Twitter:@idea51 blogはストック


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

クトゥルフ神話TRPG
映画
海外ドラマ

お気に入りブログ

セメタリープライム
イデア51

最新のコメント

属性は、結局の所は利己的..
by cemeteryprime at 23:13
こんにちは。日本では盆..
by ブリトニー・スピアーズ(本人) at 13:08
動物のデータ(例:巨大な..
by cemeteryprime at 12:27
こんにちは。ますますシ..
by gengoron724 at 11:11
こんにちは。ますますシ..
by gengoron724 at 11:11
まさかブリトニー・スピア..
by cemeteryprime at 16:55
いつも楽しく拝見させて..
by ブリトニー・スピアーズ(本人) at 19:33
最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12

最新の記事

【モダンホラーRPG】背景表..
at 2018-08-16 18:18
【モダンホラーRPG】12星..
at 2018-08-14 15:13
【モダンホラーRPG】キャラ..
at 2018-08-12 14:08
【モダンホラーRPG】キャラ..
at 2018-08-11 10:05
【モダンホラーRPG】キャラ..
at 2018-08-04 01:12

タグ:学術 ( 7 ) タグの人気記事

【書籍感想】若い読者のためのサブカルチャー論講義録

若い読者のためのサブカルチャー論講義録

宇野 常寛/朝日新聞出版

undefined

『リトルピープルの時代』以来、久しぶりに読んだ宇野常寛の著作…というか、単なる講義録だけども。

概要

内容としては、日本のオタク文脈の簡単な解説で、どういう背景と特徴と流れがあったかを分かりやすく教えてくれる感じ。

違和感と問題提起

その辺の話は別に良いんだけども、冒頭からオタク的な在り方について肯定的なのが引っかかってもいる。そしてオタクと非オタク的な在り方の対立構造を想定している点にも違和感がある。

オタクの定義やイメージはここ数年で大きく変化してきていて、オタクとはどういう人を指すべきみたいな話は割とネットでも荒れやすいテーマになっている。ついでに、オタク的な在り方とは何かを考える際に、例えば海外にまで視点を広げると、オタク的な在り方とは日本人的な在り方をより極端にしたものだと表現する事が出来ることに気付ける。

まぁ、この講義は京都精華大学のオタク文化好きな人に向けられたものなので、リップサービス的な要素もあるのだとは思うけれども。

ただサブカルチャーを研究することの存在意義を、時代を反映している点に求めるなら、そうした自身に対する批評性のズレは地味に致命的なのでは?とも思える。オタク的な在り方を肯定する限り、見えないモノもあるという話である。この問題に関しては、『シェイプ・オブ・ウォーター:補講』の記事で散々語ってしまったので、改めては書かないが。

蛸壺化と分裂

『リトルピープルの時代』以降、何で著作を追いかけてなかったんだろと思って、当時の感想をネットで検索してみたら(便利な時代だ…)、『リトルピープルの時代』の内容にいまいち納得が言っていなかったらしいという事が確認できた。

その詳細は最早覚えてないんだけども、もう1つ理由があるとするならば、宇野常寛のいう若者のサブカルチャーの現場がアイドル文化に移っていったというのが大きかった気はする。この本でも、日常系アニメが流行した以降の流れとしてアイドル文化を取り上げているのだが、思うにこの辺りからオタクの世界は、かなり分裂して行ってたのでは無かろうか。

肌感覚として、ここ数年で、特にオタクの世界は分裂し極端な蛸壺化が進んだ気はするが、少なくともこの本においては、そうした傾向には触れられていない。この数年でオタク世界は分裂し多様化し過ぎてしまったので、これ以降は把握しきれていませんという、サブカルチャー論講義の根幹に関わりそうな問題に触れてもいないのはどういう訳なのか。こうした所に限界を感じる訳である。

オタクはオタクであることを批判できるか

多様性の衝突および社会の分裂は、世界中で深刻な問題になっていて、実はオタク世界にも同じ事が起こっている訳なので、サブカルチャー論講義としては、それを論じないで何を論じるんだ?という話でもある。

