Twitter:@idea51 blogはストック


by cemeteryprime

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

マイブーム

クトゥルフ神話TRPG
映画
海外ドラマ

お気に入りブログ

セメタリープライム
イデア51

最新のコメント

ある程度、形が固定化して..
by cemeteryprime at 23:44
 お久しぶりです。楽しく..
by bokibokiSwank at 20:14
いくつか気になった点につ..
by 通りすがり at 09:28
長くなりそうなので、返信..
by cemeteryprime at 09:52
属性は、結局の所は利己的..
by cemeteryprime at 23:13
こんにちは。日本では盆..
by ブリトニー・スピアーズ(本人) at 13:08
動物のデータ(例:巨大な..
by cemeteryprime at 12:27
こんにちは。ますますシ..
by gengoron724 at 11:11
こんにちは。ますますシ..
by gengoron724 at 11:11
まさかブリトニー・スピア..
by cemeteryprime at 16:55

最新の記事

【モダンホラーRPG】アイデ..
at 2019-03-18 16:34
【モダンホラーRPG】アイデ..
at 2019-03-17 11:08
【モダンホラーRPG】経歴と..
at 2019-03-12 23:36
【TRPGモジュール】レベル..
at 2019-03-12 16:32
【TRPGモジュール】室内マ..
at 2019-03-10 22:04

【TRPG】キャラクターとストレス

ストレスやトラウマは、キャラクターにとって重要な要素だ。CoCにはストレス要素が実装されているが、一気に強いストレスを受けると精神病的な防衛機制の症状が出る。強いストレスを受けると、”正気”から”狂気”に近付いているという概念的でシンプルなものしかない。

そこで、もうちょっと踏み込んだシステムを考えてみた。それを以下の表にまとめてみた。発想としては、強い執着は強いストレスから生まれた代償行為であるという概念だ。

この表は、ハクソーリッジの主人公をサンプルに、過去や現在進行形で蓄積されたストレスと、執着のバランスを数的に表現している。イメージなので具体的な数値とかは適当だ。
c0325386_12314197.jpg

この表では均衡がとれているが、もし一時的なストレスや、新たなトラウマなどが加算され、均衡が崩れた場合、執着の態度がより強いものに進行するか、もしくは身体障害など病的な防衛機制が働くという形になる。

このシステムは、執着の対象を明確して、動機や行動原理も明確にしやすくなり、依存症や強迫症の内容がキャラに合わせた形にしやすくなることを目的としている。また、そのキャラクターにとっての大切なものが攻撃しやすくなるという利点もある。

またこのシステムによって、生来のストレス耐性と、現在のストレス環境を分けて考える事が出来る様になる。元々、ストレス耐性は強いが、仕事上のトラブルや家庭のトラブルによって、一時的発狂状態になりやすくなっているみたいな状態も表現できるのではなかろうかと、そういう発想だ。

CoCプレイヤーは、何だかんだで狂信者的なキャラクターをロールするのが好きな印象があるが、こうしてそのキャラが何にどの程度執着しているのかをフレイバーではなく明確にゲーム的リソースとして設定することで、どういったストレスが原因でそこまで執着する様になったのか等も考える様になって、よりキャラの掘り下げが出来るのではなかろか。

キャラクターの成長とは、ゲーム的には技術や能力のレベルが上昇することだが、ストーリー的には過去のトラウマと向き合うことである。そうしたイベントもやりやすくなるのでは無かろうか。キーパーもキャラシートにこうした表があれば、キャラの過去のトラウマと絡めたり等はしやすくなる。

あと、キャラの職業や趣味なんかが、しっかりと執着の内容とリンクしていれば、しっかりと過去を持った立体感のあるキャラのロールが出来るのでは無かろうかという、ロールプレイ補助的な機能も期待している。表現すべき目標点が明確になることで、ロールプレイの難易度が明確になるのでは無かろうか。

みたいなことを思いついたのでメモっておく。

by cemeteryprime | 2017-06-30 19:36 | TRPG講座・考察 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
時事ネタ
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(148)
(72)
(61)
(51)
(45)
(29)
(27)
(27)
(26)
(23)
(21)
(14)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(7)

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月