blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

クトゥルフ神話TRPG
映画
海外ドラマ

お気に入りブログ

セメタリープライム
セメタリープライム別館

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【TRPG】12星座のアーキ..
at 2018-04-23 01:41
【TRPG】人格生成システム..
at 2018-04-22 22:08
【映画感想】レディ・プレイヤー1
at 2018-04-22 15:40
【映画感想】アナイアレイショ..
at 2018-04-19 10:51
【映画感想】パシフィック・リ..
at 2018-04-15 21:19

【映画感想】ジャスティスリーグ

c0325386_21503469.jpg

ストーリー…?ドラマ…?正義の在り方…?ヒーローとは…?そんな下らねーモンより、やべぇースーパーマンを観せてやるよ…。

そんなザック・スナイダー監督が贈る、DCエクステンデッド・ユニバースのスーパーマン映画第3弾!それが映画『ジャスティス・リーグ』である!

映画の感想としては…中々面白かった!というのが正直な所だ。といっても、第3弾ということもあって、ザックがやりたいことがようやく明確に見えてきたという要素と、ジョス・ウェドン(アベンジャーズの監督)によるテコ入れがあってそれなりに観れる映画になっていたからという要素が大きいんだろうけども。

以下、完全にネタバレ含みます!

思うにザックのDC映画がコケた理由は、みんなは当然の様にこうしたヒーロー映画にストーリーだとか、ドラマだとか、楽しさだとか、マニアの場合は正義のあり方とか、ヒーロー像だとかを求めたのに対して、ザックは単にスーパーマンのヤバみを描こうとしたというズレが大きかったのでは無かろうか。まぁ、誰もスーパーマンにそんなものを求めてなかったので確実にザックが悪いんだけども。

ザック・スナイダーの中ではパワーは尊い。パワーこそ正義。神はパワーである…みたいな公式が成立しているのでは無かろうか。だからこそ、ザックの中ではスーパーマンは尊くて、正義で、神なのであり、そうしたヤバさを映画で描こうとしてきたと思われるのだ。どちらかと言えばそれはヒーロー的な格好良さというよりは、怪獣的なクールさでもある。

今作では、新たにアクアマン、フラッシュ、サイボーグといった超人メンバーが加入してくる。それ故に、相対的にスーパーマンのヤバさが更に際立つという内容になっている。ちなみに、今作で描かれるスーパーマンのヤバさはこんな感じだ。


ヤバいポイントその1

死んだのに蘇る。

ヤバいポイントその2

高速が売りのフラッシュと大差ないレベルに高速で動ける。

ヤバいポイントその3

ジャスティス・リーグの面々が苦戦し、アマゾンとアトランティスの軍勢も余裕で蹴散らした強敵宇宙人を単体で軽くボコれる。



…う~ん、ヤバすぎぃ~!!


フラッシュが超加速中してる最中に、スーパーマンが同じ速度の世界に侵入してくるシーンは、完全にジョジョ第3部のディオVS承太郎という感じで、最高にゾワッとした。承太郎が侵入してくるんじゃなくて、圧倒的強者のディオが侵入してくる構図なので尚更ヤバさしかなくて良かったです。

ただ、今作だけ観て面白いのか?というと、単体映画としてはやっぱり微妙な気がするので、ヤバすぎるスーパーマン三部作というコンセプトを理解しつつ全部観るのが正しい気はする。

ただ前作を観ないと内容が判らないとかいうと、観ても分からん所は分からない、相変わらずDCファン以外を余裕で置いてけぼりにする内容なので、その辺は逆に気にしなくても良いとは思う。


[PR]
by cemeteryprime | 2017-11-24 21:51 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
時事ネタ
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(134)
(64)
(45)
(39)
(28)
(27)
(25)
(24)
(23)
(17)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月