この本では、最終的にサブカルチャー論の存在意義としてテクノロジーの在り方について云々という着地をする。ある種のオタクのユートピア的な着地である。オタク的な在り方に肯定的な視点しか持たないと、こういう着地をせざるを得ないという話でもある。

同じオタクでも、『シェイプ・オブ・ウォーター』においてギレルモ・デル・トロは、実はオタク的な在り方こそが、今の社会の分裂を招いているという点を批判的に描いてみせた。日本的な想像力が、オタク的な想像力が世界に刺さったのは、世界にとっては危険な兆候でもあったという話だ。

オタクである事をアイデンティティとして持つ評論家がこうした徴候に気付けずに、テクノロジーへの幻想というオタク的な着地をしてしまっているのは、やっぱり、なんだかな~と思ってしまう。そして他者を批判したり肯定するだけでは見えない死角があるという事を如実に露呈している気もする。


[PR]
by cemeteryprime | 2018-03-15 21:30 | 作品・感想 | Comments(0)

【書籍感想】官僚制のユートピア

官僚制のユートピア テクノロジー、構造的愚かさ、リベラリズムの鉄則

デヴィッド・グレーバー/以文社

undefined

この本のテーマは、ルール(官僚制)である。

人はより分かりやすく手軽になることを求めて、ルールの明文化と組織改革(合理化や効率化)を求める。しかし何故かいつも望んでいたものとは真逆の結果がもたらされる。ルールが増える事で、より分かり難く、面倒臭くなるのである。

このように合理化には明らかに弊害があるが、それにもかかわらず、人は何故にこんなに合理化に惹かれるのだろうか。こうした疑問について考える本になっている。

特徴

…と説明すると、何やら小難しい社会制度についての本かと思えるが、基本的には文化人類学的な観点から人とルールの関係性と歴史について述べた本である。そしてなによりここがポイントなのだが、この作者、サブカルチャーについての言及が多く、語り口が面白いのだ。

グローバリズムや政治や官僚制の歴史についての話と同列に、スタートレックやコナン・ザ・バーバリアンやハリー・ポッターといったファンタジーやSFについての話も出て来るし、なんとTRPGについての話も出て来る。人の想像力とルールについて語る上では、具体例としてこうした話も当然出て来るのだ。巻末には補講としてアメコミにおけるヒーロー論や、ダークナイト・ライジングについての評論までついている。

若者に向けて分かりやすく、面白く、それでいて本質的な話をしようという姿勢に好感が持てる。人がどういう性質を持っているのか、その性質が如何に現在の社会を構築しているのかという本なのだ。

リベラリズムの鉄則

本書で語られる面白い話を幾つかかいつまんで説明しよう。まず、合理化や効率化を求めた結果、よりシステムが分かり難くなる逆説的な現象を本書ではリベラリズムの鉄則と呼んでいる。面倒なお役所仕事を減らそうと改革すると、余計にお役所仕事が増えるという現象である。

政治シーンにおいては、政治家が公務員や官僚をバッシングして民営化を訴えるという場面がよく見られる。大衆も民営化して企業の論理を導入すれば、より合理的で効率化されたスマートなものが生まれると信じてやまない。

こうした現象の原因として、大衆のイメージとは真逆で、実際は大企業ほど所謂お役所仕事的な働き方を強いられていて、面倒なペーパーワークや手続きで雁字搦めにされているという点が指摘されている。企業で働いた事があればこの辺は納得だろう。

また、本書では実例として、大学が民営化されたせいで、教授が資金繰りや各種申請に追われるようになりまともに研究ができなくなったという世界中で進行中の現象が挙げられている。iPS細胞の山中教授なんかを見ていればその辺は分かりやすい。

