Twitter:@idea51 blogはストック


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

クトゥルフ神話TRPG
映画
海外ドラマ

お気に入りブログ

セメタリープライム
イデア51

最新のコメント

属性は、結局の所は利己的..
by cemeteryprime at 23:13
こんにちは。日本では盆..
by ブリトニー・スピアーズ(本人) at 13:08
動物のデータ(例:巨大な..
by cemeteryprime at 12:27
こんにちは。ますますシ..
by gengoron724 at 11:11
こんにちは。ますますシ..
by gengoron724 at 11:11
まさかブリトニー・スピア..
by cemeteryprime at 16:55
いつも楽しく拝見させて..
by ブリトニー・スピアーズ(本人) at 19:33
最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12

最新の記事

【モダンホラーRPG】背景表..
at 2018-08-16 18:18
【モダンホラーRPG】12星..
at 2018-08-14 15:13
【モダンホラーRPG】キャラ..
at 2018-08-12 14:08
【モダンホラーRPG】キャラ..
at 2018-08-11 10:05
【モダンホラーRPG】キャラ..
at 2018-08-04 01:12

【映画感想】ボス・ベイビー

c0325386_14185233.jpg

結論

それなりに面白かった。

メッセージ性はそれなりに立派なモノだと思ったが、アニメとしての面白さとメッセージ性のバランスが少し悪かった様に思える。

ただ基本的に赤ちゃんギャグが多めで劇場の雰囲気的に子供には凄く受けていたので、大人にはしっかりとしたメッセージを届けつつ、子供には娯楽アニメとして素直に楽しんでもらうという、目的は上手く行っていたと思う。

所々、テンポが悪く感じる部分があり、大人向けメッセージの部分が露骨過ぎるとも思ったが、あまり巧妙にメッセージ性と娯楽アニメ性を一体化させていると、メッセージ性が伝わらない可能性が高いことを考えるとこのくらいのバランスがベストなのかもしれない。

あらすじ

ティム・テンプルトンは想像力豊かな7歳の少年。両親に溺愛されていてティムはそんな生活を満喫していたが、ある日テンプルトン家に赤ちゃん(ティムの弟)がやってきたことで、状況は一変してしまう。

両親は朝から晩まで手間のかかる赤ちゃんの世話にかかりっきりになり、ティムは放置されてしまう。こいつはテンプルトン家を乗っ取る為に送り込まれてきた悪い奴なのでは?というティムの疑心暗鬼は膨らんでいき、ついに赤ちゃんが外部の何物かと会話している現場を目撃してしまう。

赤ちゃんはボス・ベイビーと名乗り、あかちゃん株式会社から送り込まれてきたエージェントだという。赤ちゃん株式会社の使命は、可愛いペットに人間の愛情のシェアを奪われつつある赤ちゃんのシェアを回復させること。品種改良でどんどん可愛らしくなるペットのワンちゃんが赤ちゃんにとっての一番の脅威なのである。そして、ティムの両親はそうしたワンちゃんを開発する会社の社員なのであった。

任務が終われば家を出て行くというボス・ベイビーの話を信じ、ティムは両親の会社が新しく開発中の新商品の情報を手に入れる協力をすることになるが…。

面白さ

この作品は、冒頭から明確に想像力豊かな少年の主観によるマジックリアリズム物語ですと宣言している。更にエンディングでも「~という話だったのさ」という形で父から子供に聞かせる昔話であった事を改めて示す。

なので、比較的ハッキリと大人向けには寓話であることを宣言する作りになっている。

メッセージ性としてはシンプルで、両親の愛を奪い合う兄弟の姿は、社会における国民同士のいがみ合う姿のメタファーなのである。後から来た新参者や、手のかかる弱者に回すリソースは無いという態度は、赤ちゃんに対する子供っぽいライバル心を剥き出しにする主人公の態度に似ている。

もう1つ面白いのは、赤ちゃんのライバルが可愛いペット犬になっている所だろう。面倒くさい赤ちゃんよりも、人によって都合の良い存在になるように品種改良されたワンちゃんが、シェアを奪うという構図は、人が人ではなく便利で快適な道具に心を奪われる様になっている社会のメタファーでもある。

分かりやすいが…

そして、エンディングテーマとして、駄目押しの様に世界に必要なのは(今世界に足りていないのは)人を愛する心だという、ド直球な歌詞の歌も流れる。

全体的に凄く分かりやすいし、良いテーマなのだが、裏を返すとストーリーとしては、それくらいしか言っていないという話でもある。今、世界にはある種のブラザーフッド(兄弟愛)が足りていない。

後は、赤ちゃんという存在をある種の異種族として扱う設定面の面白さを掘り下げたり、延々と赤ちゃんギャグをするだけのアニメなのだ。

この作品も、リメンバーミーみたいに冒頭に短い『ビルビー』という動物アニメが同時上映されている。内容は、自分には関係ない他人だけど危なげで放置できないので助けてあげるうちに家族になるという、動物アニメ。

どちらもメッセージとしてはいまち毒が無いというか、ちょっと性善説的な部分にしか訴えかけていない印象が強いが、分かりやすいってのは良いことでもある。というのも、シェイプ・オブ・ウォーターやリメンバーミーという作品は明らかに傑作なのだが、メッセージ性に関してはいまいち伝わっていなくて残念…という光景をネット上ではよく見かけるからだ。深すぎるメッセージ性は伝わらない問題があるのだ。

その点、ボス・ベイビーはメッセージ性が拾いやすいし、誤読のしようもない感じで、これはこれで作品としての良い特徴だとは思う。ちびっ子には受けるし、大人向けの作品でもあるので、観に行って損は無いぞ!


[PR]
by cemeteryprime | 2018-03-29 14:19 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
時事ネタ
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(139)
(68)
(55)
(40)
(30)
(28)
(27)
(26)
(24)
(23)
(18)
(12)
(12)
(11)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月