Twitter:@idea51 blogはストック


by cemeteryprime

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

マイブーム

クトゥルフ神話TRPG
映画
海外ドラマ

お気に入りブログ

セメタリープライム
イデア51

最新のコメント

長くなりそうなので、返信..
by cemeteryprime at 09:52
属性は、結局の所は利己的..
by cemeteryprime at 23:13
こんにちは。日本では盆..
by ブリトニー・スピアーズ(本人) at 13:08
動物のデータ(例:巨大な..
by cemeteryprime at 12:27
こんにちは。ますますシ..
by gengoron724 at 11:11
こんにちは。ますますシ..
by gengoron724 at 11:11
まさかブリトニー・スピア..
by cemeteryprime at 16:55
いつも楽しく拝見させて..
by ブリトニー・スピアーズ(本人) at 19:33
最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31

最新の記事

【TRPGモジュール】ルーレット
at 2019-01-21 14:38
【TRPGモジュール】スロット
at 2019-01-21 14:26
【TRPGモジュール】警報ダイス
at 2019-01-21 09:29
【TRPGモジュール】レース..
at 2019-01-10 15:16
【TRPGモジュール】レース..
at 2019-01-10 13:50

【書籍感想】負債論

負債論 貨幣と暴力の5000年

デヴィッド・グレーバー/以文社

undefined

負債という概念が、如何に人を動かして来たかという観点から人類史を分析した本。端的に言って、世の中を見渡すと負債という概念が絡まないものの方が多い。

以下、面白かった部分を記憶を頼りに幾つかピックアップしよう。

アダム・スミスについて

この本では、アダム・スミスを始めとした経済学者に批判的だ。何故なら、経済学は初めから嘘の下で成立しているからだ。歴史的にみて貨幣が物々交換の延長線上で発生したという証拠はなく(逆の事例は沢山ある)、アダム・スミスが生きていた当時でさえ、実際には貨幣を使わない信用取引の比重の方が大きかったという。

なのに、なぜそうした神話を作ったかというと、それは取引が常に後腐れなく現金のみ清算される形が実現されれば良いなぁという、一種のユートピア観だったのだ。なので、基本的に経学はこうあって欲しいという理想をベースに、経済的な法律を決めて行きましょうという形で機能しているという。

しかし、一方でアダム・スミスに悪意があった訳では無いとフォローをしているのも面白い。何故なら、アダム・スミスは人は基本的には怠け者で、意味もなく利益を追求したりすることは無いと思っていたからだという。実際にはそんなことはなく、そうした性質が格差という形で反映されていたし、経済学的な嘘を信じてしまったせいで、余計にそうした部分の弊害が冷酷に野放しされた結果が、現在の社会なのだが…。

宗教と経済

宗教と法律は、実際の所は大して違わない。という事実が、宗教上のルールが明らかに村の法律として機能していたことを知ることで理解できる。そして何より興味深いのが、中世以前に最も問題になり議論されてきた宗教的(モラル的)懸念というのが、有利子貸付を悪として全面的に禁止するかどうかであったという話だ。

負債論においては、人の間に階級が存在しなかった原始的な村社会と比較する形で、この負債という概念が大きな要素になっていたことを明らかにする。相互扶助的な社会においては、恩の貸し借りという発想自体をタブーされるのだ。なので、物を貰ったり、助けてもらっても、ありがとうという感謝の言葉すらタブーになっている文化が実在するのだ。中には命の恩人に対して、返せない様な借りを相手に意識させたとして、逆に更にプレゼントをよこせと糾弾する文化まである。

有利子貸付の話に戻るが、世の中には借金をすることで上下関係が発生するという暗黙のルールが存在する。契約上は単に一時的に金を借りているだけだが、金を返すまでは相手にペコペコする必要がある。これは事実上、負債が上下関係を発生させているに等しいのである。勿論、借りた側がヤクザとかなら話は別なのだが。

一定の利子を受け取る有利子貸付は、元手を減らすことなく金を増やせる行為である。故に、これをやれば借りる側と貸す側の上下関係がどんどん開いていくのである。現実問題として、都市が発生した社会においては、こうした負債者が社会問題となっていた。それは、古代メソポタミアの時代からそうで、それ故に、その後にメソポタミア世界周辺で発生したユダヤ教やキリスト教やイスラム教では、はっきりと有利子貸付と禁止しているのである。

しかし、ユダヤ教は身内に対してはアウトだが、敵に対してはOKというルールの穴を儲けている。キリスト教の場合は、キリスト教では禁止していても、キリスト教社会にはユダヤ人がいたので、ユダヤ人に金貸しをさせる事(それ以外を禁止する)で、自ら手を汚すことなく、有利子貸付をさせて、ヘイトが溜まったらユダヤ人から金を巻き上げるという行為によって、事実上野放しになっていたのだ。