これは効率化や合理化が進むと、面倒な仕事が増えるばかりか、そうした雑務に圧迫されて創造的な仕事が出来なくなるという事も示している。近年、大企業ほど自前でイノベーションを生む事が難しくなり、イノベーションはベンチャー企業ごと買い取るものだという認識が一般化しているのも、背景にはこうした官僚制化の弊害があることは意識されていない。

郵便局とインターネット

郵便システムとインターネットは、かなり似ているという話も面白い。郵便システムは、前線に指令を届ける軍事的な情報伝達システムから生まれた技術だった。そして郵便システムによって、離れた地域の人同士が意見を自由に意見を交換できるようになったのである。人々は優れた郵便システムを持つ国家こそ、民主主義的で優れた近代国家であると考えるようになるのだが、…これってインターネットとかなり被るストーリーではなかろうか。

同時にインターネットがもたらしたものについても語られている。インターネット技術の発達で、人々の暮らしは期待していた様に良くなったかというと実はそうでもなくて、実はインターネットのせいで働き方は自由になったものの、労働時間自体は増えたという話もある。自由になり色んな事が簡単に出来るようになった結果、色んな事をさせられる羽目になり、総合的な仕事(主に雑務面で)が求められるようになったのである。

より便利で快適な生活をもたらすと思っていた技術が、逆に…という例で言えば、携帯電話なんかもその1つだろう。当たり前だが携帯電話が無かった時代は、帰宅後や休日に呼び出される事は無かったはずだ。

ファンタジーにおける官僚制

今もファンタジーと言えば、想像するのはロード・オブ・ザ・リング的な世界である。ロード・オブ・ザ・リングの世界というのは、実際はどこにも無い世界であるが、何故これほどまでにみんながこうした世界観に惹かれるかというと、それは、近代的な官僚制が支配する社会へのアンチテーゼだからだという。

ファンタジーにありがちな絶対悪の存在や、エルフやオークやホビットという、人間以上に生物学的に異質に差別化された種族は、実は官僚制を支える原理へのアンチテーゼであるという指摘は特に興味深い。なぜなら、合理化や効率化という概念は1つの正しさ(目的)に向かって行われるものだからで、官僚的な社会とは、1つの価値観の元に人々を縛る世界だからだ。なので、ファンタジーの世界では、こうした官僚制的な思想は悪役の思想として登場することになる。しかし、これまで述べてきた様に、実際の大衆は社会がより効率化・合理化されることを常に望んできているのである。

また、ファンタジーにおいて魔法使いは当初は悪役のイメージだったが、最近は主人公が魔法使いだというパターンも珍しく無い点を本書は指摘している。コナン・ザ・バーバリアンは蛮族が悪の魔術師を倒す話だし、クトルゥフ神話TRPGなんかでも基本的に魔術を使うのは邪悪な敵だけである。

興味深い点として、作者は魔法使いが主人公のハリー・ポッターでは、魔法省だとか銀行だとかの官僚的な組織が登場する点を挙げている。ファンタジーの世界も、徐々に官僚化されてきているという指摘である。

TRPGの影響

そして、こうした文脈で登場するのがTRPGだ。本書では、TRPGこそ本来は反合理的(官僚的)な世界であったファンタジーの世界を合理化した犯人だとしている。確かにTRPGは、あらゆる要素をデータ化してルールの下に運用する遊びである。

ちなみに、本書で語られるルール化の弊害をもっとも体感しやすいのはTRPGではないかと個人的には考えている。透明性を高める為にルールを厳密にすればするほど、余計に複雑になって、結果としてルールに対する理解度が高い人間の声が大きくなったり、ルールに対する裁量権を持つGMの権力が強くなるという構図は、現実社会とまるっきり同じである。

とはいえ、TRPGの場合はルールはあくまでプレイヤーが楽しく遊ぶ為の道具であるという認識があるので支障は無いが、もし無くなってルールを絶対視する様になるとすぐに各プレイヤーがルールで殴り合いをする現実社会と同じ様な光景が展開されるはずである。

