blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

・クトゥルフ神話TRPG
・レゴ
・海外ドラマ

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【映画感想】ローガン
at 2017-06-01 15:13
【ドラマ感想】グリム
at 2017-05-29 23:02
【ドラマ感想】ネトフリのいろいろ
at 2017-05-27 17:35
【クトゥルフ神話TRPG】微..
at 2017-05-24 18:49
【書籍感想】クトゥルフ神話ガ..
at 2017-05-16 20:44

タグ:LEGO ( 27 ) タグの人気記事

【玩具感想】レゴ®チーマ トライブパック3点

c0325386_21484657.jpg

1つ目は、『トライブパック、サーベルタイガー族』。このシリーズは、正直よく知らないけれどAmazonでそこそこ割引されていたので買ってみた。見ての通り、獣人部族が戦争してる感じの世界観。
c0325386_21491411.jpg

どういう理屈なのかは判らないが、マスクを外すと普通に顔がある。1匹はモフモフな白獣人だけど、残り2体はミイラみたいな感じの口有りと口無しのリバーシブル。どうでも良いが、最初狼だと思っていた。
c0325386_21494985.jpg

トライブパックの構成は、同一部族の戦士ミニフィグ3体と、軍旗、障害物ブロック2個(この写真には写ってない)、大砲的な兵器。兵器は、ビーダマン方式で円盤を射出可能になっている。あと、ミニフィグ用にも射出武器があって、レバーを押すと先端にはめ込んだ丸パーツをBB弾みたいに射出できる。実際、ビーダマンみたいな感じで遊ぶことを想定しているのかな?どのセットも大砲は幾らか角度を付けれる仕様になっている。
c0325386_21502028.jpg

2つ目は『トライブパック、ワニ族』。チーマの世界はいろいろと種族はいるみたいだけど、基本的に炎勢力と氷勢力に別れているっぽい。そして、恐らく氷種族が悪役。基本的に構成は先のサーベルタイガー族のセットと同じ。
c0325386_22461.jpg

どう見ても悪役にしか見えないワニ族のアンダーフェイス。バットマンのミニフィグと並べたら完全にキラークロック。爬虫類人間としても使えそうなデザインなので、中々良さ気である。こいつらの頭パーツは特にリバーシブルになっていない。
c0325386_2243961.jpg

3つ目は『トライブパック、シロクマ族』。割と可愛らしいが、凶悪な種族らしい。ワニ族はそんなこと無いのに、氷系トライブは足とか腕の一部がクリアパーツになってたり、ゾンビっぽく皮膚が一部崩れたりしているのはやはり悪役だからなのだろうか。氷河期ゾンビ的な。
c0325386_225499.jpg

シロクマ族の頭も特にリバーシブルにはなっていないが、2体は後頭部に刺青みたいなのが入っていてそれぞれ模様が違っている。写ってないけど、サーベルタイガー族と違って全員モフモフの獣人顔。

チーマのシリーズ自体は正直あまり魅力を感じないが、ミニフィグはミュータント系怪人として使えそうな感じなので、安ければ買っても良いかなと思える。虎のトライブなんかは、マスクだけ人間のミニフィグに被せたらタイガーマスクを作れそうだなとか。あと、蜘蛛とかサソリみたいな昆虫系トライブも居るらしいけど、完全に怪人用素材やんけ。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-04-17 22:06 | 作品・感想 | Comments(0)

【玩具感想】レゴ®シティ スノーモービル

c0325386_20211233.jpg

あまりシティ感の無い、スノーモービルと北極探検家のセット。シティ・シリーズは現代の職業モノ程度の意味なんだろう。探検家のフードがいい感じ。
c0325386_20214725.jpg

氷を割ると、中にクリスタルが入っている。北極探検系の中でも一番シンプルなセット。これ以外の付属品はピッケル2本とトランシーバーくらい。不思議なクリスタルの調査研究の為に北極に来ているみたいなストーリーらしい。こういう調査隊のセットって、氷漬けになった邪悪なエイリアンを発掘する以外に使い道あるんですかねぇ…(邪推)。
c0325386_20231089.jpg

エイリアンのミニフィグを使ってX-ファイル的展開を演出。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-04-17 20:23 | 作品・感想 | Comments(0)

【玩具感想】ブラック・マンタの深海攻撃

c0325386_1615532.jpg

レゴ®DCスーパーヒーローズのセット。ブラック・マンタとアクアマンとか二度とミニフィグ化される事なんて無さそうだから買ってみた。特に2人に思い入れがあるわけでは無いんだけども。

c0325386_1617169.jpg

バットサブマリン。ギミックとしては、押し出し式のランチャーが2門付属してるくらい。後、小型の水中マシンみたいなのが後部に付いてて分離する。
c0325386_16181430.jpg