更に有利子貸付という概念は、罪という概念についても適用される。教会や寺院に金を捧げる事で、借金に対する利子の様な形で、断罪を先延ばしにするという概念があるのだ。

こうした概念は現代社会でも一部残っていて、例えば過労死で社員を殺してしまった会社が遺族に賠償するさい、明らかに人の命としては安い金額を支払う事がある。こうした殺人への賠償という概念は、そもそも命は命でしか償えないという前提の下、今すぐに血の復讐はしないで下さい、反省していますという意思表示の為に支払う形で始まった。こんな金を貰っても許せないが、間に入った人間を立てて(原始社会では村長、現在なら司法制度)、今すぐにぶっ殺すのは止めてやろうというシステムである。

そんな感じで、罪自体をある種の借金として捉える思想があった。ルターは免罪符に対してブチ切れた事は知られているが、結局の所は本来は禁止されているはずなのに蔓延している有利子貸付に対してブチ切れていたのだ。ルターの改革に伴って農民反乱が勃発したのも、要は有利子貸付で借金漬けになった農民たちがブチ切れていたのである。

一方、イスラム教は厳格に有利子貸付を禁止していた。また、中国では商業自体を蔑む儒教思想が登場していた。それぞれ文脈は異なるが、市場の価値を認めつつも負債の無軌道な拡大には警戒していたイスラム世界と中華世界は、中世を通して市場が高度に発達し、豊かな巨大都市が繁栄した。ちなみにヨーロッパはド田舎だった。

特にイスラム世界では、後の資本主義社会の核となる株式だとか債券だとか、その他諸々の高度な金融システムが発達した。こうした事が可能になったのも、イスラム思想には有利子貸付への対策が盛り込まれていたからだ。それ以前の歴史においては、都市が一定以上に発達すると、同時に大量の負債者も生まれていたので、反乱がおこって都市も壊滅していたのだ。

近代は資本主義が世界を駆逐した歴史でもあるが、それはイスラム世界で生まれた金融システムが、そうした宗教上のモラルを持たないヨーロッパに持ち込まれた事が発端となっていたと、負債論では説明している。外国人なら幾らでも搾取してOKという理屈と、金こそ全てという資本主義と、高度な金融システムは、当然の様に侵略戦争を引き起こしたのだ。

人間関係は負債で認識されている

人間関係とは、複雑な貸し借りの応酬であるという話も面白い。端的な例で言えば、人付き合いが悪い人ほど貸し借りを作らない。込み入った人間関係というのは、言い換えるなら貸し借りが多いという事でもある。

なので、借金を作れば作るほど、人間関係が途切れると困るという事態が発生する。この理屈のせいで、ジャイアン的な嫌な人間にお金を沢山貸すと、暴力で負けるので強制的に取り立ても出来ず、かといって回収したいので離れられずという現象が発生してしまう。こうした場合、何故か貸した方の立場が弱くなるのだ。

アダム・スミスの話に戻ると、だからこそスミスは都度現金で関係性が清算される状態を理想とした訳だ。こうした理論は、手切れ金という発想や、縁を切る際に親に養育費や学費を返済するという発想からも見て取れる。

先のジャイアンの例を応用すると、ブラック企業が成立する理屈も見えて来る。給料以上に搾取すればするほど、労働者は離れにくくなるのだ。また、賃金労働者が実施は労働の対価として給料を貰っているのではなく、借金の対価として労働をしているというのが実態に近いことも見えて来る。だからこそ、上下関係が発生しているのである。誰も借金だとは認識していないが。

名誉と奴隷制

負債を抱えると奴隷状態になる羽目になるが、こうした奴隷という概念は名誉と逆だという話も面白い。

名誉があるという事は不名誉があるという話で、究極的な不名誉とは、社会的な死…つまりは奴隷状態なのである。それ故に、モラル的に不味いとは誰もが認識しながらも、名誉が尊ばれる社会ほど奴隷制を解消できなかったという。

元々、奴隷は戦争捕虜からスタートしているので、文字通り戦士はしなかったが、社会的には死んだも同然という扱いだ。それ故に、奴隷を沢山連れているということは、社会的な名誉でもあるという話になるのだ。だからこそ、かつての金持ちは奴隷の多さを競ったりもした。ちなみに奴隷が逃げられないのは、かつていた社会から切り離されたからだ。負債者も、その社会に留まる限りは借金から逃げられないので奴隷と化すのである。

ちなみに徳の高い支配者は、定期的に借金の恩赦も行った。勿論、これにはあまりにも負債者が増えすぎると反乱がおきるからという理由もある。とはいえ、借金をチャラにしてくれる行為以上に、民衆の尊敬を集める手段があるだろうか。イエスキリストが行うのも、究極的にはこうした負債の恩赦だというのが面白い。

…とまぁ、負債という概念について知ることは、人類の歴史を知ることでもあるという話なのと、経済論や貨幣論についてもかなりのページを割いているので、そういう分野に興味がある人にもおすすめです。


by cemeteryprime | 2018-02-27 23:19 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
時事ネタ
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(147)
(72)
(61)
(45)
(41)
(29)
(27)
(27)
(26)
(23)
(21)
(14)
(12)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(7)
(6)

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月