こんな感じで、とにかくルールへの愛着を切り口に、色んな文化について考察した本なので、オタクは特に読んでみて損は無いはずだ。おススメです。


[PR]
by cemeteryprime | 2018-02-21 23:23 | 作品・感想 | Comments(0)

【書籍感想】悪霊にさいなまれる世界

悪霊にさいなまれる世界〈上〉―「知の闇を照らす灯」としての科学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

カール セーガン/早川書房

undefined

悪霊にさいなまれる世界〈下〉―「知の闇を照らす灯」としての科学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

カール セーガン/早川書房

undefined




どうして人は科学ではなくをオカルトを信じるのか、批判的思考を身に付けるのが如何に重要かという科学の重要性を啓蒙する本。思考停止に近い、科学万歳!みたいな本では無く、オカルトを信じることでどういう弊害が実際に起こっているか、起こって来たかという歴史や、如何にして科学的な思考の重要性を伝えるかという点をきちんと論じている。

オカルトを信じる人をボコる手段として科学を用いるのではなく、オカルトにすがってしまう人の境遇をきちんと考えて、思いやりを持って、相手の問題解決を手助けする姿勢で科学的な思考と手段の重要性を説かねば、相手を科学嫌いにしてしまうだけで啓蒙なんて出来ないという、単なる論破厨への批判は、なるほどなと思った。

あと、キリスト教もふくめ、宗教が大衆のオカルト的思考や、それに基づく愚行を増長させる形で加担してきた歴史を批判しているのも凄いなと。かなりスレスレの所まで踏み込んでいる感じ。

ちなみに上巻はこんな内容。

・パレイドリアについて

・異星人による誘拐について

・政府の隠蔽について

・悪霊と妖精と異星人に関する体験談の類似性

・記憶の改竄されやすさについて

・セラピストと患者の危険な関係について

・存在しない物の証明について

・トンデモ話の見破り方について

下巻はこんな内容

・メディアがトンデモ話に加担してきた歴史

・科学的事実と主義思想の違いについて

・宗教と科学の折り合いについて

・科学者の罪について:エドワード・テラー

・懐疑主義の適切な運用に関して

・科学のすばらしさを広める方法について

・政治と迷信:キリスト教と奴隷制

・無意識に囚われているオカルト的思考について

・基礎科学が軽視されてきた歴史について

・魔女狩りについて

・科学(懐疑主義)と権力の対立について

・人間は同じ過ちを繰り返すという前提について

・アメリカにおける自由の意味について


[PR]
by cemeteryprime | 2017-03-04 12:43 | 作品・感想 | Comments(0)

【書籍】ドラマ理論への招待―多主体複雑系モデルの新展開

ドラマ理論への招待―多主体複雑系モデルの新展開

木嶋 恭一 / オーム社

スコア:



キャラクター・シュミレーション・システムとしてのTRPGを考察する上で参考になるかなと思って購入してみた意思決定モデルに関する複雑系の本。

紹介されているのは、ソフトゲーム理論と、ドラマ理論と、ランドスケープ理論という3つのモデル。

ソフトゲーム理論はゲーム理論に、感情による影響を組み込んで、よりリアルな意思決定をシュミレーションしようというモデルだ。利害関係が発生するジレンマにおいて、まず相手の持ちかける話(お互いに協力)が信用出来るかという点で感情バイアスがかかり、更に場合によっては自分が不利益を被っても相手に尽くすか、相手を殺しにかかるかみたいな意思決定も現実にはあり得るので、その辺りをシュミレーションしてしまおうという物。

ドラマ理論は、ソフトゲーム理論から更に踏み込んで、実際に行動に移る前の準備段階における相互作用による意思決定者の立場の変化も踏まえたモデル。各意思決定者(キャラクター)の立場の設定、相互作用の構築、衝突の発生(クライマックス)、最終的な合意形成、実行(解決)という流れをとるので、ドラマに例えられている。ゲーム理論との最大の違いは、相互作用で様々な条件が変わる点で、ゲームそのものが書き換わりもする所。ストーリー・メカニクスのモデル化という感じで、なかなか興味深い。

