27)
(24)
(22)
(21)
(17)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月