ブラックマンタと潜水艇。ミサイル担いだロボシャークも付属。ブラックマンタのミニフィグが異形で良い。

潜水艇の先端に付いている2門のロケットはスイッチ式で射出可能。特にバネとか使わないはめ込み射出タイプ。潜水艇は本体と両翼と尻尾の4ユニットに綺麗に分離出来る構造になっていて、最後にガチャンとドッキングさせる感じの組み方だった。バットマンのサブマリンも一部そんな感じ。割れにくい等の強度面での理由なのか、単に作りやすさが理由なのかは判らないけど、最後にユニットを合体させる組み方の方がメカの完成シークエンス感があって良いのは確か。サメのミニフィグのデザインも微妙に新しくなって変わっている。
c0325386_16192530.jpg

逆さ吊りのロビン。一見シンプルだが、石柱の1本1本に心棒が入っていたりと丁寧な造りになっている。

アクアマンが乗っている透明なスタンドは、ホッピング用のギミック。指で押さえて離すと反発力でカエルみたいにピョンと飛ぶ。このギミックを使いアクアマンをふっ飛ばしてロビンの上にあるトライデントに突っ込ませると、トライデントの台が向う側に倒れて、吊るされたロビンが落下する。アクアマンを使った的当てみたいな感じで遊べてちょっと面白い。意外に加減が難しくて、アクアマンがトライデント飛び越えしまったり、手前にボトっと落ちたりする。何回も失敗してると、早く助けてやれよ感が凄い。
c0325386_16215662.jpg

ロビンは、情けない顔と水中マスクのリバーシブル構造。普通の顔がなくて残念。アクアマンは怒った顔とノーマルのリバーシブル。
c0325386_16225665.jpg

バットマンは水中マスクとノーマルのリバーシブル仕様。バットマンのミニフィグはこれで3体目。バットマンは色んなセットに入ってるけど、地味にデザインは全部異なっている。今回のはノーラン版バットマンっぽい。ヘルメットの形とか、マントも3体それぞれで異なっていて芸が細かい。ノーラン版バットマンは、ちゃんと耳が短い。
c0325386_16245884.jpg

どうでもいいがレゴなので、ノーラン版バットマンのマスクをティム・バートン版のシャープな奴に替えて、黒パンツも履かせておこう…みたいな事も出てきてしまう。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-04-17 16:27 | 作品・感想 | Comments(0)

【玩具感想】レゴ®ニンジャゴー 2点

c0325386_15245013.jpg

1つ目は『マグマブリッジ』。ミニフィグはコール(黒ニンジャ)とスレブンが付属。アニメのニンジャゴーが面白かったので買った感じ。ニンジャマスクは付いていないが、スカーフは予備も含めて2つ付属。
c0325386_15253029.jpg

吊り橋が落ちるギミック付き。吊り橋は幾つかのパーツを繋いだキャタピラ構造になっていて、支えの棒を引っ張ると垂れ下がる。
c0325386_1526451.jpg

2つ目は『アナコン・ジャングルトラップ』。ミニフィグはカイ(赤ニンジャ)とクレイトが付属。こっちも残念ながらスカーフのみでニンジャマスクは無しの軽装。一番シンプルなミニセットなので仕方無い。

奥に飾ってある宝刀みたいな奴の手前のブロックに体重を掛けると、左右から青龍刀のが挟撃してくるトラップがある。シャキーンと青龍刀で挟まれて格好いいが、その状態で固定出来ないので写真には撮ってない。
c0325386_15263557.jpg

全身にアナコンダの刺青いれた中華系犯罪結社の戦闘員という素敵なミニフィグ。スレブンとクレイトは表情だけでは無く、地味に顔のタトゥーも異なってる。蛇の頭骨っぽいヘルメットも中々良いが、出来れば辮髪パーツが欲しい所。ハゲでも格好いいけど。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-04-17 15:27 | 作品・感想 | Comments(0)

【玩具感想】レゴ®シティ 2点

c0325386_2222584.jpg

1個目は『ポリスバイクと泥棒』というセット。泥棒が持っているバール欲しさに購入。警官が鏡面加工のグラサンを掛けているので、T-2000っぽい感じで格好いい。

値段は527円。ミニフィグ2体とバイク+αなのでそこそこ安い。レンガブロックも地味に初めて入手。バールのようなものに次ぐ、必殺の鈍器である。
c0325386_2235741.jpg

2個目は『消防隊スターターセット』。ヘルメットとガスマスクとガスボンベが合体している感じの消防士の装備がなかなか格好良い。シーン的には給油機が引火して消防士が駆けつけている感じ。

Amazon値引きパワーもあって値段は909円。ミニフィグが4体付いてる割には安いので購入した。タイヤパーツが異常に回転が良くなってて地味に改良されてる感ある。

c0325386_2210639.jpg

ポリスバイクがガソリンスタンドに突っ込んで炎上するも、乗っていたT-2000は無傷で追跡してくるというシーン。周辺には巻き添えになった犠牲者が。

シティ系は、ちょっと流用しただけで簡単に映画のワンシーンっぽい物が作れるので持ってて損は無いイメージ。ちなみに警官が持ってるライフルはレゴムービーのセットに付いてた奴。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-04-16 22:12 | 作品・感想 | Comments(0)