ランドスケープ理論は、集団でのアライアンス形成をモデル化した物。いろんな論点から、もっともストレスの少ない他集団と同盟を結んでいって、最終的にどういう組織図が出来るかというシミュレーション。

適当に買ってみたが、内容も面白かったしTRPGのシステムを考察する上で参考になる部分も多かったので結構アタリだなという感じ。特にソフトゲーム理論の相手への感情と行動を絡めた行動原理モデルは興味深い。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-12-01 20:55 | 作品・感想 | Comments(0)

【資料】世界の伝説と不思議の図鑑

世界の伝説と不思議の図鑑

サラ・バートレット / エクスナレッジ

スコア:



タイトル通り世界中の色々な伝承に関わる場所を集めて紹介するカラー図鑑。テーマとしては幽霊の出る場所、吸血鬼の巣窟、魔女と妖術使いの影がさす場所、聖地、UFOホットスポット、神話と伝説の舞台に分類されている。怪しげな雰囲気が漂う場所全般って感じで結構広い範囲でカバーされているので、チョイス自体も面白い。オカルトに関係ない世界各地の民話がらみの場所とかは初めて見るものも多かった。

この手のオカルトとか神話系の資料本はあらかた持ってるので特に不足は無いかなと思ってたんだが、カラーの事典系というのは初めてだったのでついつい購入した。買って正解で、現地の写真以外にも色んなカラー資料があって場所のイメージが凄い分かりやすい。結構載せてあるイラストとか写真がイメージを掻き立てる様なのが多いのもセンス良くて好き。

ちなみに日本からは夫婦岩(伊勢)、鶴岡八幡宮(鎌倉)、原舎ヶ浜(茨城)、伊勢神宮、富士山、青木ヶ原樹海、浄蓮の滝、姫路城なんかがエントリーされていた。姫路城はお菊の皿の関連で幽霊カテゴリでした。原舎ヶ浜はもちろん虚舟で、余裕のUFOカテゴリ。基本は伝承スポットだけど、エリア51だとかそういう比較的新しいのも入っている。

値段も安い。巻末ページにおもいっきりメイド・イン・チャイナと書かれたシールが貼ってあったので納得。
[PR]
by cemeteryprime | 2015-03-04 23:29 | 作品・感想 | Comments(0)

【メモ】銃の分類

今更ながらではあるものの・・・

対人用の低威力、近距離仕様 → 拳銃弾(ハンドガン)
猛獣用の高威力、遠距離仕様 → ライフル弾(ライフル)

近距離用で、特殊なデカい弾を射出したい → ショットガン

拳銃弾を連射したい → サブマシンガン
ライフル弾を連射したい → アサルトライフル

サブマシンガン →小さい、軽い、でも威力は拳銃レベル。
アサルトライフル →デカい、重い、オーバーキル。

こうして簡潔にまとめてみると、役割分担がハッキリしている。正直、これまでは銃火器って無駄に種類が多いし、バリエーションだらけなのでどう使い分けてるのかとかサッパリ判らなかったんだが、何となく分かってくると凄く面白い。

クトゥルフ神話TRPGの銃火器のダメージってどういく基準で設定されているんだ?というふとした疑問からスタートして、弾薬ベースでダメージ設定してるなという点に気付けたのが大きかった。

実際の所、用途に合わせて弾薬が開発されて、弾薬に合わせて銃火器が作られるという構図なので、弾薬ベースで銃火器を見るようになると一気に理解しやすくなった気がする。なので、これから銃火器について調べて見ようかなというクラスタは、どういう銃弾を使っているのかを基準に調べてみるのがオススメです。

