blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【映画感想】ローガン
at 2017-06-01 15:13
【ドラマ感想】グリム
at 2017-05-29 23:02
【ドラマ感想】ネトフリのいろいろ
at 2017-05-27 17:35
【クトゥルフ神話TRPG】微..
at 2017-05-24 18:49
【書籍感想】クトゥルフ神話ガ..
at 2017-05-16 20:44

タグ:クトゥルフ神話TRPG ( 112 ) タグの人気記事

【ゲーム】TRPG会 2回目

クトゥルフ神話TRPG クトゥルフ2010 (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

坂本 雅之 / エンターブレイン

スコア:



先週の土曜日、夙川に花見へ行った。・・・が、メイン目的はその後のTRPG。六甲で適当に飲み食いした後、宮菩華山荘(仮称)へ。どうでも良いが飲み屋が開くまでの時間つぶしに久々に古本市場に行ったら洋トイだとか雑貨だとか扱っててビレッジバンガードっぽくなってた。

探索者は4名。シナリオは、例のごとく三宮を舞台にした『悪霊の家』の改変シナリオ。ゲームシステムの説明とか、キャラ作成時の説明を短くまとめるのが難しい。適当にサマリーを用意した方がいいんだろか。

敵をゾンビ魔導師のコービット氏から、弱点ありまくりの魔女&脳筋殺人鬼のコンビに変えたのだが、殺人鬼がなんやかんやで強すぎたせいでゲームバランスが崩れた感じ。データ的にはゴリラを流用したんだけども攻撃の威力が高すぎたな。よく考えたら、ゴリラは人間が殴り殺せる相手じゃ無かったかな。さらに、防御呪文で守られているという・・・。一応、殺人鬼は現行犯逮捕されたものの、魔女は駆除されずにゲームは失敗。

反省点としては殺人鬼の能力値を修正しないといけない所と、敵が使ってくる呪文についてもしっかりヒントを残しておかないとという所。あと、やっぱり幾つかの資料は口で説明するより紙に印刷して渡した方が使い勝手が良い。

その後は、『屋根裏部屋の怪物』を舞台を日本にしただけのシナリオをプレイした。探索者は1名+NPC(捨て駒君)。こっちは普通にゲームクリア。探索者が1名だったせいで、余計な事をしなかったので普通に終わった。

『屋根裏部屋の怪物』は山奥の農家でゾンビの襲撃等の妨害を受けながら悪魔の逆召喚儀式を完遂するだけの話なので、これとかは無駄に説明過多で行くよりも、唐突にキャンプに行ったら道に迷って辿り着いた山荘に悪魔が取り付いていたみたいな『死霊のはらわた』的な話にしたほうが良いのかもなーとか。土壇場でパニクって余計なことをしまくるNPCを2~3名パーティに混ぜておく感じで。

2回目のクトゥルフ神話TRPGセッションはそんな感じでした。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-04-10 15:36 | 日記 | Comments(0)

【ゲーム感想】クトゥルフ神話TRPG

クトゥルフ神話TRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

サンディ ピーターセン / エンターブレイン

スコア:



前から資料として持っていたクトゥルフ神話TRPGも初めてプレイしてみた。キーパーをやった。

まぁテストプレイという形でざっくりとやってみた訳だけども、1回やってみてようやくゲーム性というかシステム面がはっきりと見えてきた感じ。なるほど、これは確かにゲームだぞと。シナリオは『悪霊の家』を適当に改変した感じでやってみたんだが2回やって見事に両方失敗。何でみんな宙を舞うナイフと戦ってしまうん・・・。

ただ、キーパーとして誘導した方が良いポイントとか、ヒント的な情報の配置の仕方とかは何となく分かったので、次こそ上手くクリアできるゲームを用意できるはずだ。多分。

今までは、単に図鑑としてフレーバー的な要素しか読んでなかったんだけど、システムが判ってからは今までスルーしていたシステム関連の数値データの方が面白い。なるほど、その能力とか演出はこういうシステムで表現するわけか!みたいな。


最近はAVGを作っていた訳だけども、AVGであれば事前にシナリオの分岐を全パターン入力しとかないといけない部分をTRPGだとアナログで処理してしまえるって感じなので作る分にはこっちの方が楽やんけ!みたいな。数値データもあるし。まぁ、アナログなのでプレイ中は計算やらなにやらの処理でキーパーは大変だけど。

昔はTRPGって茶番感のある会話ゲームなんでしょ?という偏見があったが、あくまでシステムがあってルールにそってフラグを回収してクリアを目指すという点においては大して変わらなかった。むしろ、ヒントとなるフラグを回収したら自動的に正解ルートが出てしまうデジタル形式よりは、いくらフラグを回収しても本人が気付かない限り無意味なアナログ形式の方が、自然で楽しい。

プレイヤーとしてはまだTRPGは遊べていない訳だけども、キーパーに関していうと、プレイヤーが何故か念力で動いてるだけのナイフに殴りかかって無駄に死にかけている時に何とも言えないもどかしさとか、ちゃんと推理して突破してもらえた時のクリアしてもらった感とかは結構癖になりそうな感じ。特に、伏線を拾って貰った時の達成感とかは凄い嬉しい。文字情報ではなくて会話で情報が開示されるので、プレイヤーが注意してないと伏線情報を流してしまいやすい点と、ゲーム故の双方向性がTRPGでは上手く噛み合って面白さとして機能しているなーという印象。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-03-25 09:51 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(112)
(45)
(27)
(24)
(21)
(19)
(17)
(17)
(15)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(1)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月