blogを書天則。Twitter:@idea51


by cemeteryprime

プロフィールを見る

マイブーム

クトゥルフ神話TRPG
映画
海外ドラマ

お気に入りブログ

セメタリープライム
セメタリープライム別館

最新のコメント

最近の国産なら最も実際の..
by 太郎 at 01:24
アナログ(会話中心)で遊..
by cemeteryprime at 08:31
国産のTRPGでも、会話..
by 祟り屋 at 16:12
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:07
TRPG全般では、進行役..
by 祟り屋 at 16:06
1行目の『クトゥルフ神話..
by cemeteryprime at 08:03
【クトゥルフ神話TRPG..
by さいたま at 14:37
はじめまして。非常に勉強..
by naochaland at 01:03
コメント、ありがとうござ..
by cemeteryprime at 21:52
楽しく読ませてもらってます
by 海に棲むもの at 11:50

最新の記事

【TRPG】12星座のアーキ..
at 2018-04-23 01:41
【TRPG】人格生成システム..
at 2018-04-22 22:08
【映画感想】レディ・プレイヤー1
at 2018-04-22 15:40
【映画感想】アナイアレイショ..
at 2018-04-19 10:51
【映画感想】パシフィック・リ..
at 2018-04-15 21:19

タグ:小説 ( 23 ) タグの人気記事

【小説】海の底のピアノ 感想

海の底のピアノ

井上敏樹 / 朝日新聞出版

スコア:


平成仮面ライダーでお馴染みの脚本家の井上敏樹先生の普通の小説。案の定、内容はとんでもなく陰惨で孤独で悲痛な鬱話でした。

井上敏樹の鬱小説というと、否が応でもこれを思い出した。

小説 仮面ライダーファイズ (講談社キャラクター文庫)

井上 敏樹 / 講談社

スコア:



これに収録されている異形の花々を読んだ時にはあまりの鬱話っぷりにあれ・・・なんなのこれ!?ドラマでいろいろ制約を受けてる反動か何か!?って思ったんだけどもどうやらあれはやはり素の作風だったようだ。(小説版龍騎もまぁ似たような感じだったので薄々は判っていたが。)

冒頭からヒロインは赤ちゃんの時に拉致されて地下室でペドレイパーに育てられたとかいう無駄にハードコアな感じで始まるし、主人公と母親の関係は案の定歪だし、主人公は狂った母親の夢(a.k.a.呪い)で雁字搦めだし。

音楽学校とか、食事シーンとか、孤児院みたいな要素的には平成ライダーファン的に既視感のある物で溢れててあーやっぱり敏樹作品だぁ・・・わーい・・・・みたいな所はあるんだけども、とにかく全てがダークな方向に振り切っててグロテスク化している感じ。

やっぱり敏樹作品なのでフード描写なんかもやたらと出てくるんだけど、ヒロインは味覚ないし、主人公は狂った母親の教えてベジタリアンな上に固形物すら駄目でオカンが作ったムースとかゼリー化した物ばっかり食べてたり、フード理論にも徹底して救いようのない終わってる感じが凄い。異物食描写もやたらあるし。

ストーリーとして面白いかどうかというと、正直微妙。全体的なストーリーのバランスは振り返ってみると凄く歪。多分、人間の気持ち悪いグロテスクな部分を描く事に重点を置いたらこういうバランスになるのかな~みたいな印象を受けた。

母親のお腹の中にいる時に交通事故で母親が死んで帝王切開で生まれて、母親が居ない事がコンプレックスなお祖母ちゃんに育てられたペドレイパーという無茶苦茶なキャラクター(でも敏樹っぽい)が後半にちょっとだけ出てくるんだけどストーリーの本筋とは殆ど関係ないのに無駄に詳細にペドレイパーとして覚醒するまでのオリジンが少年時代から描かれていたり。その話いるか?みたいな。どうでもいいけど、この作品はペドレイパーが出てきすぎ。