時代ごとの状況の変化に合わせて、新しい弾薬が開発されたり古い弾薬が見直されたりみたいな弾薬の歴史関係の話なんかも結構面白い。使い勝手と威力のバランスで、弾薬のサイズが決まる感じなので一概にこのサイズがベスト!みたいなのも無いので、メインストリームの弾薬の口径を辿るだけでも妙にストーリー性がある。

ジャングルでの戦闘用と都市での戦闘用では求められる用途も違うし、技術の進歩で防弾装備が安価で普及すると、貫通性が重要になったり・・・みたいな話とか、基本的に銃弾(用途)ベースなので、戦略的にハマれば銃火器自体の古い新しいは関係無くて最新装備持ってる奴らが戦略ミスで戦況に適したレンジの銃火器が無くてボコられたりみたいな話とか。

別にミリオタでは無いんだけども、ちょっと調べてみてミリ知識に関するリテラシーが上昇すると、漫画とか映画に出てくる銃火器についてもより楽しめるようになる。これは、色々考えてチョイスしてるなとか、これは何も考えずに適当に見た目で選んでるなとか。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-05-07 22:43 | 雑記 | Comments(0)

【学術】赤ちゃん列車が行く 感想

赤ちゃん列車が行く

ジャン・ハロルド ブルンヴァン / 新宿書房

スコア:



都市伝説の研究本。と言っても、所謂"都市伝説"な怖い話を集めた本では無くて民族学的な現代版のフォークロアを集めて分析している感じの内容。都市伝説というと仰々しいが、要するによくある噂話のテンプレとか、よくあるジョークのテンプレについての本だ。勿論、怪談とかそういうホラー系についても載っている。

メインはアメリカにおける都市伝説なんだけど、一応外国の都市伝説についてもチラホラ。ただ、読んでみて明らかになったのは、地域ごとに特殊な都市伝説があるというより、一定のミーム的に優秀なテンプレが世界的に流布されていて、細部の設定なんかは地域ごとに異なるという感じ。

ビックリするくらいに、普通に身近で聞いたことある話が多くて驚く。怪談的なイメージで捉えると、口裂け女とか花子さんとか、そういうキャラ単位で捉えてしまいがちなんだけど、どっちかというと文法的なテンプレです。

例えば、給水塔に死体が入ってた話とか、ヒーローごっこで死んだ子供の話とか、局地的に発生したベビーブームの話とか、指輪を指ごと切り落として盗む強盗の話とか、腎臓泥棒の話とか、子供を攫う車の話とか、エロビデオの返却で間違ってエロホームビデオを返却する話とか、学校で子供が気の利いた解答をする話とか、有名人が返した気の利いた解答の話とか。最後の2つに関しては、真偽はともかくツイッターでもしょっちゅう見るよね。

怪談系に関しては、結構漫画とか映画でもよく見る奴が多かった。医大生が死体でふざける話とか、精神病院から逃げた殺人鬼の話とか。ジョジョの第4部の犬と思いきや、人が手を舐めてました話とかも有名な都市伝説やんね。

あと一番面白かったのは、ジャージーデビルの話。都市伝説本とかUMA本なんかによくジャージーデビルは紹介されてるけど、正直読んでもあからさまにねーだろって感じの荒唐無稽な設定のキャラだったので全くピンと来てなかったのだが、これを読んで納得。ニュージャージー州では、いろんな怪談系の都市伝説の犯人役がこのジャージーデビルって奴のせいにされているだけだったという。それだけ。キャンプ場でカップルが精神病院から逃げた変質者に殺された話も、ニュージャージーではジャージーデビルが犯人という形で語られるだけみたいな。天狗じゃ!天狗の仕業じゃ~!!と、大差無い感じ。要はジャージーデビルの部分を別のキャラにしても全く問題無い。だから、キャラとして独立させると凄いフワっとして変な印象を受けていたのだ。謎が解けてスッキリ。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-04-13 22:20 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
時事ネタ
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(139)
(68)
(55)
(40)
(30)
(28)
(27)
(26)
(24)
(23)
(18)
(12)
(12)
(11)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月