【玩具感想】レゴムービー 超秘密警察のドロップシップ

c0325386_14471685.jpg

レゴムービーは観ていないが、アンドロイド仕様のSWAT隊みたいなミニフィグ欲しさに購入。タクティカルベストにスコープ付きライフルに暗視ゴーグルや手錠まであって、最近のミニフィグは小物類が充実している。ついでにバートン版バットマンとか、グリーンニンジャとか、インディ・ジョーンズまで付いてたりしてちょっと豪華。
c0325386_14475925.jpg

メインのドロップシップも結構格好いい。悪役ポリスだからなのかやたらと重武装。本体内部にミニ四駆みたいなギア構造があって、タイヤみたいに付いているブースターは4つ全部が連動している。
c0325386_14484214.jpg

上部にはレーダーっぽい装置と銃座が付いている。赤いプラ棒は、バネ式の射出装置で飛ばせるビーム的な何か。サイズがデカい割にバネが強いからか地味に威力が強くてよく飛ぶ。
c0325386_14491092.jpg

側面ハッチは両側スライド式の開閉機構。中にはライフルとかが備え付けられている。ハッチの右側に見える歯車とレバーは、内部に付いている降下ワイヤー用のラチェット(逆回転防止)機構。反対側にはワイヤー巻取り用のツマミが付いている。4DW的なギア構造とか、このラチェット機構やハッチとか、パッと見て判らない部分まで無駄にメカニカルなのが凄く良い。内部のメカ機構以外にも、強度を高める為の構造とかもしっかりしていて、なかなか頑丈でヘビー級。
c0325386_14493662.jpg

後部ハッチはこんな感じ。ハッチを下ろすと中に、囚人護送用のレーザー牢屋みたいなのが入っている。角度的に写ってないけど、牢屋の残りの3面は赤いガラス窓みたいになっている。
c0325386_14543128.jpg

セットの内容的には、ドロイド警察に捕まったグリーンニンジャとインディを助けるために、主人公とバットマンが襲撃かけるみたいな感じらしい。手錠パーツも予備を含めて3つくらい付いていた。

正直レゴ製品は高いイメージがあるんだけど、実際に作ってみるとパーツ数とか内部構造的にどう考えても値段的には安い。多分、大量生産とパーツ流用で低価格化させてるからこんな値段で販売できてるんだろなという感じ。レゴ単体を見ていると気付け無いけど、それ以外のホビー製品と比較すると初めてこの異常な低価格に気付ける。特にフルカラー彩色済みで、可動パーツ多くて、自由にパーツ組み替えが出来るミニチュア玩具と捉えるとクオリティの高さが際立つ感じ。

レゴは現状販売されてるシリーズが終了するとまず再販は無いので、値段に怯まず良いなと思ったら買っておいて損は無いはず。買おう。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-04-16 14:58 | 作品・感想 | Comments(0)

【アニメ感想】ニンジャゴー:シーズン1(1~13話)

c0325386_17485431.jpg

何となく最近レゴのミニフィグを弄って遊んでいたので、ついでにレゴアニメのニンジャゴーを観てみた。新アニメとして現在地上波で放送しているのはシーン4らしい。それ以前の分もレゴがYoutubeで公式配信しているので観れる。

Youtube レゴ公式チャンネル

主人公たちは、忍者道場で修行するティーンエイジャー4名。宿敵のガーマドン卿は主人公達の老師の実の兄。過去にダークサイドに落ちて、ダースベイダーっぽくなって世界征服を企んでいたのだが、修行中の主人公たちが偶然にも忍者として覚醒して撃退し、世界は一時的に平和に…みたいな所からストーリーは始まる。1話目からこんな感じで結構飛ばし気味なのだが、テンプレっぽい設定の詰め合わせなので世界観は掴みやすい。

イメージ的には獣拳戦隊ゲキレンジャーが近い。それにタートルズを足したような感じ。忍者感はあまりないが、面白いので問題無し。宿敵のガーマドン卿は、宿敵なんだけど偶に共闘したりと若干マグニートー的立ち位置なのも良い。シーズン1以降はまだ観てないが、シーズン4のキャラ紹介を見る限りダークサイドから回復して副教官みたいになっている。個人的にはガーマロイド卿と共闘することになり、何故か共同生活する流れになって(老師の兄貴なので)、悪の帝王の日常が描かれる10話が一番面白かった。タートルズのアニメもそうだったけど、こういうくだらないノリは結構好き。

ニンジャゴーとか、おもちゃ売り場で見かけても何の魅力も感じなかったんだが、アニメ観てると割りと良い感じに思えてくるのが恐ろしい所。販促的にも良いアニメ。

予告編でみるシーズン4なんかも、思いっきり燃えよドラゴンのノリだったりして、こういうの狡い!敵キャラとかいい感じに胡散臭くて、凄い欲しくなる。基本的にレゴはテンプレ的なイメージとか世界観の扱い方が上手いよね。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-04-14 17:54 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(112)
(45)
(27)
(24)
(21)
(19)
(17)
(17)
(15)
(11)
(9)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(1)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月