ゴア表現とかスプラッター描写とかは特に無いし、基本的に個々のエピソードも描写のリアリティみたいなのは薄い抽象化された感じなんだけど、要素的に全てがグロテスク過ぎてヤバい。キモい。仮面ライダーファイズとかキバとかいった井上敏樹脚本作品のネガみたいな感じなので、併せて初めて楽しめる感じかな。この作品単体で最高~とか言う人がいればちょっとお近づきには成りたくない感じはする。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-03-05 11:26 | 作品・感想 | Comments(0)

【小説】ウルトラマンメビウス:アンデレスホリゾント 感想

ウルトラマンメビウス: アンデレスホリゾント (光文社文庫)

朱川 湊人 / 光文社

スコア:



先に言っておくが、ウルトラマンメビウス本編はまだ観たことが無い。が、最近見かけるタイアップ物の小説作品は結構思い入れの強い作家さんが書いていて面白い傾向が強いので買ってみた。

内容は、GUYSという作中での科学特捜隊に入ってきた新米隊員(多分小説オリジナル)が研修期間中に遭遇した様々な事件や隊員たちとの交流を通じて成長していくストーリー。あとがきを読む限り、この作者はメビウス本編のシナリオも3つ担当していて、小説はこの3つにいくつかオリジナルのシナリオを加えて再構成した感じらしい。

新人キャラによる作品世界への外部からの目線みたいなのを効果的に使いつつ、世界観やドラマを大切にした作風でなかなか好感が持てる内容だった。多分メビウスの作品特性的なこともあって昭和のウルトラ作品への言及みたいなのも多かったんだけど、その辺りは余り詳しく無いので分からなくて悔しい感じ。個人的には分からなかったけれど、分かる人にはより面白いみたいな内容になっていたんだろう。個人的にはもっとSFとドンパチ中心の作品の方が好きかな。ドラマ中心なので、本編観てなくてイマイチ主人公以外のキャラがよく分からん感じなのが痛かった気がする。小説としては読んでて分からんって事は全然無いんだけど、本編観てたらもっと面白いんだろうな感が凄くてモヤっとするんだよね。ぐぬぬ!
[PR]
by cemeteryprime | 2014-01-24 17:16 | 作品・感想 | Comments(0)

【小説】コラプティオ 感想

コラプティオ (文春文庫)

真山 仁 / 文藝春秋

スコア:



首相補佐官と新聞記者の立場の違う2人の主人公の視点から原子力政策やアフリカ支援等をモチーフにしたストーリーが展開する。文庫版なので、そこそこ昔に書かれた作品のはずなのだがモロに現状につながる題材になっていて非常に興味深い。

そんな感じで内容もしっかりしているんだけど小難しいだけの社会派系な話にならずにストーリー的にも凄く面白いのがこの作者の特徴で、今作もそんな感じ。

道を分かった対照的な性格の元同級生の二人の主人公が、再開してそれぞれ別の職業と立場になって対決しつつ最後には共闘みたいな構図になっていたり、それなりにポジションを築いて社会人として一人前になった気でいた2人がそれぞれ業界の暗部に直面し、師匠的な人と出会って成長して鍛えられて一皮むける話になっていたりと、かなり王道なエンターテイメント性のあるプロットになっている。

タイトルのコラプティオは汚職や腐敗を意味するラテン語。大衆の無関心とか、いかにしてリーダーが腐敗するのかとか、思考停止して委せるとヤバいみたいなテーマもあって個人的に今の興味に合致する所が多くてとても面白かった。
[PR]
by cemeteryprime | 2014-01-22 11:16 | 作品・感想 | Comments(0)

カテゴリ

作品・感想
時事ネタ
雑記
日記
TRPG講座・考察

タグ

(134)
(64)
(45)
(39)
(28)
(27)
(25)
(24)
(23)
(17)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月